南部靖之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南部 靖之(なんぶ やすゆき、1952年1月5日 - )は、日本の企業家パソナ創業者で、代表取締役グループ代表兼社長を務める。大阪大学大学院国際公共政策研究科客員教授

人物[編集]

兵庫県神戸市出身。兵庫県立星陵高等学校関西大学工学部卒業。学位工学士(関西大学)。

ベンチャー企業の起業家が一般的ではなかった1970年代当時、ソフトバンク孫正義エイチ・アイ・エス澤田秀雄とともにベンチャー三銃士と称された。

小泉政権の総務大臣だった竹中平蔵をパソナ社の「取締役会長」及び「アドバイザリーボード」のメンバーとしている。

映画を制作するときのように、決まった期間だけ人やお金が集まり、終わったらぱっと解散する。僕はそれを「オーディション型雇用」と呼んでいる。正社員でいるとリストラや定年がある。フリーターのような立場なら本当の意味で一生涯の終身雇用が可能だ。だから今は不安定といわれているフリーターが安定した働き方になる。 — 南部 靖之、「日本経済新聞」2005年10月21日付

投資ジャーナル事件で逮捕された中江滋樹とは盟友関係にあった。 また、2014年に覚醒剤取締法違反等の容疑で逮捕されたASKAとその愛人女性との出会いの場となったパソナ迎賓館「仁風林」で開かれた秘密パーティーの主宰者が南部だった[1][2]

経歴[編集]

関西大学在学中、「家庭の主婦の再就職を応援したい」という思いで卒業を一月後に控えた1976年2月に、労働者派遣事業(当時は「人材派遣」と呼ばれていた)の「テンポラリーセンター」を設立した。当時、オイルショックの影響もあり、各企業ともに経営縮小を余儀なくされており、南部の派遣ビジネスは多くの企業から歓迎され、事業は急成長を遂げる。

1987年以降、家族と共に米国コネチカット州に移住する。1993年1月にテンポラリーグループのCEO(最高経営責任者)に就任し、同年6月には商号とグループ名を「パソナ」に変更した。阪神淡路大震災の復興事業に貢献する。

2014年現在、パソナ代表取締役グループ代表兼社長として人材派遣を通じたビジネス開拓に努めている。

また、農業従事者の減少と都市部や製造業での失業問題の受け皿として、非正規派遣農業労働者市場を創出しようと活動を行っている[3][4]

語録[編集]

  • 「フリーターこそ終身雇用」「正社員でいるとリストラや定年がある。フリーターのような立場なら本当の意味一生涯の終身雇用が可能だ。だから今は不安定と言われているフリーターが安定した働き方になる。」
  • 「働く者から見た豊かさは、お金以上に自分の夢の達成や自由な環境で仕事をすることにある。収入が低くても、自分の価値観やライフスタイルに合わせた働き方を望んでいるがフリーターです。」
  • 「正社員が安定した雇用で一番常識的な働き方という考え方は、20年後には非常識になっているかもしれない。人がいるところに会社や仕事がやってくる。突き詰めて言えば雇用という概念がなくなる。」

著書[編集]

主著・共著[編集]

寄稿[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]