ビジネス・ブレークスルー大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビジネス・ブレークスルー大学
Gthumb.svg
大学設置/創立 2005年
学校種別 株式会社立
設置者 株式会社ビジネス・ブレークスルー
本部所在地 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア2階
学部 経営学部
研究科 経営学研究科(専門職大学院
ウェブサイト ビジネス・ブレークスルー大学公式サイト
テンプレートを表示

ビジネス・ブレークスルー大学(ビジネス・ブレークスルーだいがく、英語: Business Breakthrough University)は、東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア2階に本部を置く日本株式会社立大学である。2005年に設置された。大学の略称はBBT大学

日本初の遠隔教育による経営大学院(MBA)を持つ大学院大学として文科省の認可を受け開学。その後、経営学部が設置され、学士課程も整えた。

概要[編集]

大学の概要[編集]

現在の学長でもある大前研一2005年専門職大学院(MBAプログラム)を設置する「ビジネス・ブレークスルー大学院大学」として開学した。東京都千代田区のキャリア教育推進特区を利用した「株式会社立大学」(学校法人ではなく営利企業としての株式会社が設置した大学)である。その後、2010年には偏差値に縛られずに個々人の能力を最大限に引き伸ばせるような教育を行うことを目的として、学部を新設してビジネス・ブレークスルー大学と改称した。

全ての授業インターネットを活用した形で行われているなど多くの事柄が従来の大学とは大きく異なっている。他の通信制大学で行われているようなスクーリングが存在しないため一度も登校することなく卒業し、経営学士を取得することが可能となっている(大学院(経営管理修士)ではスクーリングが実施されているが、当日の参加は必須ではない)。

建学の精神[編集]

時代背景として、アジアを中心とする新興国の市場規模が拡大する一方で、日本は人口の大縮減時代に入り、その経済規模も縮小していくことが見込まれている。これからのビジネスシーンで生きていくには、世界の誰とでもコミュニケーションが取れて、どこでも活躍できる人材になることが大切である。「グローバルリーダー」「パスファインダー(先駆者、開拓者)」になるための学びの場を提供することを、以下のようにビジネス・ブレークスルー大学の精神としている。

【教育上の理念(建学の精神)】

「ビジネス・ブレークスルー大学は、知的創造を礎に、国際的視野と開拓者精神を持ち、先駆的指導者たらん人格を涵養し、世界社会に貢献するを以って建学の精神とする」[1]

大学のロゴ[編集]

ビジネス・ブレークスルー大学のロゴマークは、地球が無限大のマークに包まれているデザインである。「地球はネットワークで結ばれ、人間の可能性は 教育によって無限に引き出される」という意味を込めてデザインされた。

設置会社 株式会社ビジネス・ブレークスルー[編集]

株式会社ビジネス・ブレークスルーは、経営に携わる実務家講師陣によってビジネスパーソン向けにマネジメント教育プログラムを提供し続け、その受講者数は、のべ46,724人(2011年12月現在)となっている。[2] 2005年12月に株式会社東京証券取引所マザーズ市場に上場した。

千代田区の特区について 「キャリア教育推進特区」[編集]

東京都千代田区は、構造改革特別区域計画として、従来の学校教育と実社会を結びつけるキャリア教育の推進を目的とした 「キャリア教育推進特区」を内閣総理大臣に申請し、2003年10月24日にその認定を受けた。同区において株式会社による学校の設置が可能となった。[3]

沿革[編集]

年表(略歴)[編集]

2005年 4月 株式会社立「ビジネス・ブレークスルー大学院大学(現 ビジネス・ブレークスルー大学大学院)」開学。経営学研究科 経営管理専攻(MBAプログラム)設置

2008年 4月 経営学研究科 グローバリゼーション専攻(MBAプログラム) 設置

2010年 4月 「ビジネス・ブレークスルー大学経営学部」開学

2016年 4月 経営学研究科(MBAプログラム)が1専攻3コース制(経営管理コース、グローバリゼーションコース、アントレプレナーコース)に移行

2017年 3月 経営学研究科(MBAプログラム)の修了生が1,000名を突破

教育[編集]

経営学部[編集]

ビジネス・ブレークスルー大学は経営学部の1学部で構成する。経営学部は「グローバル経営学科」と「ITソリューション学科」の2学科が設置されている。経営に関する知識をグローバルに広げるのか、ITと経営の無限の可能性にかけるのか、目指す将来の方向性に応じていずれかの学科を選択する。4年制である。

- グローバル経営学科[編集]

世界中の経営経済の最新動向や、経営の各論・個別領域を多角的に学び、日本だけでなく、グローバルに活躍できる人材を育成するための学科。

- ITソリューション学科[編集]

世界中の経営・経済の最新動向に加えて、ITを駆使した経営ソリューション構築スキルを多面的に学び、ITを武器に課題を突破できる人材を育成するための学科。

経営学研究科 ※学位:経営管理修士(専門職) MBA(Master of Business Administration)[編集]

大学院は経営学研究科の1研究科で構成する。本科(MBAプログラム)が設置されており、2年制である。
2016年4月より経営学研究科(MBAプログラム)が1専攻3コース制(経営管理コース、グローバリゼーションコース、アントレプレナーコース)に移行する。

- 経営管理専攻[編集]

徹底して経営に関して学ぶことで、自ら問題解決を図れるトップマネジメント、新しいビジネスを創出できるスキルが身についたビジネスパーソンを育成するMBAプログラムである。経営管理専攻では、経営知識を存分に活用するために必要なビジネス社会における共通プロトコルである「論理思考」を教育している。そしてその基礎の上に、マネジメントを体系的に学ぶために必要な「経営戦略」「アントレプレナー」「マーケティング」「財務」「統計」「組織人事」「IT」という7つの分野について教育している。

特徴は学長 大前研一が考案した「RTOCS(Real Time Online Case Study)」を毎週必修としているところである。RTOCSは、現在進行形で実際に起きている出来事をケースとして取り上げ、グループ・ディスカッションによる知的他流試合を通して過去の経験や組織内の論理のみにとらわれない実社会で“使える”思考・行動様式を2年間にわたり教育している。

※2016年4月より、経営管理専攻には、「経営管理コース」「グローバリゼーションコース」「アントレプレナーコース」の3コースを設置する。

- グローバリゼーション専攻[編集]

グローバリゼーション専攻は、ベーシックな経営スキルを学んだ上で海外(英語環境)においてとにかく「仕事をやり抜き」、「結果を出すこと」にこだわった実践的なMBAプログラムである。

英語でビジネスをいかに展開していくかということに重きを置いている。海外でビジネスを成功させていくために、グローバリゼーション専攻では実際の失敗事例をもとにしたケーススタディ、現地企業および海外事情の調査・研究、現地での成功の方程式、英語を用いたコミュニケーションスキルの反復実践などにより、現地で求められる実力をトレーニングしている。

※2016年4月より、経営管理専攻の中に「グローバリゼーションコース」が新設されるため、グローバリゼーション“専攻”の募集は停止されている。

施設[編集]

キャンパス[編集]

AirCampus[編集]

ビジネス・ブレークスルー大学大学院が学習システムとして取り入れているのは、文科省認可の経営大学院として日本初であるオンラインによる「遠隔教育システム」である。オンラインといっても、従来の一方通行型のe-ラーニングとは異なり、講師陣から直接指導を受けたり、国内外の受講生との他流試合による議論を実現する、双方向型のシステムである。 講義は独自に開発されたシステム「AirCampus」を通じて、時間や場所に縛られず、いつでもどこでも、自分の好きなスタイルで受講可能。多忙を極めるビジネスパーソンが学習しやすいスタイルである。

また、オンデマンド方式の講義なので、気になる講義は繰り返し受講することもできる。受講に必要なのはパソコンやスマートフォン、タブレット端末にインターネット環境のみ。いつでもどこでも学べる環境を整えている。

麹町キャンパス[編集]

東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア http://www.ohmae.ac.jp/about/access.html

六番町キャンパス[編集]

東京都千代田区六番町1-7 Ohmae@workビル http://www.ohmae.ac.jp/about/access.html

一般社会人・学生による評判(経営学研究科<MBA>)[編集]

『通いたいMBA大学院ランキング』[編集]

日本経済新聞社、日経HRによる共同調査。2012年5月28日〜6月5日に行われた調査では、通信制の大学院の中で、実質第1位を獲得。[4] また、2013年6月4日〜11日に行われた調査では、通信制の大学院の中で、引き続き実質第1位を獲得している。[5]項目別のランキングでは、「仕事と両立できる開講時間のカリキュラムがある」大学院部門で第1位、「カリキュラムが充実している」大学院部門で第2位、「教授、講師陣が優れている」大学院部門で第2位にランクインしている。総合ランキング調査結果の記事内では、『知名度で選ばれた大学院が多い中、「教授、講師陣」で選ばれたのは東日本7位のビジネス・ブレークスルー大学大学院』と紹介されている。[6]

『国内MBA学生満足度ランキング』[編集]

日経HRによる調査(2009年を最後に同調査は行われなくなる)。実際に学んでいた学生を対象に行われた調査では、2009年7月〜8月の調査結果として第8位にランクイン。通信制の大学院の中では、実質第1位。現在起こっている問題を解決する力、実務に精通した講師陣、学生の多様性と交流頻度の高さが評価されている。[7]

大学認証評価の結果[編集]

日本の大学は学校教育法(第109条2)によって、文部科学大臣の認定を受けた認証評価機関から、定期的に「認証評価」を受けることが義務づけられている。文部科学大臣認定の認証評価期間である公益財団法人大学基準協会が行った2011年(平成23年)度の大学認証評価(平成24年3月9日)では、ビジネス・ブレークスルー大学は大学基準への適合については2015年3月までの3年間の「期限付」との評価が下された[8]

また、2012年(平成24年)度の大学認証評価(平成25年3月9日)においては、ビジネス・ブレークスルー大学大学院経営学研究科グローバリゼーション専攻(経営系専門職大学院)が不適合と判定され[9]、厳しい評価が続いている。

本評価に対してビジネス・ブレークスルー大学大学院側は、専任教員に対する考え方の違いによるという見解を示た上で大学基準協会に対して異議申し立てをおこなった[10]。大学基準協会はこの申し立てを受けて再審査をおこなったが、一部分の条項を除いて同大学側の異議申し立てには理由が認められないと結論づけ、改めて不適合の判断を下した[11]

  • 大学基準協会がビジネス・ブレークスルー大学大学院を大学認証評価「不適合」とする結論にいたった理由は次の通りである[12]
    • ビジネス・ブレークスルー大学大学院で「専任教員」とされている者はすべて現在も企業経営等に携わっている実務家教員であり、担当単位数、大学との雇用形態、大学運営面での責任といった点がきわめて限定的である。したがって、ビジネス・ブレークスルー大学大学院には「実質的な専任教員」が置かれていないと考えざるを得ず、教員組織に重大な問題がある。
    • 理論と実務の架橋を図る専門職大学院の教育にとって、理論教育を支えるための研究を行うことは必要である。にもかかわらず、ビジネス・ブレークスルー大学大学院では、理論教育を支えるための研究を支援・促進する仕組みが整備されていない。
    • ビジネス・ブレークスルー大学大学院は実質的な自己点検・評価に取り組んでおらず、自己点検・評価および第三者評価等の結果を改善・向上に結びつける仕組みが機能していない。これは点検・評価に関する重大な問題である。
    • 上記のような重大な問題は、ビジネス・ブレークスルー大学大学院の教育内容・方法・成果等に大きく影響を及ぼしている。その具体的な内容として、同大学院の教育は実務に偏重した内容となっており、十分な理論教育が行われていない点、さらに、ビジネス・ブレークスルー大学大学院において学生への履修指導および学習相談が十分になされていないことが挙げられる。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ビジネス・ブレークスルー大学 建学の精神 http://www.bbt757.com/univ_info/index.html#univ01
  2. ^ 「株式会社ビジネス・ブレークスルー キーワードで知るBBT」http://www.bbt757.com/aboutus/keyword/keyword_01.html
  3. ^ 「構造改革特別区域計画」http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kouzou2/kouhyou/031105/001.pdf
  4. ^ 「通いたいMBA大学院ランキング2013」 http://bizacademy.nikkei.co.jp/feature/article.aspx?id=MMACz2000018072012&page=1
  5. ^ 「通いたいMBA大学院ランキング2014」 http://bizacademy.nikkei.co.jp/feature/article.aspx?id=MMACz2000011072013&waad=sTyGiJ3n
  6. ^ 「日経キャリアマガジン2013年 vol.2 社会人の大学院ランキング2014」 http://www.nikkeihr.co.jp/careerm/mook_2013v2/
  7. ^ 日経キャリアマガジン『MBA、会計、MOTパーフェクトブック 2011年度版』 http://www.nikkeihr.co.jp/careerm/mook_2010_10/
  8. ^ 財団法人大学基準協会「平成23年度『大学評価』結果報告書」420-435頁 http://www.juaa.or.jp/images/accreditation/pdf/result/university/2011/h23daigakuhyouka_all.pdf
  9. ^ 公益財団法人大学基準協会「ビジネス・ブレークスルー大学大学院経営学研究科グローバリゼーション専攻に対する認証評価結果」http://www.juaa.or.jp/images/accreditation/pdf/result/management/2012/ohmae.pdf
  10. ^ ビジネス・ブレークスルー大学大学院 公開資料「財団法人大学基準協会による本学の認証評価結果について」http://www.bbt757.com/univ_info/pdf/2012/03.pdf
  11. ^ 公益財団法人大学基準協会「異議申し立てに対する裁決」http://www.juaa.or.jp/images/accreditation/pdf/result/management/2012/accounting_ohmae_decision.pdf 同協会「評価結果」(異議申立審査の結果、修正を行った評価結果)http://www.juaa.or.jp/images/accreditation/pdf/result/management/2012/accounting_ohmae_revaluation.pdf
  12. ^ 公益財団法人大学基準協会「異議申し立てに対する裁決」http://www.juaa.or.jp/images/accreditation/pdf/result/management/2012/accounting_ohmae_decision.pdf 同協会「評価結果」(異議申立審査の結果、修正を行った評価結果)http://www.juaa.or.jp/images/accreditation/pdf/result/management/2012/accounting_ohmae_revaluation.pdf

外部リンク[編集]