司法制度改革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

司法制度改革(しほうせいどかいかく)とは、日本において、1999年(平成11年)以来行われている司法制度全般に関する改革である。裁判制度、国民への司法サービス提供、法曹養成制度など多岐にわたる。

従前の日本の司法制度は裁判期間の長さ、弁護士費用の高さ、裁判所行政よりのスタンスなどの要因により、国家が国民に十分な法的解決を供給していなかったと言われている。国民への十分な司法サービスを提供するために、裁判の効率化や法曹界の人員の拡充などが必要とされ、広汎な司法制度改革が行われることとなった。

主な改革点[編集]

裁判制度等の改革[編集]

人的基盤の整備[編集]

国民的基盤の確立[編集]

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]