速水敏彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

速水 敏彦(はやみず としひこ、1947年4月10日[1] - )は、日本の心理学者教育学者。教育学博士(名古屋大学)。中部大学人文学部心理学科教授。専門は、教育心理学

愛知県出身[1]名古屋大学大学院教育発達科学研究科・心理発達科学専攻教授。名古屋大学大学院教育発達科学研究科長(兼教育学部長)を歴任。

現代の若者の感情や、やる気の変調の背景に「仮想的有能感」があると指摘し、2006年に発表した著書「他人を見下す若者たち」は、話題となった。

経歴[編集]

  • 1970年 名古屋大学教育学部卒業
  • 1975年 名古屋大学教育学研究科博士課程修了
  • 1975年 大阪教育大学助手
  • 1977年 大阪教育大学講師
  • 1979年 大阪教育大学助教授
  • 1987年 名古屋大学教育学部助教授
  • 1994年 名古屋大学教育学部教授
  • 2000年 名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授、名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校長 (2000-2002)
  • 2009年 名古屋大学大学院教育発達科学研究科研究科長・教育学部長
  • 2012年 中部大学人文学部 心理学科教授

受賞歴[編集]

  • 1982年 城戸奨励賞(日本教育心理学会)
  • 1998年 日本心理学会研究奨励賞

著書(共著等含む)[編集]

  • 1986年 わかる授業の心理学(共著)(有斐閣)
  • 1990年 教室場面における達成動機づけの原因帰属理論(風間書房)
  • 1995年 動機づけの発達心理学(共著)(有斐閣)
  • 1998年 自己形成の心理-自律的動機づけ(金子書房)
  • 2000年 人間発達と心理学(共編著)(金子書房)
  • 2001年 生きる力をつける教育心理学(共編著)(ナカニシヤ出版)
  • 2004年 レジャーの社会心理学(監訳)(世界思想社)
  • 2004年 授業の知ー学校と大学の教育革新(分担執筆)(有斐閣)
  • 2005年 メンタルケア論2(慶應義塾出版会)
  • 2005年 文化行動の社会心理学(分担執筆)(北大路書房)
  • 2006年 他人を見下す若者たち(講談社)
  • 2007年 学ぶ意欲を育てる人間関係づくり―動機づけの教育心理学―(分担執筆)(金子書房)
  • 2007年 社会的動機づけの心理学ー他者を裁く心と道徳的感情ー(監訳)(北大路書房) [GeNii]
  • 2008年 児童心理学の進歩 2008年版(金子書房)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.337