須之部量三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

須之部 量三(すのべ りょうぞう、1918年2月15日 - 2006年2月14日)は、日本の外交官外務事務次官杏林大学名誉教授。東京府出身。旧制浦和中学(浦和高校)、旧制静岡高校静岡大学)を経て東京帝国大学法学部卒業。

来歴[編集]

1941年12月、外務省に入省。在ソ連大使館参事官、駐米公使、外務省アジア局長、駐オランダ大使、駐インドネシア大使、駐韓国大使を経て、1981年に外務事務次官に就任した。1983年から1993年まで杏林大学の教授となり、その後名誉教授となった。竹島問題などについて『解決しないことをもって解決とする』と説いていた[1]

異例の人事[編集]

通常、事務次官は年次順に就任する。しかし、須之部の前任の高島益郎は須之部より年次が2年も下だった。

脚注[編集]

  1. ^ 五輪で竹島PRして国内で批判あがらぬ韓国は「国際常識ない」SAPIO 2012年(平成24年)9月19日号

関連項目[編集]