スーパーグローバル大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スーパーグローバル大学(スーパーグローバルだいがく)とは、日本国外の大学との連携などを通じて、徹底した国際化を進めて、世界レベルの教育研究を行う「グローバル大学」を重点支援するために2014年平成26年)に文部科学省が創設した事業であり、支援対象となる大学。

全国30校程度を指定し、大学教育のグローバル化を進めて、日本の大学の国際競争力の向上を進め、グローバルな舞台で活躍できる人材の育成を目的にしている。対象の大学は国立・公立・私立を問わない。また旧帝国大学は全校が対象となっている。

日本学術振興会が委員会を設け、この事業に関する審査・評価を実施する[1]

指定の経緯[編集]

文部科学省2014年(平成26年)4月に以下の2種類のタイプの大学を公募した[2]

  • トップ型 :世界大学ランキングのトップ100を狙う実力がある、世界レベルの研究を行う大学
  • グローバル化牽引型:これまでの実績を基に、新たな取り組みに挑戦し、日本のグローバル化を牽引する大学[3]

同年5月に締め切られ、「トップ型」に16件、「グローバル化牽引型」に93件、計109件の応募があった[4]。文科省が同年9月に審査結果を発表。「トップ型」に13校、「グローバル化牽引型」に 24校の計37校を指定した[5]

本命とみられていた一橋大学神戸大学同志社大学などが落選するなど、波乱含みの展開となった[6] [7]

指定校[編集]

※は前身の国際化拠点整備事業(グローバル30)指定校。

トップ型指定校[編集]

大学名 設置 事業規模 構想
北海道大学 国立 約70億円 [1]
東北大学 国立 約70億円 [2]
筑波大学 国立 約48億円 [3]
東京大学 国立 約58億円 [4]
東京医科歯科大学 国立 約54億円 [5]
東京工業大学 国立 約53億円 [6]
名古屋大学 国立 約61億円 [7]
京都大学 国立 約51億円 [8]
大阪大学 国立 約55億円 [9]
広島大学 国立 約46億円 [10]
九州大学 国立 約83億円 [11]
慶應義塾大学 私立 約67億円 [12]
早稲田大学 私立 約100億円 [13]

グローバル化牽引型指定校[編集]

大学名 設置 構想
千葉大学 国立 [14]
東京外国語大学 国立 [15]
東京芸術大学 国立 [16]
長岡技術科学大学 国立 [17]
金沢大学 国立 [18]
豊橋技術科学大学 国立 [19]
京都工芸繊維大学 国立 [20]
奈良先端科学技術大学院大学 国立 [21]
岡山大学 国立 [22]
熊本大学 国立 [23]
国際教養大学 公立 [24]
会津大学 公立 [25]
国際基督教大学 私立 [26]
芝浦工業大学 私立 [27]
上智大学 私立 [28]
東洋大学 私立 [29]
法政大学 私立 [30]
明治大学 私立 [31]
立教大学 私立 [32]
創価大学 私立 [33]
国際大学 私立 [34]
立命館大学 私立 [35]
関西学院大学 私立 [36]
立命館アジア太平洋大学 私立 [37]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]