西川俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西川俊夫(にしかわ としお、1962年 - )は、日本の化学者。有機化学者。農学博士(名古屋大学名古屋大学大学院生命農学研究科教授。長野県出身。

フグ毒テトロドトキシン不斉全合成を達成した。[1][2]

経歴[編集]

  • 1985年 静岡大学理学部化学科卒業
  • 1987年 名古屋大学農学部食品工業化学科博士課程(前期課程)修了
  • 1988年 サッポロビール株式会社 退職
  • 1988年 名古屋大学農学部助手
  • 1995年 農学博士(名古屋大学
  • 1999年 ドイツ連邦Stuttgart 大学有機化学研究所 Guest Scientist として留学(平成12年6月まで)
  • 2004年 名古屋大学大学院生命農学研究科助教授
  • 2008年 名古屋大学大学院生命農学研究科教授

受賞等[編集]

  • 2001年 2000年度有機合成協会『研究企画賞』
  • 2001年 18th International Congress of Heterocyclic Chemistry, Specs and Biospecs.ポスター賞
  • 2002年 2001年度有機合成協会奨励賞
  • 2004年 Synlett Assistant Professor Awards 2004
  • 2006年 Interantional Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia . ACP lecture ship Award.

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]