パネルディスカッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パネルディスカッション(panel discussion)とは、討論形式の一つ。掲げられたテーマについてパネラーと呼ばれる複数の議論参加者が異なる意見を表明しながら討論を進めるもの[1]1990年代頃から盛んに行われるようになった。口語ではパネルディスと略されることもある。

形式[編集]

それぞれの討論者が順番に意見を述べ、その後にお互いに議論を行い、会場からの質問にも応じるといった形式が一般的である。

パネルディスカッションの討論に加わる者をパネラーまたはパネリストという。そして討論をまとめる司会役(まとめ役)をコーディネーターまたはファシリテーターという[1]。時間配分上や話をまとめる都合上、パネリストは5人前後が適切と考えられている。パネリストの人選も重要であり、同じ意見の人物を集めてもあまり意味がなく、互いに別の観点から考察できる人物を選ぶ必要がある。コーディネーター(ファシリテーター)はパネラーの意見の共通点を探ったり、パネラーから出された問題点や打開策に注目しながら議論を進行する[1]

日本では、新聞社政府自治体学術団体主催のものなどが多く開催されている。 近年では学校の授業として行われることもある。

出典[編集]

  1. ^ a b c 村松 加王里 『会話が続くコツ』 すばる舎、2015年、78-79頁。

関連項目[編集]