Virtual Cast

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Virtual Cast
開発元 ドワンゴ
インフィニットループ
初版 2018年4月13日(2年前) (2018-04-13
対応言語 日本語
サポート状況 継続中
公式サイト https://virtualcast.jp/
テンプレートを表示
株式会社バーチャルキャスト
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
060-0031
北海道札幌市中央区北1条東4丁目1番地1 サッポロファクトリー1条館
代表者 代表取締役社長 松井 健太郎
資本金 1億円
純利益 ▲6億0226万8000円(2019年12月31日時点)[1]
総資産 4億9820万5000円(2019年12月31日時点)[1]
外部リンク https://virtualcast.jp/
テンプレートを表示

Virtual Cast(バーチャルキャスト)は、ドワンゴインフィニットループが共同開発したVRライブ・コミュニケーションサービス[2]。現在は両社合弁の株式会社バーチャルキャストが開発・運営している。

2018年4月13日の『【第3弾】ニコニコ超会議2018発表会』で発表され、同日にサービスが開始された[3]。niconicoユーザーのみゅみゅが開発していた企画にドワンゴが協力した形となっている(みゅみゅ本人は、株式会社バーチャルキャストのCVO(最高仮想化技術責任者)に就任)。

2019年7月31日(Ver1.7.0b)からSteamでの配布形態に変更、2020年3月から先行実装のβと、安定した運用の正式版の2形態で配布する。商用ライセンス形態は、個人向けのコンシューマー、法人向けのビジネス、バーチャルキャスト社が番組制作をサポートするエンタープライズの3つにわかれている。


概要[編集]

VRChatのような、VR空間でのコミュニケーションツールである。インターネット生配信では、ニコニコ生放送(ソフト連携可)、YoutubeLive(ソフト連携可。2020年5月21日、GoogleAPIの仕様上法人向け2種のみ。360度動画対応)、OPENREC.tvツイキャスTwitchSHOWROOM(ソフト連携可)、REALITYに対応している。対応サイトの一つであるniconicoにおいては主にユーザー生放送(およびチャンネル生放送)で使われるが、バーチャルYouTuberの出演するニコニコ公式の番組にもしばしば用いられる。

VR空間上で他の配信者の放送に直接訪れる「凸機能」(可否設定可能)や、視聴者側でTwitterやニコニコ生放送・SHOWROOMのコメント・画像を配信空間上に投稿させる形で干渉できる独自の視聴者投稿機能、その他にもVR空間内でのお絵かき機能やカメラなど配信を充実させるための豊富な機能が備わっている。また、VR機器がなくても「ダイレクトビューモード」にすることで、PCモニター上から直接操作することもできる。

2018年4月13日にサービスの提供が開始された後も継続的にバージョンアップを重ねている。

2019年5月末にはWright Flyer Live Entertainmentが提供する配信サービス「REALITY」での配信を可能にする事業提携が結ばれた。同年6月上旬にはSHOWROOMとの事業提携を発表、当ツールを用いて配信が行えるようになったほか、2社合同による公式番組も決定した。

THE SEED ONLINE[編集]

VR空間サービスに、演出や手持ちができるアイテムを投入することができるデータ登録型サービス。バーチャルキャスト以外のサービスでも連携を結ぶことが可能。

ユーザーがバーチャル空間の環境を構築できる「THE SEED ONLINE」(ソードアート・オンラインの作中用語に由来)の構想も発表され、2019年2月23日にα版が公開された。これによりVR空間内で使用できるアイテムや、ゲーム機能、その他特殊演出の開発と公開が可能になる。これらはバーチャルキャストのほか、カスタムキャストやSHOWROOM Vへも対応する。2020年3月下旬には取り込めるアイテムの上限解放や、販売のシステムを実装したβ版が公開。2020年夏に本稼働の完成版が公開された。

Vギフト[編集]

視聴者からのギフティング機能(いわゆる投げ銭(厳密には報酬制[注釈 1]))。バーチャル空間内に接触可能なアイテムを投入することができる。

2018年8月よりニコニコ生放送ではniconicoが行っている「クリエイター奨励プログラム」の一つとして「Vギフト」[注釈 2](視聴者側のVギフト用アイテム購入の総数に応じて、配信者に報酬が支払われる。実装時は実験放送での配信のみ可能となっており、その後本実装された。スマートフォンアプリではニコニコ生放送用アプリ(元nicocasアプリ)のみ対応)。

2019年11月28日以降は、SHOWROOMのギフティングにも対応した。Youtubeのスーパーチャットの場合は、メッセージが記載されたカード状のアイテムで送られる。

マイルーム[編集]

2020年11月12日のアップデートでβ版から使用可能になった機能。

実装前までにあった全体交流用の空間を「スタジオ」、ユーザー個人が詳細に制作可能な「ルーム」として分離。 ルームでは、自身および遊びに来たユーザーが設置したVCIは、部屋自体を切り替えてのそのまま残るようになっている。また、コライダーに対応した。

その他[編集]

ドワンゴにおいてはインフィニットループと配信をニコニコ生放送で行うVirtual Castのシステムを経営しているが、2018年7月-12月の第一期最終赤字が1億5650万円に至った。また、2019年4月22日に新事業「TUNEDiD」に切り替えて赤字補填のため、同年4月15日にVTuber事業子会社「リド」および「葉邑ゆう」運営のワタナベアマダクションは解散されている[4]

2019年10月1日付けで、下記内容を含む製品開発・運用の拡充のため第三者割当増資等による約10億円の資金調達を行った。

その他、教育機関、リモートワークでの交流手段など、多方面での活用を提示している。ドワンゴ学園が運営しているN高等学校S高等学校でも運用を予定する。

AR(拡張現実)部門では、映像配信を通じて、現実のライブ会場と違和感なくリアルタイム合成するARライブシステム「polaris」が提供されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 直接的な金銭贈与は資金決済に関する法律(資金決済法)での資金洗浄(マネーロンダリング)に抵触するため、サービス提供者による仲介で報酬を払う形式
  2. ^ 報酬の受け取りを受諾した場合、迷惑配信におけるBANよりも厳しい基準で裁定される

出典[編集]

  1. ^ a b 株式会社バーチャルキャスト 第2期決算公告
  2. ^ バーチャルキャスト[Virtual Cast]”. 公式ウェブサイト. 2018年10月21日閲覧。
  3. ^ 【第3弾】ニコニコ超会議2018発表会”. ニコニコ生放送 (2018年4月13日). 2018年10月21日閲覧。
  4. ^ ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散”. ITmedia NEWS. ITmedia (2019年5月7日). 2019年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]