鈴木滋彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき しげひこ
鈴木 滋彦
生誕 1953年
日本の旗 静岡県
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 農学
研究機関 静岡大学
静岡県立農林環境専門職大学
出身校 名古屋大学農学部卒業
名古屋大学大学院農学研究科
博士課程(前期課程)修了
主な受賞歴 日本木材学会賞(2000年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

鈴木 滋彦(すずき しげひこ、1953年昭和28年) - )は、日本農学者林産学)。学位農学博士東京大学1990年)。静岡大学名誉教授農学部特任教授

静岡大学農学部教授、静岡大学農学部学部長、静岡大学副学長(国際戦略担当)などを歴任した。2020年令和2年)度より静岡県立農林環境専門職大学および同短期大学部学長を務めている。

概要[編集]

静岡県出身の農学者である[1]林産学を専攻しており、木質バイオマス利用学の研究で知られている。名古屋大学大学院を修了後[2]静岡大学にて教鞭を執った[2]。学内では農学部副学部長学部長を経て副学長(国際戦略担当)を務めるとともに[2]日本学術会議の連携会員に選任されるなど[2]、要職を歴任した。静岡大学の教授を定年退官してからは、日本初となる農林業分野の専門職大学である静岡県立農林環境専門職大学の新設に尽力し、その初代学長に就任した[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1953年昭和28年)、静岡県にて生まれた[1][註釈 1]設置・運営する名古屋大学に進学し[2]農学部の林産学科にて学んだ。1976年(昭和51年)、名古屋大学を卒業した[2]。そのまま名古屋大学の大学院に進学し[2]農学研究科で引き続き林産学を学んだ。1978年(昭和53年)、名古屋大学の大学院における博士課程(前期課程)を修了した[2]。なお、のちに「パーティクルボードの機械的性質および耐久性能に関する研究」[3]と題した博士論文を執筆しており、1990年平成2年)に東京大学より農学博士学位を授与されている[2][3][4]

農学者として[編集]

大学院修了後は、文部教官として国が設置・運営する静岡大学に採用され[2]、1978年(昭和53年)より農学部で助手を務めた[2][註釈 2]。農学部においては、主として林産学科の講義を担当した[2]。その後、農学部の農学科園芸学科林学科、林産学科、農芸化学科の5学科が統合され、1989年(平成元年)4月生物生産科学科森林資源科学科応用生物化学科の3学科に再編されると、主として森林資源科学科の講義を担当した。1995年(平成7年)、静岡大学の農学部にて助教授に昇任した[2]2004年(平成16年)には、静岡大学の農学部にて教授に就任した[2]。なお、同年には静岡大学の設置者が変わることになり、国から同名の国立大学法人に移管されたが、引き続き静岡大学に勤務した。その後、農学部の生物生産科学科、森林資源科学科、応用生物化学科の5学科体制が見直され、2006年(平成18年)4月より共生バイオサイエンス学科環境森林科学科、応用生物化学科の3学科体制に改組されると、主として環境森林科学科の講義を担当した。この農学部の3学科体制もやがて見直されることになり、2016年(平成28年)4月生物資源科学科応用生命科学科の2学科体制に改組されると、主として生物資源科学科の木質科学コースの講義を担当し、木質バイオマス利用学研究室を受け持った。学内においては要職を歴任しており、2008年(平成20年)より教育研究評議員を兼務した[2]。また、同年より農学部の副学部長も務めており[2]2011年(平成23年)には農学部の学部長に就任した[2]。また、2013年(平成25年)には副学長(国際戦略担当)に就任した[2]2019年(平成31年)、静岡大学を定年退官した。それに伴い、静岡大学より名誉教授称号が贈られた[2]。なお、静岡大学の農学部においては、特任教授としてその後も引き続き教鞭を執った[2]。そのほか、公的機関の役職なども兼任しており、内閣府特別の機関である日本学術会議では第20期の2006年(平成18年)から2008年(平成20年)まで[2]、および、第22期と第23期の2011年(平成23年)から2017年(平成29年)まで[2]、それぞれ連携会員を兼任していた[2]

また、静岡県が設置・運営する静岡県立農林大学校を改組し[註釈 3]、新たに静岡県立農林環境専門職大学短期大学部を設立する構想が持ち上がって準備が進められ、文部科学省審議会等である大学設置・学校法人審議会も設置を認可するよう答申したことから、静岡県立農林環境専門職大学とその短期大学部は2020年令和2年)4月に開学することとなった。農林業分野での専門職大学が設置されるのは、日本で初めてとなる[5]。それに伴い、鈴木は2018年(平成30年)より、静岡県庁専門職大学整備推進顧問を兼任していたが[2]、新大学発足後はその初代学長に就任した[1]

研究[編集]

専門は農学であり、特に林産学などの分野の研究に従事していた。具体的には、木材の有効利用について研究しており[1]木質材料森林バイオマスセルロースナノファイバーに関する研究で知られている[1]。これまでの業績が評価され、2000年(平成12年)には日本木材学会賞を受賞している[1][2]

学術団体としては、日本木材学会[2]日本木材加工技術協会[2]、日本木材保存協会[2]、日本材料学会[2]日本建築学会[2]、日本農学アカデミーなどに所属した[2]。また、2010年(平成22年)より国際木材科学アカデミーのフェローとなった[1][2]

略歴[編集]

賞歴[編集]

著作[編集]

寄稿、分担執筆、等[編集]

  • 山田正編『木質環境の科学』海青社、1987年ISBN 4906165133
  • Disposal and recycling of organic and polymeric construction materials -- proceedings of the International RILEM Workshop, Tokyo, 26-28 March 1995, Y. Ohama (ed.), E. & F.N. Spon, 1995. ISBN 0419205500
  • 最新木材工業事典出版委員会編『最新木材工業事典』日本木材加工技術協会1999年
  • 鈴木正治徳田迪夫作野友康編『木材科学講座』8巻、改訂増補版、海青社、1999年。ISBN 490616580X
  • 日本木材学会編『木質科学実験マニュアル』文永堂、2000年ISBN 4830040947
  • 日本木材保存協会編『木材保存学入門』改訂2版、日本木材保存協会、2005年ISBN 4990197925
  • 土木研究所編著『建設発生木材リサイクルの手引き(案)――土木工事現場における現場内利用を主体とした』大成出版社、2005年。ISBN 480289242X
  • 山本良一監修、鈴木淳史編集委員長『エコマテリアルハンドブック』丸善2006年ISBN 4621077449
  • 作野友康ほか編『木材接着の科学』海青社、2010年ISBN 978-4-86099-206-4
  • 日本木材保存協会編集『木材保存学入門』改訂3版、日本木材保存協会、2012年ISBN 978-4-9901979-6-4

脚注[編集]

註釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 鈴木滋彦の出生地は、のちの静岡県袋井市に該当する。出生当時、まだ袋井市は成立していない。
  2. ^ 静岡大学農学部は、静岡県立静岡農林専門学校を源流とする。静岡県立静岡農科大学に改組したのち、に移管された。
  3. ^ 静岡県立農林大学校は、静岡県立農業短期大学校静岡県立林業短期大学校を源流とする。

出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
(新設)
静岡県立農林環境専門職大学学長
初代 : 2020年 -
次代:
(現職)
先代:
(新設)
静岡県立農林環境専門職大学
短期大学部学長

初代 : 2020年 -
次代:
(現職)