総合研究大学院大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
総合研究大学院大学
Sokendai hayama.jpg
葉山キャンパス 共通棟
大学設置/創立 1988年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人総合研究大学院大学
本部所在地 神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-35(湘南国際村
北緯35度15分39.94秒 東経139度36分30.13秒 / 北緯35.2610944度 東経139.6083694度 / 35.2610944; 139.6083694座標: 北緯35度15分39.94秒 東経139度36分30.13秒 / 北緯35.2610944度 東経139.6083694度 / 35.2610944; 139.6083694
学部 なし
研究科 文化科学研究科
物理科学研究科
高エネルギー加速器科学研究科
複合科学研究科
生命科学研究科
先導科学研究科
ウェブサイト www.soken.ac.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

総合研究大学院大学(そうごうけんきゅうだいがくいんだいがく、英語: SOKENDAI, the Graduate University for Advanced Studies)は、神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-35(湘南国際村)に本部を置く日本国立大学である。1988年に設置された。大学の略称は総研大(そうけんだい)。

概要[編集]

日本初の博士課程のみの国立大学院大学として1988年10月に開学した。5年一貫制博士課程および5年一貫制博士課程の3年次に編入する博士後期課程(文化科学研究科については、博士後期課程のみ)を設置している。教育研究組織は、6研究科で構成され、各研究科は複数の専攻から成る。各専攻における研究指導は、基盤機関(大学共同利用機関である人間文化研究機構自然科学研究機構高エネルギー加速器研究機構情報・システム研究機構の4つの大学共同利用機関法人に属する16の研究所および国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所を本学では基盤機関と称する)および大学本部(葉山キャンパス)で行われる。入学定員は、全専攻合わせて5年一貫課程49名・後期課程51名の計100名[1]

理念および目的[編集]

総研大は、国立大学法人法に定められているところの国立大学院大学である。国立大学院大学の目的は、時代の先を見据え、専門的かつ視野の広い研究者を育成し、公共の利益に資することとされている。

総研大は「世界最高水準の国際的な大学院大学として学術の理論及び応用を教育研究して、文化の創造と発展に貢献すること」を理念としている[2]。この理念に基づき、「基礎学術分野において国際的に通用する高度の研究的資質を持つ広い視野を備えた研究者の育成」を大学の目的としている[3]

沿革[編集]

1980年頃までに岡崎国立共同研究機構(分子科学研究所)を中心に当時の国立大学共同利用機関が独自に大学教育を行う構想が起こり、1982年国立大学共同利用機関所長懇談会が国立大学共同利用機関における大学院の設置についてを要望し、1986年総合研究大学院創設準備調査室及び創設準備調査委員会が岡崎国立共同研究機構に設置され具体化が始まる[4]。1988年5月総合研究大学院大学の設置を規定した「国立学校設置法の一部を改正する法律(1988(昭和63)年法律第67号)」公布、施行。1988年10月初の大学院博士後期課程だけの国立大学として創設された。

  • 1988年10月 - 総合研究大学院大学が開学(数物科学研究科、生命科学研究科。共に博士後期課程)。キャンパスは各基盤機関、本部(事務局)は神奈川県横浜市緑区長津田町東京工業大学長津田キャンパス内。
  • 1989年4月 - 文化科学研究科(博士後期課程)設置。3研究科で学生受入開始。
  • 1995年2月 - 本部を神奈川県三浦郡葉山町湘南国際村)に移転。葉山キャンパス開設。
  • 1997年4月 - 先導科学研究科(博士後期課程)設置(葉山キャンパス内)。
  • 1999年4月 - 先導科学研究科で学生受入開始。
  • 2004年4月 - 国立大学法人法により国立大学法人総合研究大学院大学となる。数物科学研究科を物理科学研究科、高エネルギー加速器科学研究科、複合科学研究科の3研究科(共に博士後期課程)に改組。生命科学研究科に5年一貫制博士課程を併設。
  • 2006年4月 - 物理化学研究科、高エネルギー加速器科学研究科、複合科学研究科に5年一貫制博士課程を併設。
  • 2007年4月 - 先導科学研究科に5年一貫制博士課程を併設。生命体科学専攻と光科学専攻を生命共生体進化学専攻に改組。
  • 2009年1月 - 基盤機関の独立行政法人メディア教育開発センター廃止により、平成21年度からの文化科学研究科メディア社会文化専攻の学生募集停止を発表[5]
  • 2017年3月 - 文化科学研究科メディア社会文化専攻を廃止。
  • 2018年3月 - 教育開発センター設置。

教育研究組織・基盤機関(設置キャンパス位置)[編集]

総合研究大学院大学は、以下の研究科、専攻、及び各専攻に対応する基盤機関で構成される。研究科によっては、研究分野の専門性のために異なる基盤機関にまたがっている。

教育の特徴[編集]

基本構成[編集]

総合研究大学院大学本部を中心として、各専攻を構成する基盤機関との間で協定を締結し、教員・研究者及び所属学生の受け入れを実施している。総合研究大学院大学では、国立大学法人法の規定により、大学院大学長を中心に各専攻を構成する機関の長が理事として大学理事会に参画している。大学本部における教育研究に関する重要事項は、葉山教授会にて審議される[26]

各研究科は独立しており、それぞれは複数の専攻で構成されている。各専攻は各基盤機関に対応しており、各機関の教員は、各人の培ってきた専門分野に応じた各専攻に配属されている。研究科の教育研究に関する重要事項は、各研究科教授会にて審議される[26]

日本初の国立大学院大学として創立した当初は全研究科全専攻において博士後期課程のみの設置であったが、2004年度から2006年度にかけて文化科学研究科を除き各研究科とも段階的に5年一貫制博士課程へ移行した。

葉山キャンパス[編集]

葉山キャンパスには大学本部、総合研究大学院大学付属図書館、先導科学研究科が設置されている。入学式・学位記授与式、学生対象のオリエンテーション、国際シンポジウムや学術研究会及び学術成果発表会などが開催されている。

研究の特徴[編集]

上記に記述する設置専攻科から明らかなように、文部科学省が設置していた大学共同利用機関の各研究所からなる。現在は各研究所とも大学共同利用機関法人等として法人化した組織の下で運営されており、それぞれの研究分野における次世代研究者の育成を目的とした教育研究が行われている。また、各分野は、日本を代表する研究所としての役割を担う研究機関が担当しているため、高度かつ精密な大規模実験装置を利用する研究などが行われている。文化科学研究専攻科においては、科学的成果の活用によって、これまでは文献学的もしくは資料的な研究が中心であった文化研究をさらに進めて、科学的見地からの歴史学的かつ地域学的な研究へと発展させることを目的に運営が行われている。

将来の計画[編集]

2019年1月、本学および4つの大学共同利用機関法人が運営を統合する計画が発表された。2022年度にも5法人を連合した形で一般社団法人を新設し運営統合を行う[27]

2021年7月7日、2023年4月に現在の6研究科20専攻から1研究科1専攻20コース体制へ移行することについて検討を開始した[28]ことが発表された。

専攻の廃止[編集]

政府による独立行政法人整理合理化計画[29]に基づき2009年3月末で基盤機関であった独立行政法人メディア教育開発センターが廃止されたため、当該基盤機関設置のメディア社会文化専攻は学生募集停止とし、残存組織とともに放送大学学園へ移管された。移管後は、基盤機関を放送大学ICT活用・遠隔教育センター(2013年度より放送大学教育支援センターに改称)として学生募集停止のまま引き続き存置されていたが、2017年3月31日で放送大学学園における博士後期課程設置を理由として完全に廃止された。

大学関係者一覧[編集]

所在地[編集]

  • 大学本部所在地:240-0193 神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-35(湘南国際村)
  • 各専攻所在地:各専攻を設置する基盤機関の所在地と同じ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 学生数 国立大学法人 総合研究大学院大学
  2. ^ 総合研究大学院大学学則
  3. ^ 総合研究大学院大学学則
  4. ^ 総合研究大学院大学創設資料データベース
  5. ^ 国立大学法人 総合研究大学院大学 | 総合研究大学院大学文化科学研究科メディア社会文化専攻の学生募集停止について
  6. ^ 総合研究大学院大学学則によると、アジア地域文化学講座、ヨーロッパ・アフリカ地域文化学講座、アメリカ・オセアニア地域文化学講座がある。
  7. ^ 総合研究大学院大学学則によると、民族社会・宗教学講座、民族技術学講座、民族言語・芸術学講座、文化資源学講座がある。
  8. ^ 総合研究大学院大学学則によると、講座は、国際日本研究講座のみ。
  9. ^ 総合研究大学院大学学則によると、講座は、日本歴史研究講座のみ。
  10. ^ 総合研究大学院大学学則によると、講座は、日本文学研究講座のみ。
  11. ^ 総合研究大学院大学学則によると、電子構造学講座、物質化学講座がある。
  12. ^ 総合研究大学院大学学則によると、分子動力学講座、電子動力学講座がある。
  13. ^ 総合研究大学院大学学則によると、光赤外線天文学系講座、電波天文学系講座、共通基礎天文学系講座がある。
  14. ^ 総合研究大学院大学学則によると、核融合システム講座、核融合シミュレーション講座がある。
  15. ^ 総合研究大学院大学学則によると、宇宙探査理工学講座、宇宙観測科学講座、宇宙工学講座がある。
  16. ^ 総合研究大学院大学学則によると、講座は、加速器科学講座のみ。
  17. ^ 総合研究大学院大学学則によると、講座は、物質構造科学講座のみ。
  18. ^ 総合研究大学院大学学則によると、素粒子原子核理論講座、素粒子原子核実験講座がある。
  19. ^ 総合研究大学院大学学則によると、講座は、統計科学講座のみ。
  20. ^ 総合研究大学院大学学則によると、講座は、極域科学講座のみ。
  21. ^ 総合研究大学院大学学則によると、講座は、情報学講座のみ。
  22. ^ 総合研究大学院大学学則によると、分子・細胞遺伝学講座、発生遺伝学講座、進化情報遺伝学講座、ゲノム遺伝学講座がある。
  23. ^ 総合研究大学院大学学則によると、細胞生物学講座、発生生物学講座、環境生物学講座、神経生物学講座、進化多様性ゲノム生物学講座、生殖発生学講座がある。
  24. ^ 総合研究大学院大学学則によると、分子生理学講座、細胞生理学講座、情報生理学講座、統合生理学講座、大脳生理学講座、発達生理学講座がある。
  25. ^ 総合研究大学院大学学則によると、「専攻の教育研究の実施に当たって緊密な連係及び協力を行う機構等法人」として、大学共同利用機関法人人間文化研究機構、大学共同利用機関法人自然科学研究機構、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構、独立行政法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所がある。
  26. ^ a b 総合研究大学院大学学則(2008年3月14日現在) (PDF)
  27. ^ KEK 2020年 年頭のご挨拶
  28. ^ 1研究科1専攻20コース体制への移行検討を開始 総合研究大学院大学
  29. ^ 行政改革推進本部 平成19年12月24日閣議決定 首相官邸

関連項目[編集]

外部リンク[編集]