博士(教育学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

博士(教育学)(はくし きょういくがく)は、博士学位であり、教育学博物館学図書館学体育学などを含む)に関する専攻分野を修めることによって、1991年以降に日本で授与されるものである。

1991年以前の日本では、教育学博士(きょういくがくはくし)という博士の学位が授与されていた。教育学博士は、1956年に学位規則で定められた17種類の博士のうちの1つである。

現在では、従来の教育学博士が対象としていた研究領域は、「博士(教育学)」の他に、「博士(身体教育学)」、「博士(学校教育学)」、「博士(日本語教育学)」などに細分化されている。

英語圏においては、各国による学位制度に違いがあるものの、Doctor of Philosophy in Education (Ph.D. in Education) あるいはDoctor of EducationやDoctor of Pedagogyが、博士(教育学)に相当する。

関連項目[編集]