村井倉松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村井倉松
むらい くらまつ
Murai Kuramatsu.jpg
生年月日 1888年
出生地 日本の旗 日本 青森県百石村
没年月日 1953年10月23日
出身校 東京高等商業学校一橋大学の前身)
前職シャム特命全権公使

Flag of Hachinohe, Aomori.svg 第8代八戸市長
当選回数 1回
在任期間 1951年4月25日 - 1953年10月23日
テンプレートを表示

村井 倉松(むらい くらまつ、1888年明治21年) - 1953年昭和28年)10月23日)は、日本政治家青森県八戸市の8代目市長

来歴・人物[編集]

青森県百石村(おいらせ町の前身)に生まれる。1911年明治44年)に東京高等商業学校一橋大学の前身)卒業1914年大正3年)高等文官試験外交科(外交官及領事館試験)に合格し、長春領事官補となる。

東亜同文書院商業学教師、外務省通商局第1課長、同第2課長、上海総領事、シドニー総領事などを務め、上海総領事時代には、第一次上海事変に対応し呉鉄城上海市長と協議を行った[1]上海天長節爆弾事件で、重傷を負う。シドニー総領事時代には、日豪通商航海条約締結に向けた交渉にあたった。1937年昭和12年)からシャム公使(駐タイ公使)を務め、友好通商航海条約に調印。退官後、1951年昭和26年)に八戸市長に就任したが、任期途中で死去した。

政策[編集]

病気のため市長在職はわずか2年であった。総合対策審議会を設置し、戦後間もない八戸市の本格的な長期ビジョン、グランドデザインに着手しその理念が後世に生かされたと評価されている。

また、八戸港の重要港湾指定、小中野漁港の着工に取り組んだ。

脚注[編集]

  1. ^ 上海事変 世界大百科事典

参考文献[編集]

  • 『八戸市議会史 記述編 下』(八戸市、1979年)
  • 『青森県人名事典』(東奥日報社、2002年)