生理学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
生理学研究所
National-Institutes-of-Natural-Sciences-1.jpg
明大寺キャンパス
正式名称 生理学研究所
英語名称 National Institute for Physiological Sciences
略称 生理研、NIPS
組織形態 大学共同利用機関
所在地 日本の旗 日本
444-8585
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
北緯34度56分55.9秒
東経137度9分52.7秒
予算 35億円(2008年度)[1][2]
* 運営費交付金等 22億円
* 科研費等 13億円
人数 職員
* 研究教育職員 56人
* 技術職員 29人
(有期雇用除く 2009年4月1日時点)[3]
院生(2008年度)[4]
* 59人(総研大生理学専攻)
* 13人(その他大学)
所長 井本敬二
設立年月日 1977年5月2日
上位組織 自然科学研究機構
所管 文部科学省
ウェブサイト http://www.nips.ac.jp/
テンプレートを表示

生理学研究所(せいりがくけんきゅうじょ、英:National Institute for Physiological Sciences)は、自然科学研究機構を構成する、愛知県岡崎市にある大学共同利用機関。人体基礎生理学分野における日本の中核的な国立研究所である。人体の生命活動を総合的に解明することを目標に研究活動を行っている。

国家事業であるナショナルバイオリソースプロジェクトニホンザル分野を担当している。

総合研究大学院大学の大学院生に対する教育も実施している。

沿革[編集]

  • 1967年 - 日本学術会議第49回総会において、「人体基礎生理学研究所」(仮称)の設立が内閣総理大臣に勧告される。
  • 1977年 - 5月2日、文部省生物科学総合研究機構の研究機関として生理学研究所が創設される[5]
  • 1981年 - 生物科学総合研究機構は分子科学研究所と統合され岡崎国立共同研究機構となる。
  • 2004年 - 統合再編及び法人化により、大学共同利用機関法人自然科学研究機構となる。

概要[編集]

2010年4月現在、以下の6つの研究系と4つの研究施設及び技術課を有している。

  • 研究系
    • 分子生理研究系
    • 細胞器官研究系
    • 生体情報研究系
    • 統合生理研究系
    • 大脳皮質機能研究系
    • 発達生理学研究系
  • 研究施設
    • 行動・代謝分子解析センター
    • 多次元共同脳科学推進センター
    • 脳機能計測・支援センター
    • 情報処理・発信センター

また、岡崎共通研究施設の動物実験センター、岡崎統合バイオサイエンスセンターとも連携している。

経理など管理業務は岡崎統合事務センターで行われている。

一般公開[編集]

3年に一度、秋に研究施設の一般公開が行われる。前回の一般公開は、2014年10月4日に行われた。

アクセス[編集]

名古屋鉄道本線東岡崎駅が最寄り駅。東海道新幹線豊橋駅名古屋駅(あるいは金山駅までJR東海道線中央線で行っても良い)にて名鉄本線へ乗り換えで、いずれも30分程度。中部国際空港からは東岡崎駅へは名鉄が利用できる他、直行バスもある。いずれも1時間程度。駅から南口を出て徒歩5分程度。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自然科学研究機構 予算 2010-04-21 閲覧
  2. ^ 自然科学研究機構 外部資金 2010-04-21 閲覧
  3. ^ 自然科学研究機構 職員数 2010-04-21 閲覧
  4. ^ 自然科学研究機構 大学院教育 2010-04-21 閲覧
  5. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』 新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、513頁。

外部リンク[編集]