森健良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 健良(もり たけお)は、日本外交官。経済外交担当大使外務省北米局長を経て、外務審議官(政務担当)。

経歴・人物[編集]

東京都出身。1983年東京大学法学部卒業、外務省入省[1]在アメリカ合衆国日本国大使館公使を経て、2013年外務省経済局参事官[2]、経済外交担当大使[3]。2014年外務省経済局審議官、経済外交担当大使。2015年外務省北米局[4][5]。2018年から外務審議官(政務担当)[1]を務め、イーゴリ・モルグロフロシア外務次官との日露次官級協議などにあたった[6]。その後、日露平和条約交渉の実務担当者として、首相特別代表に指名される[7]

同期[編集]

脚注[編集]