斎藤邦彦 (外務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

斎藤 邦彦(さいとう くにひこ)は、日本外交官

経歴[編集]

外務省主流派を歩んだエリート官僚であり、「ミスター外務省」「外務省のドン」と畏怖された人物である。今でも外務省に絶大な影響力を持つとされる。

1958年(昭和33年)に東京大学法学部を卒業後、外務省に入省。同期に佐藤嘉恭(官房長、中国大使)など。英語研修(イギリス)を経て、スイス、マレーシア、フランス、ベルギー(EC)にて勤務。条約局長、イラン大使、外務審議官などを歴任し、1993年(平成5年)外務事務次官を務める。1995年(平成7年)、駐米国大使に就任した。

1999年(平成11年)に外務省を退官した後は国際協力事業団(JICA)の総裁を務めていたが、2001年外務省機密費流用事件の責任を問われ、給与自主返納をしたものの、小泉純一郎総理大臣の意向で更迭された[1]。その後、国際親善協会(FEC、現在の民間外交推進協会)の理事長を務めた。2006年、北鎌倉女子学園理事長に就任。 2009年、瑞宝大綬章受章[2]

その他[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「<小泉首相>田中外相要望の人事先送りは認めず やま場を迎える」毎日新聞2001年8月2日
  2. ^ 斉藤邦彦理事長が瑞宝大綬章を授与されました