国際経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際経済(International economy)とは、国民経済と国民経済の間を取り持つ経済領域である。国際経済が多くの国民経済を結びつけ世界経済を形成している。まれに、世界経済そのものを意味して使用される場合もある。

概要[編集]

古来より、国民経済に近い専制国家による経済囲い込みが行なわれてきた。また、それらの経済圏をつなぐ貿易取引が行なわれ市場が形成されていた。これが現代につながる国際経済の原型である。

国際経済も商取引などの基本は国内取引と本質的に同じであるが、国境における関税外国為替が関係するため様々な国際事情に影響を受けてきた。

現代においても、国際経済は世界中の情勢が影響するためリスクが大きくなりがちである。これは、商機も意味するため、多くの企業や経済人が国際経済に挑み続けている。

歴史[編集]

世界経済の歴史を参照