石兼公博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石兼 公博(いしかね きみひろ、1958年昭和33年)1月4日 - )は、日本外交官外務省アジア大洋州局長、外務省総合外交政策局長、カナダ駐箚特命全権大使兼国際民間航空機関代表部大使を経て、国際連合日本政府代表部大使。

経歴・人物[編集]

山口県出身。1980年昭和55年)10月東京大学法学部在学中に外務公務員採用上級試験に合格する。1981年(昭和56年)東大法学部第二類を卒業して、外務省に入省した。

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) プレスリリース 「石兼ASEAN大使のスリンASEAN事務総長への委任状の提出」 (プレス・ステートメント)  プロフィール”. ASEAN日本政府代表部. 2014年4月15日閲覧。
  2. ^ (日本語) 外務省領事局長に三好氏起用 石兼 公博氏(いしかね・きみひろ=国際協力局長)”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2014年1月17日). 2014年4月15日閲覧。
  3. ^ 「外務省、総合外交政策局長に秋葉氏」日本経済新聞2015/9/25
  4. ^ 「外務次官に杉山氏決定 アジア大洋州局長は金杉氏 」日本経済新聞2016/6/14
  5. ^ カナダ大使に石兼氏を起用日本経済新聞
  6. ^ 国連大使に石兼氏を起用” (日本語). 日本経済新聞 (2019年10月8日). 2019年10月9日閲覧。
  7. ^ 葬儀では山田が同期を代表して弔辞を読んでいる。【イラク情勢】棺の上にゆかりの品 「涙が止まらない」外務省同期生ら”. 朝日新聞 (2003年12月6日). 2014年3月26日閲覧。(日本語)

外部リンク[編集]