ジュネーブ軍縮会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加盟国

ジュネーブ軍縮会議(ジュネーブぐんしゅくかいぎ、: Conference on Disarmament, CD)は、スイスジュネーヴに置かれている常設の軍縮会議機関。旧称はジュネーブ軍縮委員会(ジュネーブぐんしゅくいいんかい、: Committee on Disarmament)。軍縮に関する多国間交渉を行う唯一の機関である[1]。単に軍縮会議または軍縮委員会と呼ばれることもある。

国際連合の下部組織ではないものの、国際連合ジュネーブ事務局の事務局長が軍縮会議の事務局長を兼任するなど、事務局機能は国際連合軍縮部英語版(UNODA)が務めており[2]、国連とは密接な関係を有している。

議題[編集]

ジュネーヴ軍縮会議では、以下を議題とする[1]

  1. 核軍備競争停止および核軍縮
  2. 核戦争防止
  3. 宇宙における軍備競争の防止
  4. 非核兵器国に対する安全保障の供与
  5. 放射性兵器等新型大量破壊兵器
  6. 包括的軍縮計画
  7. 軍備の透明性

歴史[編集]

締結された主な条約[編集]

ジュネーヴ軍縮会議及びその前身組織では数多くの条約が締結されてきた。以下はその代表例である。

交渉方法[編集]

毎年、3会期回開かれる本会議へ[1]、各国はジュネーヴ軍縮会議担当の特命全権大使を派遣し、これらの大使が軍縮について協議する。日本はジュネーヴに軍縮会議日本政府代表部を置き、大使を派遣している。歴代の大使の中には猪口邦子もいた。

近年は実質的交渉や議論の行われない停滞状態が続いている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 現代用語検定協会『現代用語の基礎知識 学習版』自由国民社、2013年2月、ISBN 9784426115661
  2. ^ a b c d e f An Introduction to the Conference Conference on Disarmament
  3. ^ a b c d e ジュネーブ軍縮会議(CD) 外務省

外部リンク[編集]