山中伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山中伸一(やまなか しんいち、1954年3月13日 - )は、日本文部科学省官僚。文部科学事務次官を経て、駐ブルガリア特命全権大使山梨県生まれ。消費者庁長官板東久美子は入省同期。

略歴[編集]

2012年3月12日アメリカ合衆国教育省にて教育副長官アンソニー・ミラー(右)と

人物[編集]

  • 生涯学習政策局所管の財団法人の交流会に、官房長時代・初等中等教育局長時代・事務次官時代に来賓として出席している[3]
  • 2013年9月11日・12日に開催された民間団体主催のコンベンション「東京セミナー」の2日目に、「グローバル化と日本の教育」というテーマで講演を行った。山中はこの中で、イギリスタイムズ紙付録冊子「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」が発表する世界大学ランキング上位200校に入る日本の大学を、2020年までに10校ぐらいまでに増やすのが目標であると述べた[4]
  • 官民協働海外留学創出(トビタテ!留学JAPAN)事業の「留学促進広報戦略本部」の本部長に就任し[5]、 同 AKB48〔公式〕動画の2分2秒から自らもダンスを踊って広報宣伝に努めた[6]
  • 2014年7月13日に民間企業主催のコンベンション「国際女性ビジネス会議」に出席し、「未来を動かす子どもたちを育てる」と題した分科会のパネルディスカッションでパネリストを務めた[7]
  • 文部科学省顧問に就任してからも精力的に講演をこなしており、パソナでは在日留学生を対象にした合同企業説明会『JOB博』の基調講演を行っている[8]。なお、山中はパソナ・グループの迎賓館「仁風林」で接待を受けた政・財・官界人の中で、マスコミに名前が取り沙汰された官僚だった[9]

脚注[編集]

  1. ^ 文科次官に山中氏内定 旧文部省出身 - JPN47NEWS(2013/06/15 17:55【共同通信】)。
  2. ^ ブルガリア大使に山中氏時事通信2016/06/17
  3. ^ 交流会の開催 - 一般財団法人生涯学習開発財団。
  4. ^ 第7研修 テーマ:「グローバル化と日本の教育」 - 福岡産業振興協議会 「第20回東京セミナー」。
  5. ^ トビタテ!フォーチュンクッキー 留学JAPANバージョン / AKB48〔公式〕 (スクリーンショット) - 国会傍聴記 by 下町の太陽。
  6. ^ トビタテ!フォーチュンクッキー 留学JAPANバージョン / AKB48〔公式〕 (YouTube 動画) - 文部科学省が投稿・公開(2014年2月13日)。
  7. ^ 未来を動かす子どもたちを育てる - 第19回 国際女性ビジネス会議(株式会社イー・ウーマン)。
  8. ^ ニュースリリース (2016.02.29) - パソナ・ホームページ。
  9. ^ ASKAで話題の“接待パーティー” 高級官僚も常連だった (2014年5月31日). 日刊ゲンダイ。

外部リンク[編集]

  • (日本語)大使挨拶ジ(在ブルガリア日本国大使館公式ホームページ)
先代:
森口泰孝
文部科学事務次官
第8代:2013年 - 2015年
次代:
土屋定之