長野県松本深志高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長野県松本深志高等学校
Fukashi HS No1building.jpg
過去の名称 第十七番中學變則學校
第十八番變則中學校
公立松本中學校
東筑摩中學校
長野縣中學松本支校
長野縣尋常中學校
長野縣立松本中學校
長野縣松本中學校
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
学区 第4学区
校訓 自治自律・自学自習
一.克く学業に勉励せよ
一.身体を強健にせよ
一.世の悪風に染むことなかれ
設立年月日 1876年7月10日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 20175J
所在地 390-8603
長野県松本市蟻ケ崎三丁目8番1号

北緯36度14分51.9秒 東経137度57分57.7秒 / 北緯36.247750度 東経137.966028度 / 36.247750; 137.966028座標: 北緯36度14分51.9秒 東経137度57分57.7秒 / 北緯36.247750度 東経137.966028度 / 36.247750; 137.966028
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
長野県松本深志高等学校の位置(長野県内)
長野県松本深志高等学校

長野県松本深志高等学校(ながのけん まつもとふかしこうとうがっこう)は、長野県松本市蟻ケ崎にある県立高等学校

概要[編集]

設立[編集]

同校の前身は、1876年明治9年)に松本市中央の開智学校長野県で最古の小学校)内に「第17番中学変則学校」として創立された[1]

その後「松本中学校」などへの校名変更を経て、1948年昭和23年)に現在の校名として設立された[1]

「自治の精神」の校風から校則を一切持たないこと、制服がないことを特徴とする。

校名の「深志」とは松本市の古称「深志郷」に由来し、「扇状地伏流水がわき出る場所」を意味する。

なお、正式名称は他の長野県の高等学校と同様に「長野県立」ではなく、「長野県松本深志高校」である[1]

校舎[編集]

本校の管理棟・普通教室棟(第一棟)と講堂はともに2003年平成15年)4月8日から国の登録有形文化財となっている。

授業[編集]

授業は1日55分×6時限(木曜日 55分×6時限+LHR50分)を展開する。

土曜授業は2013年度から新学習指導要領が完全実施されるのに伴い、生徒の学習時間の確保と平日放課後の自主活動の時間確保のため開始された。ただし、毎週は実施されない。

2002年度から2003年度までの夏期は70分授業を実施していたが、従来(1957年 - )の65分5時間授業、土曜午前65分3時間授業に戻した。

2020年度より55分6時間授業になり、土曜授業が廃止された[要出典]

沿革[編集]

  • 1876年(明治9年) - 第十七番中學變則學校(第二大学区[2])として創立[1]
  • 1877年(明治10年) - 長野県師範学校松本支校に校舎移転、第十八番變則中學校(第六大学区[2])に校名変更。
  • 1880年(明治13年) - 公立松本中學校となる。
  • 1883年(明治16年) - 東筑摩中學校となる。
  • 1884年(明治17年) - 長野縣中學校設立にともない松本支校(本校:長野 支校:松本、上田、飯田)となる。(創立70周年までの創立起算年)
  • 1885年(明治18年) - 新校舎が松本城内二の丸に落成。(初めての旧制中學としての専用校舎をもつ)
  • 1886年(明治19年) - 第一次中学校令発令[注釈 1]により、県内4つの本支校を統合[注釈 2]長野縣尋常中學校となる。
  • 1893年(明治26年) - 長野、上田、飯田に支校を復活[注釈 3]設置。
  • 1898年(明治31年) - 校章(蜻蛉印)を制定。
  • 1899年(明治32年) - 長野縣立松本中學校となる。長野支校が上田支校をともない独立。
  • 1900年(明治33年) - 飯田支校、上田支校が独立。
  • 1901年(明治34年) - 大町分校を設置。
  • 1904年(明治37年) - 大町分校が独立。
  • 1919年(大正8年) - 校歌「蒼溟遠き」を制定。
  • 1920年(大正9年) - 長野県令38号により、長野縣松本中學校に改称。
  • 1935年(昭和7年) - 蟻ケ崎の現校舎に移転。
  • 1947年(昭和22年) - 第29回全国中等学校優勝野球大会に出場。
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革により長野県松本深志高等学校となる[1]
  • 1967年(昭和42年) - 西穂高岳落雷遭難事故が発生。
  • 1973年(昭和48年) - 長野県松本筑摩高等学校の開校に伴い、定時制を廃止。
  • 2003年(平成15年) - 文部科学省から学力向上フロンティアハイスクール事業の指定を受ける(3年間)。

教育目標[編集]

  • 広い分野で、確かな基礎学力を養う。
  • 生徒の個性や能力に応じ、その可能な限りの伸長発展を図る。
  • 生徒の自主性を尊重して、自治の精神を育てる。また、豊かな情操を養い、知情意のバランスのとれた、ゆとりある学校生活ができるようにする。

遺訓[編集]

旧制松本中学校初代校長小林有也が残した遺訓が現在も伝えられている。

一、諸子はあくまでも精神的に勉強せよ
一、而して大に身體の強健を計れ
一、決して現代の惡風潮に染み堕落するが如き事のあるべからず

校章[編集]

  • 「髙」の字(旧字体)にトンボがとまる図である(外部ページに図示あり)[3]
  • 文化祭も「蜻蛉(とんぼ)祭」と称し[3]、その名称は校章に由来する。
  • 制定は1893年明治26年)頃であり、当時は「中」の字だった。
  • トンボが採用された理由としては、同校の教職員であった小林俊樹および渡辺恭治郎によって次のように考察されている[3]
    • 明治20年代当時に発行されていた政治評論雑誌日本人』の表紙には毎号トンボが登場していた(トンボは日本の象徴とみなされることがあった。詳細は後述)。その創刊者のひとり杉浦重剛と、同校の初代校長であった小林有也が友人だったことから、同誌の影響を受けた可能性がある。また、同誌に描かれたトンボの羽の形状と本校章のそれが類似している[3]
  • かつて定められた制帽にも、1893年(明治26年)時点でこのトンボの校章が用いられていた[3]

校歌[編集]

1902年明治35年)に作られた初代校歌は、卒業生の勝山勝司が作詞し、 米久保善雄が作曲した[4]。歌い出しは〈蜻蛉嶋山たゝなはる…〉と続いた[3]が、あまり普及することなく忘れられていた[4]

1922年大正11年)に[1]、当時の在校生で文芸部委員であった松原威雄が初代校歌をもとに5日間程度で作詞した。作曲は東京音楽学校(現在の東京藝術大学助教授の岡野貞一が依頼されて行った[4]


歌詞は第1番から第5番まであり、第1番の歌詞は以下のとおり[3]同校ホームページに全歌詞が記載されている。

蒼溟(そうめい)遠き波の涯(はて) 黒潮たぎる絶東(ぜっとう)に たてり大和の秋津洲(あきつしま) 光栄(はえ)の歴史は三千年 そのうるはしき名を負へる 蜻蛉男児(あきつをのこ)に栄えあれ

なお、松原は作詞の2年後に卒業して早稲田大学へ進学したが、翌1925年(大正14年)に肺炎で死去した。わずか21歳であった[4]

意味[編集]

歌詞の意味として、当時4年生だった松原は次のように考案したという(大正12年2月28日発行の『校友』67号末尾より)[3]

  • 1番では校歌の徽章の由来を説いてそれを讃美し、
  • 2番では松中の特徴、否、生命とも言うべき自治を謳歌し、
  • 3番では歴史・過去を歌い、
  • 4番では現在を歌い、
  • 5番には未来に対する抱負というようなものを歌った。

「秋津洲」の意味[編集]

「秋津州」とは古事記に記載された「大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)」のことであり、日本本州を意味する[3]

さらに、この「豊秋津州」は「豊かなトンボの国」とも解釈できることから、「秋津洲」は日本および同校(松本中学校)の象徴であるトンボを同時に意味している[3]

行事[編集]

  • 郷友会 - 出身中学校を共にする生徒がそれぞれ運営する団体。夜行軍・蜻蛉祭の灯篭作り・試胆会などの年中行事を行う。ただ近年は夜行軍や試胆会は行われていない。
  • 深志清陵交歓会 - 1956年(昭和31年)より続く行事である。隣接通学区の諏訪清陵高校との交流の場であり、毎年6月に行われていたが、近年は行われていない。

部活動[編集]

特別活動としてのクラブ活動は、「運動協議会」(運動部)と「学芸協議会」(文化部)とによって構成される「合同協議会」によって総括される。クラブ活動の団体には、予算や生徒会の支援の違う、愛好会・同好会・部活動の3段階が設けられている。

  • 運動協議会
  • 学芸協議会

部活動の主な実績[編集]

野球部[編集]

サッカー部[編集]

男子硬式テニス部[編集]

弓道部[編集]

  • 第23回全国高等学校弓道選抜大会 男子団体ベスト8[県選抜予選優勝 県代表](2005年3月)
  • 第24回全国高等学校弓道選抜大会 男子団体ベスト8[県選抜予選優勝 県代表](2006年3月)
  • 第28回全国高等学校弓道選抜大会 女子団体出場[県選抜予選優勝 県代表](2010年3月)

放送委員会制作班[編集]

  • 第61回NHK杯全国高校放送コンテスト テレビドキュメント部門「舞装」 全国第3位(2014年)
  • 第62回NHK杯全国高校放送コンテスト テレビドキュメント部門「折衝会」 全国準優勝(2015年)
  • 第64回NHK杯全国高校放送コンテスト テレビドキュメント部門「鼎談深志」 全国優勝(2017年)
  • 第66回NHK杯全国高校放送コンテスト テレビドキュメント部門「最後のLHR」 全国優勝(2019年)
  • 第68回NHK杯全国高校放送コンテスト テレビドキュメント部門「つないで つないで!」 全国準優勝(2021年)

棋道部囲碁班[編集]

  • 第11回全国高等学校囲碁選抜大会 女子9路盤優勝[北信越大会準優勝 北信越代表](2017年)
  • 第43回全国高校囲碁選手権大会 男子団体7位[長野県大会優勝 県代表](2019年)
  • 第15回全国高等学校囲碁選抜大会 男子個人3位[北信越大会優勝 北信越代表](2021年)
  • 第45回全国高校囲碁選手権大会 男子団体準優勝[長野県大会優勝 県代表](2021年)
  • 第45回全国高校囲碁選手権大会 男子個人3位[長野県大会優勝 県代表](2021年)

Quiz研究会[編集]

尚学塾[編集]

同校の卒業生による在校生への特別講義。

学校週5日制(完全週休2日制)が実施された2002年(平成14年)4月に設立された。松本深志同窓会、松本深志高校PTA、(財)深志尚学会を共催団体とする。


特別講義[編集]

各分野で活躍する同窓生が、専門分野の話、体験談、後輩に送るメッセージなどを講義する。

卒業生が在校当時の各学級から一人ずつ、合計10人前後の講師を代表として選出し、彼らの経歴や演題をあらかじめ在校生に示す。在校生はその情報をもとにどの講義を受けるのか各自で選択して受講する。在校生からの人気が得られなかった場合、講義に一人の受講者も現れない可能性もある[7]

  • 2002年(平成14年)度から2004年(平成16年)度は、主に卒後50年の同窓生が担当していた。
  • 2005年(平成17年)度以降は、主に卒後50年と卒後30年の同窓生が担当している。

出身者[編集]

政治[編集]

学者[編集]

経済・法曹[編集]

文化人・スポーツ選手[編集]

その他[編集]

  • 松本深志高等学校卒

著名教職員[編集]

アクセス[編集]

舞台となった作品[編集]

ノンフィクション[編集]

  • 職員会議に出た犬・クロ(1998年 郷土出版社[10]
    • 著:藤岡改造[10](同校で国語科教諭を務めた)
    • 同校には1960年(昭和35年)から1972年(昭和47年)まで、「クロ」と呼ばれたが住み着いていた。クロは職員会議に出席し、授業の見回りをし、さらに夜間の警備の巡回を行っていた。当時の職員名簿にクロの名前も記載されたという。
    • この事実に一部フィクションを織り交ぜて作成された映画が、下記の「さよなら、クロ」である。
  • 学校犬クロ(2004年 角川書店[11]
    • 文:藤岡改造、絵:瀧川照子[11]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

進学先地域[編集]

同校の発表に基づき、2018年(平成30年)度から2020年(令和2年)度までの卒業生による大学大学校および専門学校への進学者数(新卒)を、それらの所在地域によって分類すると次の通りであった[15][16][17]

これらの期間においては、同校からは関東地方への進学者が圧倒的に多かった。次に長野県内での進学が多く、以降は大きく差が開いて近畿地方東海地方、また北陸地方などと続く順序になっていた[15][16][17]

各年度の進学先地域とその人数
地域[注釈 4] 2018年 2019年 2020年 合計
北海道 3 5 4 12
東北地方 8 9 6 23
関東地方 73 83 81 237
新潟県 1 6 4 11
長野県 35 31 44 110
山梨県 2 2 4 8
静岡県 3 2 0 5
北陸地方 11 7 12 30
東海地方 10 10 13 33
近畿地方 16 22 21 49
その他 5 3 6 14
合計 169 180 194 543

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 一府県一中学が原則になったため。同様に県庁所在地から離れて単一の中学校が置かれたケースは青森県福島県にもある。
  2. ^ 代償措置として長野町(当時)には長野県尋常師範学校が松本より移転した。
  3. ^ 1891年に設置条件が緩和されたことによる。
  4. ^ いわゆる「中部地方」から、一般的にいう「北陸地方」と「東海地方」を独立させた。残った長野県および隣接する新潟県、山梨県、静岡県についてはそれぞれ単独で計上した。 なお、本表での「関東地方」とは東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県の1都6県を指す。また「近畿地方」とは大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県の2府4県を、「北陸地方」とは石川県富山県福井県の3県を、「東海地方」とは愛知県岐阜県三重県の3県を指すものとする。必ずしも他の分類とは一致しない。
出典
  1. ^ a b c d e f 学校の歩み(沿革)” (日本語). 長野県松本深志高等学校 (2021年1月26日). 2021年8月18日閲覧。
  2. ^ a b 長野県教育史 第9巻史料編3
  3. ^ a b c d e f g h i j 校章の成り立ちと校歌・讃歌”. 長野県松本深志高等学校. 2021年8月18日閲覧。
  4. ^ a b c d 小松芳郎 (2020年5月21日). “トンボのめがね column【第101号】校歌のいわれ”. 深志同窓会. 2021年8月19日閲覧。
  5. ^ 松本深志高校野球部の歴史”. 長野県松本深志高校野球部. 2021年8月19日閲覧。
  6. ^ “112年前、松本深志が日本初スクイズ/長野1”. 日刊スポーツ. (2018年5月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/column/kunikarakoko/news/201805020000629.html 2021年8月19日閲覧。 
  7. ^ 清野吉光 (2018年7月23日). “清野吉光のコラム 団塊耕志録 - 第115回 50年後の”自分“に何を語るのか?”. システムオリジン. 2021年8月18日閲覧。
  8. ^ 創立者 上條秀介”. 昭和大学. 2018年3月7日閲覧。
  9. ^ 小口正行「松本中学校時代の野口源三郎」『日本体育学会大会号』37A、日本体育学会、1986年、 74頁、 NAID 110007677904
  10. ^ a b 藤岡改造『職員会議に出た犬・クロ』郷土出版社、1998年6月。ISBN 4876633886
  11. ^ a b 学校犬クロ』角川書店、2004年3月。ISBN 4048735276
  12. ^ 長野県松本深志高等学校管理普通教室棟‐松本のたから - 松本市教育委員会
  13. ^ 深志高の撮影場所、話題に NHK連続テレビ小説「ひよっこ」”. 信濃毎日新聞  (2017年4月5日). 2017年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月4日閲覧。
  14. ^ 「ニュース見て、考え作って」 池上さん講演 2014年9月16日「読売松本セミナー」[リンク切れ]
  15. ^ a b 平成30年度 進路状況(2019年4月24日現在) (PDF)”. 長野県松本深志高等学校 (2019年4月24日). 2021年8月19日閲覧。
  16. ^ a b 令和元年度 進路状況(2020年4月22日現在) (PDF)”. 長野県松本深志高等学校 (2020年4月22日). 2020年12月23日閲覧。
  17. ^ a b 令和2年度  進路状況(2021年4月21日現在) (PDF)”. 長野県松本深志高等学校 (2021年4月21日). 2021年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]