豊橋市民病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 豊橋市民病院
Toyohashi Municipal Hospital.jpg
情報
英語名称 Toyohashi Municipal Hospital
標榜診療科 総合内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、アレルギー内科、感染症内科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、神経内科、血液・腫瘍内科、一般外科、呼吸器外科、先天性心臓外科、成人心臓外科、血管外科、小児外科、肛門外科、移植外科、整形外科、リウマチ科、脊椎外科、形成外科、脳神経外科、小児科、小児科(新生児)、産婦人科、産婦人科(生殖医療)、女性内視鏡外科、耳鼻いんこう科、眼科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、こころのケア科、麻酔科(ペインクリニック)、救急科、リハビリテーション科、病理診断科、臨床検査科、歯科口腔外科
許可病床数

820床
一般病床:800床


感染症病床:10床


結核病床:10床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 豊橋市
管理者 加藤岳人(院長)
地方公営企業法 一部適用
開設年月日 1996年5月(移転後)
所在地
441-8570
愛知県豊橋市青竹町字八間西50番地
位置 北緯34度45分39秒
東経137度20分55秒
二次医療圏 東三河南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

豊橋市民病院(とよはししみんびょういん)は、愛知県豊橋市にある市立の病院である。市民からは「市民病院」と呼ばれることが多い。救命救急センターを備えており、東三河の基幹病院としての役割を担っている。またこの地域の地域がん診療拠点病院でもある。

以前は同市松葉町にあったが、1996年に現在の場所に移転。跡地には「こども未来館(ココニコ)」が建てられた。病院敷地内には豊橋市立看護専門学校が併設されている。

概要[編集]

3次救急を担う東三河南部診療圏の基幹病院であり、利用者の70%が豊橋市民である。1日当たり約2,400人の患者が訪れる。

深刻な医師不足から、精神科・神経科の入院・外来業務が休止になった。

沿革[編集]

診療科[編集]

患者・患者家族・一般向けの催し[編集]

  • 患者・家族に対して病気への理解の手助け、市民に対して予防医学や病気の一般知識を得る手助けとなるよう、教室(説明会のようなもの)や講演会、女性相談室などが随時開かれており、一部は一般公開されている。
  • 中央のアトリウム(広場)では随時、演奏会などが行われている。

施設[編集]

周辺の薬局[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]