文部科学審議官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文部科学審議官(もんぶかがくしんぎかん)は、国家公務員の役職の一つである。

文部科学省において文部科学事務次官に次ぐ 官僚ナンバー2のポストであり、いわゆる次官級審議官職の一つとして文部科学省設置法に定められている「特別な職」である。現在の定数は2人。文教担当と科学技術担当がある。

職務[編集]

文部科学審議官は、命を受けて、文部科学省の所掌事務に係る重要な政策に関する事務を総括整理する。(文部科学省設置法第5条第2項)

歴代文部科学審議官[編集]

文教担当[編集]

( )内は退任後の経歴

科学技術担当[編集]

( )内は退任後の経歴

  • 青江茂 2001年1月6日 - 2002年8月1日(宇宙開発委員会委員長)
  • 間宮馨 2002年8月1日 - 2003年7月25日(独立行政法人宇宙航空研究開発機構副理事長)
  • 結城章夫 2003年7月25日 - 2005年1月11日(文部科学事務次官)
  • 白川哲久 2005年1月11日 - 2006年1月13日(クロアチア大使
  • 林幸秀 2006年1月13日 - 2008年7月11日(独立行政法人宇宙航空研究開発機構副理事長)
  • 坂田東一 2008年7月11日 - 2009年7月14日(文部科学事務次官を経てウクライナ大使)
  • 森口泰孝 2009年7月14日 - 2012年1月6日(文部科学事務次官を経て東京理科大学特命教授)
  • 藤木完治 2012年1月6日 - 2014年1月17日(科学技術振興機構上席フェローを経てアラブ首長国連邦大使)
  • 土屋定之 2014年1月17日 - 2015年8月4日(文部科学事務次官)
  • 戸谷一夫 2015年8月4日 - 2017年1月20日(文部科学事務次官)
  • 伊藤洋一 2017年7月11日 - 現職

関連項目[編集]

参考文献[編集]