谷口誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

谷口 誠(たにぐち まこと、1930年3月31日 - )は、日本外交官経済学者。専門は南北問題国際経済国連貿易開発会議議長、日本人としての2人目のユニセフ議長、国連大使、日本人初OECD事務次長、早稲田大学教授等を歴任。

人物[編集]

大阪府出身。一橋大学大学院経済学研究科修了後、1958年にケンブリッジ大学を卒業し[1]新渡戸稲造にあこがれ、1959年外務省入省[1][2]。1960年にはケンブリッジ大学で修士号を取得。

国際連合新再生エネルギー会議議長や、国際連合貿易開発会議議長、日本人としての2人目のユニセフ議長、国連大使や日本人初のOECD事務次長を務めた後、早稲田大学教授、天津外国語学院客員教授等を歴任。2009年岩手県立大学第2代学長を退任し、いわて県民情報交流センターで新渡戸国際塾を設立会議を開き、同塾長[2][3]

国連やOECDなどでの経験を生かしたグローバルな視点が持ち味。ちなみに学長を務めていた岩手県立大学の学食には、谷口誠の名前から由来する、「まこちゃんラーメン」というメニューが存在する。2000年勲二等瑞宝章受章[3]。2014年東久邇宮記念会東久邇宮国際文化褒賞受賞[4]

略歴[編集]

この他以下のような役職を務める。

著書[編集]

  • 『南北問題―解決への道』サイマル出版会 (1993/04)
  • 『21世紀の南北問題―グローバル化時代の挑戦 (アジア太平洋研究選書)』早稲田大学出版部 (2001/05)
  • 『東アジア共同体―経済統合のゆくえと日本』岩波新書 (2004/11/19)

脚注[編集]

外部リンク[編集]


先代:
経済協力開発機構事務次長
1990年 - 1996年
次代:
重原久美春