板東久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

板東 久美子(ばんどう くみこ、1954年4月25日[1] - )は、日本の元文部科学省官僚。文部科学審議官消費者庁長官を歴任。公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの理事も務める[2]岡山県岡山市生まれ[3](出身が徳島県となっているプロフィールもある[4])。文部科学事務次官山中伸一は入省同期。夫は元経産省官僚で、現日本貿易保険理事長の板東一彦

略歴[編集]

人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 県政だより「あきた新時代」'98年度1号
  2. ^ セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン役員構成/組織図
  3. ^ UHHA:エグゼクティブ・コミッティとは UHHA(University Hub Haneda Airport)
  4. ^ 大学改革シンポジウム 成長戦略におけるグローバル人材の育成 講演者紹介 日本経済新聞電子版
  5. ^ 同窓会会報 朝日(岡山朝日高校) - asahikou.sakura。
  6. ^ 消費者庁長官に板東久美子氏 - 佐賀新聞(2014年7月18日)。
  7. ^ 河野内閣府特命担当大臣閣議後記者会見要旨 平成28年8月2日 - 内閣府
  8. ^ 田中文科相考え直して…編入希望絶たれた短大生 - 2012年11月3日14時38分 讀賣新聞(YOMIURI ONLINE)。
  9. ^ 文科省、秋田・愛知の2大に認可書 - 世界日報 2012年(平成24年)11月10日
  10. ^ 当時の官房長前川喜平は、「今は認可しない」ということと「不認可」とは異なるとして、田中の言葉が不適切だったと指摘する一方、官僚側と田中との間に意思疎通上の齟齬があったとした。; 3大学不認可、事実上撤回 田中文科相「新基準で審査」 - 朝日新聞デジタル(2012年11月6日13時23分)アーカイブ
公職
先代:
阿南久
日本の旗 消費者庁長官
2014年 - 2016年
次代:
岡村和美