前川喜平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まえかわ きへい
前川 喜平
Kihei Maekawa cropped 2 Kihei Maekawa 20160607.jpg
生誕 (1955-01-13) 1955年1月13日(62歳)[1]
日本の旗 奈良県御所市[2]
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部卒業[3]
前川昭一([4]
親戚 前川喜作祖父[5]
前川正雄伯父
中曽根弘文義弟[6]
小泉和久(義弟)

前川 喜平(まえかわ きへい、1955年1月13日[1] - )は、日本の元文科官僚

文部科学省大臣官房総括審議官、文部科学省官房長、文部科学省初等中等教育局局長、文部科学省文部科学審議官(文教担当)、文部科学省事務次官などを歴任[7][8]

略歴[編集]

奈良県御所市生まれ[2][9]。小学校4年時の1963年に一家で東京へ転居し、1967年に麻布中学校・高等学校へ入学[2][9]。1973年に東京大学へ入学し、1979年に同大学法学部を卒業して文部省に入省した[3]

1981年に結婚[9]。1986年9月、宮城県に出向し同県教育委員会行政課長[3]。1989年2月、在フランス大使館一等書記官に任官[3]。1992年3月、文部省に戻り同省官房政策課政策調査官[3]。1993年4月、同省官房政策課政策企画官[3]

1994年6月、文部大臣与謝野馨の秘書官事務取扱[3]として、「文部省と日本教職員組合(日教組)との歴史的和解」に関わる[9]。1995年10月、同省教育助成局財務課教育財務企画室長[3]

1997年7月、文化庁に出向し同庁文化部宗務課長[3]。1998年7月、高等局主任視学官兼中央省庁等改革推進本部事務局参事官[3]。2000年6月、文部省に戻り同省教育助成局教職員課長[3]。2001年1月、中央省庁再編に伴い所属が文部科学省に変わり、同省初等中等教育局教職員課長[3]。2001年7月、同省初等中等教育局財務課長[3]。2004年7月、同省初等中等教育局初等中等教育企画課長[3]

2010年7月、大臣官房総括審議官[7]。2012年1月、官房長[7]。2013年7月、初等中等教育局[8]。2014年7月、文部科学審議官[8]。2016年6月、文部科学事務次官[8]。2017年1月20日、文部科学省における再就職等規制違反を受け文部科学次官を退任[10][注 1]

主張・活動[編集]

朝鮮学校の無償化[編集]

前川が文部科学大臣官房審議官在任中、朝鮮学校の高校無償化に対し民主党政権の意向を受け旗振り役となったと産経新聞は報じており[12]在日本朝鮮人総聯合会機関紙である朝鮮新報は前川の「適用可否がはっきりしない状況が続いて生徒たちを不安な気持ちにさせて申し訳ないと思っている。(朝鮮学校への)理解が日本人にも広がっているのは良いこと。」との発言を掲載している[PR 1]

2017年7月、朝鮮学校への無償化の適用の可否について大阪地裁と広島地裁で相次いで異なった判決が出たことについて「今更どの面下げてという話だが、せめて司法で救済してほしい」などと述べている[13]

加計学園問題を巡る発言[編集]

加計学園問題を巡り、2017年(平成29年)5月25日に記者会見を行い、加計学園による獣医学部新設の件で、内閣府から文科省に「私が在職中に専門教育課で作成されて受け取り、共有していた文書であり、確実に存在していたものだ」「私が発言をすることで文部科学省に混乱が生じることは大変申し訳ないが、あったものをなかったことにはできない」などと述べ、文部科学省で作成された文書であると主張した[14]

国家戦略特区として今治市加計学園が選定された経緯については、「結局押し切られたことについて事務次官だった私自身が負わねばならない責任は大きいと思っている」「極めて薄弱な根拠で規制緩和が行われた。公平、公正であるべき行政の在り方がゆがめられたと思っている」などと発言し、国会の証人喚問を受けてこれらの内容を証言する意向を示した[14]

文部科学省は当初、調査したが該当する文書の存在は確認できていないとしていた[15]が、同年6月9日、1度目の調査結果が発表された後、複数の現役職員から文科省の幹部数人に対し、文書は省内のパソコンにある、といった報告があったものの、こうした証言は公表されず、事実上、放置されていたことが明らかとなり[16]、再調査の結果、6月15日に「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だ」などと言われたなどと記録された文書14点の存在を確認したことを公表した[17]

再調査結果の公表を受け、前川は6月23日に記者会見を開き、文科省について「一定の説明責任は果たし、隠蔽(いんぺい)のそしりから免れたのはうれしく思うと述べ、松野博一文科相も大変苦しいお立場なので、敬意を表したい」と述べた上で、「こうした文書が次々と出てくることで、国民の間で疑惑は深まっており、内閣府や首相官邸が様々な理由をつけて事実を認めようとしていないことは、不誠実であり、真相の解明から逃げようとしている」と発言した[18]

前川の「行政がゆがめられた」との主張に対し、内閣官房長官の菅義偉は「まったく当たらない」と反論[19]。文部科学大臣の松野博一は「文科行政がゆがめられているという認識はない。適正な手続きで国家戦略特区が進められている」、総務大臣の高市早苗は「ゆがめられる恐れがあるなら、官僚のトップとして意見の食い違う他省と話し合うべきだ。理解できない発言だ」、地方創生担当大臣の山本幸三は「天下り問題を問われて辞めた方だ。文科省の信頼失墜の責任もあるのではないか」などと批判した[20]。また、山本有二の農林水産大臣は前川の「農水省が獣医の将来需給を算出しなかった」との発言について「熱心に聞いていただいたかと(疑問に)思う。もっと真剣にやっていただきたかった」と非難した[20]

文書の出所[注 2]について、前川は6月23日の記者会見で「『総理のご意向』と書かれた文書は、前川さんが報道機関に流したのか」との質問を受け、「情報の流出元については私はコメントしない、ということでご理解いただくしかない。」と答えた[22]。7月10日の参議院閉会中審査では平井卓也の「『総理のご意向』というような文書、これは前川さんが流出元ではないかと報道されているが、まさかそんなことはないと思う。そのことについてイエスかノーかでお答えください」との質問に対し、前川は「文書の提供者が誰であるかということについては、お答えを差し控えさせていただく」と述べた[23]

7月24日の衆参予算委員会閉会中審査で、小野寺五典の質問に対し前川は内閣総理大臣補佐官和泉洋人から9月9日に国家戦略特区の獣医学部新設について「文部科学省の対応を早く進めろ」という指示を受け、「総理は自分の口からいえないから代わりに私が言うんだ」という話があったと証言した[24]。これに対し和泉は「一般論としてスピード感をもって取り組むことが大事だと言っただけなので、具体的なことについて、加計学園等には一切触れていない」と証言し、小野寺の再質問に前川は「その時点において獣医学部を作りたいという意向を持っていたのは学校法人は加計学園のみ」であったため、「加計学園しかない」という文科省内で存在していた「共通の理解」として「加計学園」という個別の指示であると受け止めたと発言した[24]。小野寺が9月9日の時点で京都産業大学の獣医学部新設検討の件も存在していたことを指摘すると、前川は「京産大が意向があるということは確かにあったが、具体化したものはなかった。むしろその時点で具体的な計画として意識していたのはやはり今治市の加計学園しかなかった」「国家戦略特区における獣医学部の新設という話になれば、これはとりもなおさず加計学園のことだろうという認識はもっていた。従って、獣医学部の話だということはニアリーイコール加計学園のことだろうという認識はもっていたのは事実だ」と述べた[25][26]

続く7月25日の審査で、前川は流出した「個人メモ」を書いた文科省高等教育局専門教育課職員から事情をきき、9月9日に和泉洋人の話を聞いて、「一般的に規制改革をスピード感をもって行え」という和泉の指示を、「総理の友人の学校だから早くしなければならない」と受け止めたと答弁[27]。それについて、青山繁晴は、前川に「加計学園」の個別の話をした者はおらず、「加計ありきと言う言葉は、むしろ、言い方は厳しいが、むしろ前川さんの胸の中で加計ありきであって、これを一般的に言うと思い込みと言わざるを得ない」と述べた[27]

また、同日の審査で、前愛媛県知事の加戸守行が、審査前の取材時にテレビ局から見せられた前川のインタビュー映像において、前川が第1次安倍内閣のもと加戸が教育再生実行会議の委員になった理由を「あれは安倍首相が加戸さんに加計学園の獣医学部の設置を会議で発言してもらうために頼んだんですよ」と述べていたことについて、その場で記者に否定し「安倍首相が加戸氏に頼んだ」という部分は全国放送されなかったと主張した上で、「(前川氏は)安倍首相をたたくために、全国に流れるテレビの取材に応じた。私の取材ができていなければ、流れていたかもしれない」とし、「なぜ虚構の話をするのか。作り話をしなければならない彼の心情が理解できない」と前川を批判した[28][29][30][注 3]。これについて、前川は「誤解だ。『総理に頼まれてその発言をした』と言った覚えはない」と述べている[28]。教育再生実行会議の議事録によると、加戸は「加計学園」に関する言及は一度も行っていない[28]

その他[編集]

義務教育費国庫負担制度について、初等中等教育局の初等中等教育企画課長在職中、「奇兵隊、前へ!」と題したブログを開設[PR 2]し、小泉政権が推進した三位一体の改革の中で、公立小中学校の教職員給与の国負担分が2分の1から3分の1に引き下げられたことを巡り、「義務教育費の削減は道理が通らない」「クビと引き換えに義務教育が守れるなら本望」などと批判した[12]

2012年11月1日大学設置・学校法人審議会の答申を受け文部科学大臣田中眞紀子秋田公立美術大学ほか2大学の新設を不可とする方針を公表した際[32]、前月10月1日に就任してから間もない大臣が大学の認可・不認可という重要事項を自分の一存で決められるものではなく、事務方の意向に沿ったものであるとした田中について、当時の大臣官房長だった前川は、「 『今は認可しない』 ということと 『不認可』 とは異なる」 として、官僚側と田中との間に意思疎通上の齟齬があったとした[33]

文部科学審議官(文教部門)だった2015年8月[注 4]には、新国立競技場整備計画経緯検証委員会[PR 3]の事務局長として新国立競技場の計画が白紙撤回に至るまでの経緯について報告している[34]

平和安全法制については、憲法違反であるとの考えを述べている。また、同法案が参議院で成立した2015年9月18日に、国会前で開かれた反対派の集会に参加していたことを明らかにした。[35]

人物[編集]

座右の銘は「面従腹背」[9]教育基本法改正や道徳教科化は「やりたくない仕事」だったという[9]

実家は旧秋津村の地主で、祖父は産業用冷凍機メーカー前川製作所の創業者である前川喜作[36][5]

秋津村周囲には被差別部落があり、被差別部落の住民たちが不当に扱われているのを目の当たりにして、地主の子でありながら子供心に社会構造の矛盾に気付き、弱者へ寄り添った考えに目覚める[37]

父親は奈良県出身だが、母親は東京育ちだったため、奈良県にいた子供時代、外で友達と遊ぶときは土地の方言を使い、家で親と話すときは東京の言葉(それも女性が使う言葉)を使っていた[PR 4]

親の仕事の都合で奈良から東京に転居した小学校三年生の時、東京の言葉や担任教師に馴染めず、学校に行く直前になると吐き気や頭痛がして欠席した。当時、奈良の学校にはプールがなく、泳げなかった。プールのある東京の学校の水泳の授業が怖かったが、4年生になって、別の学校に転校し、担任が優しかったこともあって、ようやく溶け込めるようになった。この幼少期の体験から「いじめがひどいのであれば学校に行かなくていい」と発言している[38]

進学した麻布中学校・高等学校には学園紛争の波が及んでおり、「自分の正義は自分でつかむしかない」という信念を培ったという[36]。父や祖父の影響で仏教に興味を持ち、大学時代は仏教青年会で活動していた[36]

文部科学省事務次官の退官後、週に1回、厚木市福島市夜間中学校の講師として活動している[36][39]。「人にはいくつになっても学ぶ権利があり、学べる手立てが講じられるべきだ」との考えから、夜間中学は義務教育の最後のよりどころであるとして、夜間中学の拡充を訴えている[39]

不祥事[編集]

天下りあっせん問題[編集]

各大学側が文部科学省の各種事業の補助金・交付金をもらうための天下りを受け入れるための「職務上知り得た人事情報」を渡すパイプ役をしていた。2017年2月7日の衆議院予算委員会では他の関わったOBや現役の文部科学省の官僚と共に招致されて、前川は「文科省と日本政府への(国民の)信頼を損ねた。万死に値する」として謝罪した[40]

2017年1月上旬、文科省から官邸側へ前川の定年延長の打診がされたが官房副長官の杉田和博が「前川氏は責任を取って辞めるべきで、定年延長は難しい」と回答し、前川から「せめて(定年の)3月まで次官を続けさせてほしい」という要求があったが杉田が「こうした問題に関する処分は、まずは事務方のトップが責任を取ることを前提に議論しないといけない」と無理であることを直接伝える[41]。1月20日に辞任が認められ、その際に文部科学省全職員へ、自身を反面教師とし遵法意識の徹底に努めるべきとするメールを送信していることが、朝日新聞で報じられている[42]。前川は「引責辞任は自分の考えで申し出た」と主張する一方、官房長官菅義偉は「私の認識とは全く異なる」「当初は責任者として自ら辞める意向をまったく示さず、地位に恋々としがみついていた。その後、天下り問題に対する世論の厳しい批判にさらされ、最終的に辞任した」と述べている[43]。退職金は2月17日付で支払われ、前川と同じ勤続条件37年で事務次官で自己都合退職の場合の支給額は約5610万円であると報じられる[44][45]

一連の問題を巡り、前川は2017年1月に2ヵ月間減給10分の1の懲戒処分を受けた[45]。さらに同年3月、天下り斡旋の違法行為による停職相当の懲戒処分が発表された[11]

前川は後に、2017年6月23日の日本記者クラブの記者会見で、「再就職等監視委員会の指摘を受けて、改めて違法行為というものが明るみになって、その時点で私は違法行為についての認識をするに至ったということですから、知っていたのに是正しなかった、ということは当たらないと思っております」と発言している[PR 5]

また、文部科学省事務次官の退職意向を申し出た日付について、前川は2017年1月5日であると述べているが、文部科学大臣の松野博一は同日について「京都視察で10人近くが常に一緒にいた。込み入った話を受けられる状況ではなかった」と述べ、前川の主張を否定している[46]。5日当日の松野のスケジュールは、朝から夕方まで「文化庁の京都市内の移転対象4カ所の視察」に行き、前川ら文科省の幹部職員10名程度が帯同したまま昼食を取り、夕方には次ぎの場所に移動したと述べている[46]。松野は、前川から辞意を意向を聞いたのは1月中旬頃であったと述べている[46]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年3月に就職先あっせんの口利きにより停職処分相当と発表された[11]
  2. ^ 週刊新潮の2017年6月1日号が、前川のほか、NHK、朝日など各社に文書をリークして回っていた人物がいると報じた[21]
  3. ^ 第1次安倍内閣では、獣医学部の申請は一切認められていない[31]
  4. ^ 文部科学審議官を務めたのは2014年7月から2016年6月まで[8]

出典[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』 読売新聞東京本社、2016年、197頁。ISBN 9784643160017
  2. ^ a b c 毎日フォーラム・霞が関ふるさと記:奈良県”. 毎日新聞社 (2016年11月2日). 2017年10月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 前川喜平、2006、「わが国における教育委員会制度の変遷と課題--前川喜平氏 文部科学省初等中等教育局初等中等教育企画課長 (特集 教育委員会の真相に迫る!) (PDF) 」 、『法律文化』261号(2006年1月号)、東京リーガルマインド、2006年1月、NAID 40007078823 pp. 8-11
  4. ^ 窪田順生 (2017-05-30). “なぜ前川さんは「出会い系バーで貧困調査」という苦しい釈明をしたのか (3/4)”. ITmedia ビジネスオンライン (アイティメディア). http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1705/30/news049_3.html 2017年10月29日閲覧。. 
  5. ^ a b “前川喜平氏独白「NHKや読売新聞には同情する」”. 日経ビジネスオンライン (日経BP社). (2017-09-07). http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/090600730/ 2017年10月29日閲覧。. 
  6. ^ “【政治デスクノート】中曽根大勲位は「反安倍」ではない 改憲できるのだろうかと懸念しているのだ”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月13日). http://www.sankei.com/politics/news/170713/plt1707130001-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  7. ^ a b c “文科省次官に森口氏”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年12月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2602V_X21C11A2000000/ 2017年10月28日閲覧。 
  8. ^ a b c d e “文科次官に前川氏”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2016年6月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF10H0J_Q6A610C1EE8000/ 2017年10月28日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f “【前川喜平さんに聞く 上】  決断の背景に後悔の念 公務員の務めとして証言”. 47NEWS. 共同通信社 (全国新聞ネット). (2017年10月4日). http://www.47news.jp/47topics/e/295590.php 2017年10月29日閲覧。 
  10. ^ “文科省新次官に文部科学審議官・戸谷一夫氏”. 日テレNEWS24. (2017年1月20日). http://www.news24.jp/articles/2017/01/20/07351987.html 2017年10月28日閲覧。 
  11. ^ a b “文科省天下りで37人処分 最終報告、違法事案62件に”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年3月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14735960R30C17A3CC1000/ 2017年10月28日閲覧。 
  12. ^ a b “異色言動、過去に政権批判 朝鮮学校無償化推進 「天下り」で引責 野党、前川前文科事務次官の証人喚問要求へ”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年5月25日). http://www.sankei.com/politics/news/170525/plt1705250064-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  13. ^ “「朝鮮学校も無償化対象と思っていた」 前川喜平・前文科次官に聞く”. 中日新聞社. (2017年8月14日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017081402000115.html 2017年10月28日閲覧。 
  14. ^ a b “文部科学省前次官が会見「文書なかったことにできない」”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年5月25日). オリジナル2017年5月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170525092904/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170525/k10010994791000.html 2017年10月28日閲覧。 
  15. ^ “文科省「文書の存在、確認できず」 加計学園問題 松野氏「調査尽くした」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年5月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19HBK_Z10C17A5CC1000/ 2017年5月27日閲覧。 
  16. ^ “加計文書、職員の報告放置 初回調査後「省内に保管」”. 朝日新聞デジタル. (2017年6月9日). http://www.asahi.com/articles/ASK694V1QK69UTIL01X.html 2017年8月29日閲覧。 
  17. ^ “「総理のご意向」文書を確認 文科省が再調査結果発表」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年6月15日). http://www.asahi.com/articles/ASK6H4G4JK6HUTIL021.html 2017年8月28日閲覧。 
  18. ^ “「規制、穴のあけ方問題」「加計ありき」前川氏発言概要”. 朝日新聞デジタル. (2017年6月24日). http://www.asahi.com/articles/ASK6R7HXFK6RUTIL069.html 2017年8月30日閲覧。 
  19. ^ “《発言詳報》「貧困調査で出会い系バー」前川喜平・前文部科学事務次官の釈明に 菅義偉官房長官が強い不快感”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年5月26日). http://www.sankei.com/politics/news/170526/plt1705260034-n1.html 2017年5月26日閲覧。 
  20. ^ a b “閣僚、前川喜平氏の批判相次ぐ 文科相「行政ゆがみない」 総務相「理解できぬ発言」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年5月27日). http://www.sankei.com/politics/news/170527/plt1705270014-n1.html 2017年5月27日閲覧。 
  21. ^ “「貧困調査」の前川喜平・前文部科学事務次官 どこか違和感が拭えない“正義漢面””. 産経新聞. (2017年5月28日). http://www.sankei.com/premium/news/170528/prm1705280020-n2.html 2017年5月28日閲覧。 
  22. ^ “前川前文科次官会見詳報 (4)森友学園と「非常に構図が似ている」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年6月23日). https://mainichi.jp/articles/20170623/mog/00m/040/019000c 2017年8月10日閲覧。 
  23. ^ “平井卓也衆院議員「前川喜平氏が文書の流出元か」 前川氏「お答えは控える」 原英史氏「加計ありきという指摘は全くの虚構」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月10日). http://www.sankei.com/politics/news/170710/plt1707100059-n2.html 2017年8月10日閲覧。 
  24. ^ a b “前川喜平前文部科学事務次官「『総理が自分の口からいえない』と聞き、『加計学園のこと』と確信した」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月24日). http://www.sankei.com/politics/news/170724/plt1707240044-n1.html 2017年8月2日閲覧。 
  25. ^ “安倍晋三首相「疑念の目が向けられるのはもっとも。足らざる部分あった」 加計学園問題をめぐり、指示は改めて否定”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月24日). http://www.sankei.com/politics/news/170724/plt1707240040-n1.html 2017年8月2日閲覧。 
  26. ^ “安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」加計学園選定プロセスは適正だったと強調”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月24日). http://www.sankei.com/politics/news/170724/plt1707240045-n1.html 2017年8月2日閲覧。 
  27. ^ a b “「前川喜平氏の印象が『加計ありき』の根拠」自民党・青山繁晴氏が追及”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月25日). http://www.sankei.com/politics/news/170725/plt1707250054-n5.html 2017年8月2日閲覧。 
  28. ^ a b c “文科省OB批判の応酬…加戸前知事と前川前次官”. 読売新聞. (2017年7月25日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170725-OYT1T50081.html 2017年7月26日閲覧。 
  29. ^ “<速報>加戸守行前愛媛県知事がスバリ指摘 「前川喜平氏は想像を全部事実のように発言している。精神構造を疑う」「メディアは報道しない自由、印象操作は有力な手段」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月25日). http://www.sankei.com/politics/news/170725/plt1707250038-n1.html 2017年7月25日閲覧。 
  30. ^ “加戸vs前川 「前川の精神構造を疑う」「加戸先輩が捏造するとは思わないから誤解だ」 文科省の先輩と後輩の対決再び”. 産経ニュース. (2017年7月25日). http://www.sankei.com/politics/news/170725/plt1707250038-n1.html 2017年7月25日閲覧。 
  31. ^ 門田隆将 (2017年6月16日). “森友問題から加計問題 駄々っ子の喧嘩のような低レベルな「国会」 印象操作に興じる「新聞」はもはや社会の木鐸ではない! 作家・ジャーナリスト・門田隆将”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/column/news/170618/clm1706180006-n1.html 
  32. ^ “田中文科相考え直して…編入希望絶たれた短大生”. 読売新聞 (読売新聞社). (2012年11月3日). オリジナル2012年11月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121103075208/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121103-OYT1T00216.htm 2017年10月29日閲覧。 
  33. ^ “3大学不認可、事実上撤回 田中文科相「新基準で審査」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年11月6日). オリジナル2012年11月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121106070631/http://www.asahi.com/national/update/1106/TKY201211060214.html 2017年10月29日閲覧。 
  34. ^ “新国立競技場問題、工事費の試算は「情報操作」? 検証委の資料から浮かび上がる疑惑”. ハフィントンポスト (ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン). (2015年8月9日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/08/national-stadium_n_7960808.html 2017年10月28日閲覧。 
  35. ^ “【WEB編集委員のつぶやき】朝鮮学校の無償化不適用「不条理」と語り、「SEALDs」集会に参加 前川喜平氏に慄然とした”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年8月19日). http://www.sankei.com/politics/news/170819/plt1708190013-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  36. ^ a b c d “【前川喜平さんに聞く 下】 常に少数者へのまなざし 不登校の経験が原点に”. 47NEWS. 共同通信社 (全国新聞ネット). (2017年10月5日). http://www.47news.jp/47topics/e/295597.php 2017年10月29日閲覧。 
  37. ^ 室井佑月の連載対談「アベを倒したい!」第7回ゲスト 前川喜平(後編)
  38. ^ 安倍政権をジワジワ追い詰めた、前川喜平氏の「人間力」
  39. ^ a b “前川前次官、講演で夜間中学の重要性語る 加計にも言及”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年8月2日). http://www.asahi.com/articles/ASK826HL9K82UTIL040.html 2017年8月27日閲覧。 
  40. ^ “「万死に値」硬い表情で謝罪 文科省天下り集中審議”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年2月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H1H_X00C17A2CC0000/ 2017年5月26日閲覧。 
  41. ^ “前川喜平前次官が「せめて定年まで次官を続けさせて…」と懇願していた!?”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年6月7日). http://www.sankei.com/politics/news/170607/plt1706070054-n1.html 2017年5月28日閲覧。 
  42. ^ “「気は優しくて力持ちの文科省に」次官、全職員へメール”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年1月20日). http://digital.asahi.com/articles/ASK1N563DK1NUTIL031.html 2017年5月28日閲覧。 
  43. ^ “「文書の存在確認できず」 菅義偉官房長官 重ねて否定”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年5月25日). http://www.sankei.com/politics/news/170525/plt1705250019-n1.html 2017年5月26日閲覧。 
  44. ^ “前次官に退職金5千万円超支給か”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年2月22日). http://www.sankei.com/affairs/news/170222/afr1702220035-n1.html 2017年7月13日閲覧。 
  45. ^ a b “天下りあっせん 前川・前文科次官、退職金巡り議論”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年2月8日). https://mainichi.jp/articles/20170208/ddm/041/010/119000c 2017年7月13日閲覧。 
  46. ^ a b c “前川喜平氏、大臣への辞意申し出は京都視察中? 松野博一文科相が疑義”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年7月11日). http://www.sankei.com/life/news/170711/lif1707110030-n1.html 2017年8月3日閲覧。 

自己公表された情報源・公式サイト・プレスリリース[編集]

  1. ^ 「高校無償化」 各地の朝高生代表たち、文科省へ要請”. 朝鮮新報. 在日本朝鮮人総聯合会 (2010年8月2日). 2017年10月28日閲覧。
  2. ^ 前川喜平 (2005年11月8日). “前川喜平の「奇兵隊、前へ!」(その15)義務教育費に利権はない:義務教育費国庫負担金について:So-netブログ”. 2017年10月28日閲覧。
  3. ^ 新国立競技場整備計画経緯検証委員会”. 文部科学省. 2017年10月28日閲覧。
  4. ^ 【コラム】まえかわの「ま、え〜か」番外編 方言の復権”. 初中教育ニュース(初等中等教育局メールマガジン)第108号:文部科学省 (2009年1月30日). 2017年10月29日閲覧。
  5. ^ 天下りあっせん前川・前文科次官、退職金巡り議論 (PDF)”. 日本記者クラブ (2017年2月8日). 2017年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
土屋定之
文部科学事務次官
2016年-2017年
次代:
戸谷一夫
先代:
板東久美子
文部科学審議官
2014年-2016年
次代:
小松親次郎