札幌静修高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札幌静修高等学校
札幌静修高等学校
過去の名称 札幌静修会女学校
札幌静修女学校
札幌静修高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人札幌静修学園
設立年月日 1922年4月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
国際科
高校コード 01511D
所在地 064-0916
札幌市中央区南16条西6丁目2-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

札幌静修高等学校(さっぽろせいしゅうこうとうがっこう)は、北海道札幌市中央区にある私立高等学校である。学校法人札幌静修学園が運営している。

沿革[編集]

  • 1922年4月12日 - 札幌区立高等女学校(北海道札幌東高等学校の前身)の同窓会組織「静修会」によって、札幌静修会女学校として創設される。
  • 1933年 - 文部省より職業学校規定による実業学校として認可され、校名を札幌静修女学校に変更する。
  • 1946年 - 高等女学校規定による学校として認可される。校名を札幌静修高等女学校に変更する。
  • 1948年 - 学制改革によって、新制高校となり、校名を札幌静修高等学校に変更する。
  • 1999年 - 国際科と普通科の特進コースを男女共学にする。
  • 2000年 - 完全に男女共学となる。

教育課程[編集]

  • 全日制課程
    • 普通科
      • 特進コース
      • 総合コース(2学年から文系・理系と総合進学に分かれる)
    • 国際科

備考[編集]

  • 本校にはグラウンドが無いため、校内大会には札幌市円山競技場北海道立総合体育センターが使用される。
  • 男女共学化の際に男女共にブレザーを採用する方向で進められていたが、在校生やOGの猛反対(実際、署名運動を起こした)を受け、男子のみの採用となった(女子は旧来からのセーラー服)。
  • 現校舎の前身が病院だった。北校舎の近くにはお寺もあったらしい。

出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]