教職員支援機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
教職員支援機構

独立行政法人教職員支援機構(きょうしょくいんしえんきこう、National Institute for School Teachers and Staff Development:NITS)は、主に国公私立学校の教職員に対する研修、教育職員免許法に基づく免許状更新講習の認定や教員資格認定試験を行う日本の機関である。旧称は独立行政法人教員研修センター

概要[編集]

設立根拠法は独立行政法人通則法及び独立行政法人教職員支援機構法。独立行政法人通則法に基づく、中期目標管理法人たる独立行政法人である。主務大臣は文部科学大臣文部科学省初等中等教育局教職員課)主管。

交通アクセス[編集]

文教系・建設系研究機関が集まる地域の一角にある。いずれも近隣駅から路線バスとなる。

沿革[編集]

  • 1977年(昭和52年)4月27日 - 国立教育会館筑波分館として建物の竣工式を挙行[1]。現職の教職員向けに長期の宿泊を伴う研修を行うことを目的としていた[2]。開館当時、最新鋭の視聴覚総合教育システムを有し、年間延宿泊者数は7万人に達していた[2]
  • 2001年平成13年)4月1日 - 独立行政法人教員研修センターとして設立。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 独立行政法人教職員支援機構に名称変更。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和52年(1977年)度”. 全連小の歩み. 全国連合小学校長会. 2018年6月10日閲覧。
  2. ^ a b 大穂町史編纂委員会 編 1989, p. 236.

参考文献[編集]

  • 『大穂町史』 大穂町史編纂委員会 編、つくば市大穂地区教育事務所、1989年3月31日、445頁。全国書誌番号:89049557

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度7分54.3秒 東経140度4分37.5秒