後宮虎郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うしろく とらお
後宮 虎郎
生誕 1914年4月22日
京都府
死没 (1992-06-12) 1992年6月12日(78歳没)
東京都港区
死因 肺炎
墓地 多磨霊園
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学法学部
子供 3人
父:後宮淳
親戚 祖父:吉見信一

後宮 虎郎(うしろく とらお、1914年4月22日 - 1992年6月12日)は、日本外交官。駐オランダ大使、駐タイ大使、駐大使や国立京都国際会館の館長を務めた。

生涯[編集]

1914年京都府で生まれ、父は後宮淳、母方の祖父は吉見信一という軍人の一家に育つ[1]東京帝国大学在学中の1936年外交科試験に合格し、1937年法学部を卒業して外務省に入省した[2]1938年徴兵され、京都市伏見区にある陸軍輜重隊に所属し[3]二等兵から始まり終戦前には中尉まで昇進している[1]

外務省に戻り、1952年にはアジア局2課長として日華平和条約の交渉に参加した[4]。また、第1次および第2次の日韓会談にも随行している[1]。官房総務参事官、駐タイ公使を経て[2]1962年外務審議官となり、同年アジア局長に就任[1]日韓国交正常化交渉を担当し、特に争点となった日韓併合条約を有効と認めるかという問題では、韓国側の主張する「null and void(無効)」という文言の前に「already(既に)」という一語を入れる事を提案し、無効化時期の解釈に幅を持たせることで合意した[5]

1966年に駐オランダ大使1968年に駐タイ大使となる[6]。1972年から駐韓国大使を務め、在任中に発生した金大中事件文世光事件に対処した[7]1975年2月に退官した後、高山義三の死去を受けて後任の国立京都国際会館長に就任[8]1992年6月12日肺炎のため東京都港区の病院で死去し、東京聖三一教会で葬儀が行われた[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 読売新聞、1962年9月26日付朝刊、P.2
  2. ^ a b 朝日新聞、1966年4月5日付夕刊、P.1
  3. ^ 朝日新聞、1984年1月21日付夕刊、P.1
  4. ^ 朝日新聞、1987年12月1日付朝刊、P.6
  5. ^ 朝日新聞、2000年8月25日付朝刊、P.31
  6. ^ 朝日新聞、1968年3月12日付夕刊、P.2
  7. ^ a b 朝日新聞、1992年6月13日付朝刊、P.31
  8. ^ 朝日新聞、1975年6月9日付朝刊、P.6