大隅良典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大隅 良典
(おおすみ よしのり)
Nobel Laureates 1042 (30647248184).jpg
生誕 (1945-02-09) 1945年2月9日(71歳)
日本の旗 福岡県福岡市
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生物学
研究機関 ロックフェラー大学
東京大学
自然科学研究機構基礎生物学研究所
総合研究大学院大学
東京工業大学
出身校 東京大学教養学部卒業
東京大学大学院理学系研究科
博士課程単位取得満期退学
博士課程
指導教員
今堀和友
他の指導教員 ジェラルド・モーリス・エデルマン
主な業績 オートファジー分子機構
および生理学機能研究
影響を
受けた人物
八杉龍一
マイケル・ファラデー
三宅泰雄
影響を
与えた人物
吉森保 水島昇
主な受賞歴 日本学士院賞2006年
朝日賞2008年
京都賞基礎科学部門2012年
ローゼンスティール賞2015年
ガードナー国際賞2015年
ワイリー賞2016年
ノーベル生理学・医学賞2016年
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2016年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:オートファジーの仕組みの解明

大隅 良典(おおすみ よしのり、1945年2月9日 - )は、日本生物学者分子細胞生物学)。学位理学博士東京大学1974年)。東京工業大学科学技術創成研究院特任教授栄誉教授総合研究大学院大学名誉教授自然科学研究機構基礎生物学研究所名誉教授。

自然科学研究機構基礎生物学研究所教授兼総合研究大学院大学生命科学研究科教授、東京工業大学フロンティア研究機構特任教授などを歴任した。「オートファジーの仕組みの解明」により2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

太平洋戦争末期の1945年2月福岡県福岡市にて生まれた[1][2]九州大学工学部教授を歴任した父大隅芳雄の四人兄弟の末子として生誕[2]。幼い頃から、和雄に贈られた自然科学に親しんだ[2]。特に八杉龍一の『生きものの歴史』、マイケル・ファラデーの『ろうそくの科学』、三宅泰雄の『空気の発見』などに心を動かされ、科学に興味を持った[2]

福岡県立福岡高等学校では化学部に所属した。卒業後、東京大学理科二類に進学[2]。当初は理学部化学を学ぼうと考えていたが、教養学部に新設された基礎科学科に興味を持ち、そちらに進む[2]。基礎科学科の同級生には、神原秀記渡辺公綱らがいた[2]1967年に東京大学を卒業し、学士称号を取得した[1][2][3]。そのまま東京大学大学院理学系研究科に進学した[2]蛋白質生合成についての研究に魅力を感じ、今堀和友の下で指導を受けた[2]。なお、博士課程においては、京都大学の大学院でも内地留学して学んでいる[2]1972年に、東京大学の大学院を単位取得満期退学した[3]。その後、1974年東京大学より理学博士学位を取得した[1][2]。論文の題は「コリシンE3の作用機作に関する研究」[4]

研究者として[編集]

恩師である今堀和友の紹介でジェラルド・モーリス・エデルマン研究室留学することになり、アメリカ合衆国に渡り、ロックフェラー大学博士研究員となった[1][2]。そのころのエデルマンは、従来研究していた免疫学を離れ発生生物学に取り組み始めていたため、大隅も試験管内での受精系の確立の研究に従事した[2]

東京大学理学部の安楽泰宏に声をかけられたのをきっかけに、日本に帰国した[2]1977年より1986年にかけて、東京大学の理学部にて助手を務めた[1][2]。1986年には東京大学の理学部にて講師に昇任し、1988年まで勤めた[1][2]。同年に東京大学の教養学部に転じ、助教授に就任した[1][2]1996年岡崎国立共同研究機構が設置する基礎生物学研究所に転じ教授に就任するとともに[1][2]総合研究大学院大学生命科学研究科基礎生物学専攻教授も兼任した[5][1][2]2009年、基礎生物学研究所と総合研究大学院大学の教授を退任することとなり、それぞれ名誉教授の称号が贈られた[1]。同年、東京工業大学にて、統合研究院の特任教授に就任した[2]。現在は、東京工業大学のフロンティア研究機構にて特任教授を務めている[6]

研究[編集]

ノーベル生理学・医学賞受賞に際して文部科学省により公表された肖像写真

専門は生物学であり、特に分子細胞生物学などの分野を研究している。オートファジーの分子メカニズム生理学的な機能についての研究が知られている。その研究論文は他の研究者から多数引用されており、2013年にはトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞している[7]。そのほか、藤原賞、日本植物学会学術賞、朝日賞などを受賞している[2][8]2006年日本学士院は、大隅の業績について「一貫してオートファジーの分子機構の解明に正面から取り組んでおり、他の追随を全く許さない研究を続けている」[9]と高く評価し、日本の学術賞としては最も権威ある日本学士院賞を授与している[2][8][10]2012年には、「生体の重要な素過程の細胞自食作用であるオートファジーに関してその分子メカニズムと生理的意義の解明に道を拓いたものとして高く評価される」[11]として、ノーベル賞を補完する学術賞として知られる京都賞基礎科学部門を受賞している[12]。細胞が自らのタンパク質を分解し、再利用する「オートファジー」(自食作用)の仕組みを解明し、悪性腫瘍の特効薬を発明した功績が認められガードナー国際賞を受賞した。2016年10月3日、「飢餓状態に陥った細胞が自らのタンパク質を食べて栄養源にする自食作用『オートファジー』の仕組みを解明した」卓越した成果が認められ、ノーベル生理学・医学賞を単独受賞する。メカニズムの詳細については「オートファジー」を参照。

所属学会は日本生化学会、日本分子細胞生物学会、日本植物学会、日本植物生理学会などに所属。

人物[編集]

トレードマークのはアメリカ合衆国に留学した頃から伸ばし始めた。顔が若く見えることでアメリカ人から見下されるのが嫌で髭を伸ばすようになったという[2]

家族・親族[編集]

父は鉱山学者の大隅芳雄(広島県出身[13]、九州大学教授)。祖父は日本史学者の長沼賢海新潟県出身、九州大学名誉教授)[14]。兄は日本史学者の大隅和雄(東京女子大学名誉教授)。妻は生物学者でオートファジーの共同研究者でもある大隅萬里子(帝京科学大学教授)[15]

略歴[編集]

乳児期の大隅

学術賞[編集]

2015年10月29日ガードナー国際賞授賞式にてガードナー財団理事長ジョン・ダークス(左端)、カナダ駐箚特命全権大使門司健次郎(右から2人目)、ガードナー財団議長ローン・ティレル(右端)と

栄典・勲章[編集]

著作[編集]

編纂[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 「略歴」『稲盛財団』稲盛財団。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 「自分を食べて生き残る細胞に魅せられて」『scientist:大隅良典JT生命誌研究館
  3. ^ a b 「プロフィール」『研究者詳細画面 | 東京工業大学 STAR サーチ東京工業大学
  4. ^ 博士論文書誌データベース
  5. ^ [1]
  6. ^ 「所属」『研究者詳細画面 | 東京工業大学 STAR サーチ東京工業大学
  7. ^ 「『トムソン・ロイター引用栄誉賞』を発表。日本からは、東京工業大学の細野秀雄氏、大隅良典氏、東京大学の水島昇氏」『「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を発表。日本からは、東京工業大学の細野秀雄氏、大隅良典氏、東京大学の水島昇氏 - トムソン・ロイタートムソン・ロイター2013年9月25日
  8. ^ a b 「主な受賞と栄誉」『稲盛財団』稲盛財団。
  9. ^ 『第九十六回日本学士院受賞者略歴』28頁。
  10. ^ 「第96回(平成18年7月3日)」『恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧 | 日本学士院日本学士院
  11. ^ 「贈賞理由」『稲盛財団』稲盛財団。
  12. ^ 「第28回(2012年)」『京都賞 年度別受賞者|稲盛財団』稲盛財団。
  13. ^ 卒業生姓名工学部工学士『東京帝国大学要覧 昭和4年』394-397頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月4日閲覧。
  14. ^ 長沼 賢海とはコトバンク。2016年10月5日閲覧。
  15. ^ 大隅萬里子教授の共同研究がノーベル医学・生理学賞として選定されました 帝京科学大学 2016年10月5日閲覧。
  16. ^ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/279378
  17. ^ [2] 東京大学
  18. ^ [3]総合研究大学院大学
  19. ^ 大隅良典特任教授に栄誉教授の称号を授与 東工大ニュース
  20. ^ “文化勲章に6人決まる 大隅良典氏や草間彌生氏ら”. 朝日新聞. (2016年10月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJBT543RJBTUCVL01D.html 2016年10月28日閲覧。 

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]