岡村善文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡村 善文(おかむら よしふみ、1958年(昭和33年)1月13日 - 、61歳)は日本の外交官森喜朗の発案で最年少大使として駐コートジボワール特命全権大使を務め、外務省アフリカ部長等を経て、現在アフリカ開発会議担当特命全権大使、政府代表2025年国際博覧会誘致特使。

経歴[編集]

人物[編集]

1994年(平成6年)のルワンダ虐殺、1999年(平成11年)のコソボ紛争など、武力紛争が行われている地域に外務省国連を代表して派遣された経験がある。また、国際原子力機関(IAEA)を中心に国連外交の経験も豊富である。

2008年(平成20年)、北海道洞爺湖サミットアフリカ重視の姿勢を示すため、通常より若い年次でアフリカに大使を赴任させるという人事案の下で、戦後最年少50歳でフランス語圏の駐コートジボワール特命全権大使トーゴベナンブルキナファソニジェール駐箚兼務)に就任する。その際、上記の経験を有することから、自民党外交部会で当時の薮中三十二外務事務次官から「修羅場に強い男」と紹介される。

同様に、同年片上慶一英語研修)が英語圏の駐ガーナ大使に、越川和彦スペイン語研修)が、ポルトガル語圏の駐アンゴラ大使に就任した[5]

2011年(平成23年)には、大使公邸が武装集団に襲撃され、15時間の軟禁状態に置かれた。その際、フランス軍により救出され、パリに避難する。

2012年(平成24年)9月には外務省アフリカ部長となり、第五回アフリカ開発会議事務局長を兼務。2016年からアフリカ開発会議担当特命全権大使を務め、2017年からは2025年国際博覧会誘致特使等を兼務し、2025年万国博覧会の大阪招致構想実現のため、アフリカ諸国の首脳への働きかけなどを行った[6]

同期入省[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大使略歴(仏語PDF)
  2. ^ 「原田・日露関係担当大使が辞職…首相と距離」YOMIURI ONLINE2017年03月24日 19時40分
  3. ^ 「閣議及び閣僚懇談会議事録」kantei.go.jp
  4. ^ 「「2025年国際博覧会誘致特使」(万博誘致特使)が任命されました。」2025日本万国博覧会誘致委員会
  5. ^ 朝日新聞2008年07月25日
  6. ^ 「「おもてなし」が誘致の鍵 岡村善文さん・外務省政府代表 誘致特使に聞く」産経ニュース2017.11.15 06:00更新
  7. ^ 葬儀では山田が同期を代表して弔辞を読んでいる。【イラク情勢】棺の上にゆかりの品 「涙が止まらない」外務省同期生ら”. 朝日新聞 (2003年12月6日). 2014年3月26日閲覧。(日本語)