高橋通敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 通敏(たかはし みちとし、1914年大正3年)[1]3月18日 - 1989年平成元年)4月6日[2])は、日本外交官国際政治学者外交評論家

経歴・概要[編集]

熊本県出身[2]。熊本士族・高橋守雄の二男[3]1933年昭和8年)旧制五高文科乙類[1]を経て、東京帝国大学法学部、ミュンヘン大学を卒業し[2]、その後外務省に入省する。

1957年(昭和32年)外務省条約局長。1966年(昭和41年)スウェーデン駐箚特命全権大使。外務省研修所長を経て、1970年(昭和45年)エジプト駐箚特命全権大使などを歴任した。

退官後は、1973年(昭和48年)から日本国際問題研究所理事長を務めた[4]。1984年勲二等旭日重光章受章[2]。1985年からは創価大学教授を務めた[2]

1989年、急性白血病のため死去[2]

人物[編集]

国際政治や外交に関する著書、訳書も多い。父は警視総監高橋守雄[5]。妻は新田帯革製造所(現ニッタ)代表新田宗一の二女[5]

著作[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “五高の歴史~卒業生~熊本大学五高記念館”, 熊本大学五高記念館, http://www.goko.kumamoto-u.ac.jp/history9.html 2018年1月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f 『現代物故者事典 1988~1990』(日外アソシエーツ、1993年)p.373
  3. ^ 『人事興信録 第7版』た105 - 106頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年5月25日閲覧。
  4. ^ “JIIA-日本国際問題拳研究所-沿革 歴代理事長・所長”, 日本国際問題研究所 
  5. ^ a b 『人事興信録 第14版 下』タ149頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年5月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。

外部リンク[編集]

先代:
島津久大
日本国際問題研究所理事長
5代:1973年-1977年
次代:
大野勝巳