千葉皓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

千葉 皓(ちば こう、1909年4月15日[1] - 1984年1月20日[2])は、昭和時代(戦前から戦後)の日本の外交官

来歴・人物[編集]

米国サンフランシスコに生まれ、1922年に帰国する。1932年に東京帝国大学法学部を卒業後、外交官試験に合格し、同年11月に外務省へ入省する。英国勤務を経て、東亞局に勤務する。1942年中国在勤。戦後、一時大蔵省に勤務するが、1947年終戦連絡中央事務局連絡官、1948年会計課長に復帰した。1952年メキシコ在外事務所所長、同年4月同国大使館参事官。1954年2月サンパウロ総領事。

1955年4月欧米局長、1957年4月欧米局長を経て、同年12月メキシコ大使に任ぜられる。1960年8月イラン大使、1965年12月オーストラリア大使、67年8月ブラジル大使を歴任。

1970年10月に帰国し、依願退職する。1984年に死去した。

妻の歌子は、内閣総理大臣を務めた石橋湛山の娘である。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本著者名·人名典拠録』p.2741。
  2. ^ 『日本外交史辞典』p.561。
  3. ^ 中野文庫 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧

参考文献[編集]

  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『日本外交史辞典』山川出版社、1992年

関連項目[編集]