吉沢清次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉沢 清次郎(よしざわ せいじろう、1893年2月6日 - 1978年4月2日)は、日本外交官

長野県東筑摩郡松本町(現松本市)生まれ。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)、第一高等学校を経て、東京帝国大学を卒業後、1917年外務省に入省。1937年からアメリカ局長、1940年からカナダ特命全権公使に任じられた。外務次官を経て、1948年世界経済調査会理事長、1955年インド特命全権大使となる。1956年にはネパールとの外交関係樹立に伴いネパール大使を兼任。原子力委員会参与、日加協会会長などを歴任した。

参考文献[編集]

  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年
  • 『A Century of Encounters Between Japan and Nepal』 在ネパール日本国大使館 1997年