萩元晴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はぎもと はるひこ
萩元 晴彦
生誕 (1930-03-07) 1930年3月7日
長野県飯田市
死没 (2001-09-04) 2001年9月4日(71歳没)
死因 脳梗塞
出身校 早稲田大学文学部露文科
職業 テレビ制作者、プロデューサー実業家
萩元隼人、萩元たけ子
テンプレートを表示

萩元 晴彦(はぎもと はるひこ、1930年(昭和5年)3月7日 - 2001年(平成13年)9月4日)は、日本のテレビ制作者、音楽プロデューサー、実業家テレビマンユニオン初代社長。

来歴[編集]

テレビ草創期の名プロデューサー[編集]

長野県飯田市出身。父・萩元隼人は、労働運動家で日本社会党左派社会党公認で長野4区から総選挙に出馬したが、1953年の総選挙公示直前に急死した。このため身代わりとして母・萩元たけ子が立候補。トップ当選を果たし、衆議院議員を1期務めた。

1937年に一家で上京し、自由学園に学ぶ。幼少のころは虚弱児童で、小学校は病気がちで欠席が多かった。しかし勉学の方は大変早熟であり、小学校1年生のときに6年生までの漢字はほとんど読めた[1]。45年、長野県南安曇郡烏川村(現安曇野市)に移り、旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)疎開入学した。連日故なき暴力的制裁を受けたと自伝に記しており、そのいじめに対抗、野球部に入部する[1]。47年夏、新潟での全国中学野球信越大会の決勝で延長23回を完投し、4対2で松本市中を破って優勝した。甲子園第29回全国中等学校優勝野球大会)には下駄履きで米を背負って出場したが、2回投げてノックアウトの惨敗を喫した[2]

1953年早稲田大学文学部露文科卒業後、ラジオ東京(現TBSテレビ)に入社[3]。「神これを癒し給う・心臓外科手術の記録」「三元宇宙中継/東京・ベルリン・ローマ 今語ろう世界の若者たち」など数々の作品を制作。また61年を最盛期として、労音の構成、演出を担当しており、当時1年間で60回も東京で演出を担当した。加えて大阪労音でも同じくらい演出しており、これだけ激しい内職をしたTBSの社員はほかにいなかっただろうといわれている[2]

1970年にTBSの仲間25人と共に同社を退社。日本初の独立系テレビ番組制作会社・テレビマンユニオンを創立し、初代社長に就任する[3]。旅番組のさきがけである『遠くへ行きたい』や、日本初の3時間ドラマ『海は甦える』などをプロデュースしたが、特にクラシック音楽に関する番組を数多く制作。『オーケストラがやって来た[4]、TBS創立30周年記念番組『カラヤンとベルリンフィルのすべて』などを手がけた[5]1986年会長に退く[3]

遺作は、2001年の新春スペシャルドラマで、病身で勝負に打ち込む棋士・村山聖を描いたドラマ『聖の青春』。萩元が大崎善生の原作に惚れ込んで、出版元の講談社と直談判。ドラマ化権を獲得し、村山の地元の放送局・中国放送での制作・放送にこぎつけた。同年9月4日、脳梗塞で死去。71歳だった。葬儀は、萩元とゆかりの深い(後述)カザルスホールで行われた。音楽葬の形をとり、今井信子堀米ゆず子らの弦楽演奏、小澤征爾井上道義指揮による新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏を織り交ぜながら進行した。

世界的指揮者・小澤征爾との友情[編集]

指揮者・小澤征爾とはTBS時代からの親友。かつて小澤がNHK交響楽団と対立し、日本の音楽界から孤立したいわゆる「小澤事件」の際、萩元は小澤に日本武道館第九を指揮する番組企画を持ちかけた。これが、初期TBSの名ドキュメンタリーと言われる「現代の主役・小澤征爾"第九"を揮る」である。

その後も二人の「撮る」「撮られる」関係は続き、『北京にブラームスが流れた日〜小澤征爾・原点へのタクト〜』(1978年)、『クラシックスペシャル 先生聞いてください・斎藤メモリアルコンサート』(1984年)、『赤い夕日〜小澤征爾,故郷の指揮台に立つ〜』(1994年)など数々の番組で小澤を記録しつづけた。

1998年には長野オリンピックにおける開会式・閉会式の総合プロデューサーを務めたが[3]、この際にも萩元は親友の小澤に協力を依頼。世界各地をテレビ中継でつなぎ、小澤指揮のもと同時に第九を合唱するという企画を実現させた。

音楽プロデューサーとして[編集]

クラシック番組に長年携わってきた経験が評価され、サントリーホールが開館の際に、オープニングシリーズ総合プロデューサーとして企画制作にあたった[5]

また、1987年には新しくオープンしたカザルスホールの総合プロデューサーに就任した[5]

その他[編集]

テレビマンユニオンをともに立ち上げた、村木良彦今野勉との共著『お前はただの現在にすぎない テレビになにが可能か』はテレビ論を語った名著として、いまも語り継がれている。

受賞[編集]

  • 1954年 民放祭賞(ラジオ社会報道番組部門)
  • 1966年 民放祭賞(テレビドキュメンタリー部門)
  • 1966年 芸術祭奨励賞
  • 1967年 ギャラクシー賞
  • 1971年 放送批評家懇談会第15回期間選奨
  • 1972年 放送批評家懇談会第20回期間選奨、テレビ大賞審査委員会優秀番組賞
  • 1974年 放送批評家懇談会第30回期間選奨
  • 1975年 放送批評家懇談会第33回期間選奨、テレビ大賞審査委員会特別賞
  • 1976年 芸術選奨文部大臣賞(放送部門)、放送批評家懇談会第35回期間選奨、テレビ大賞審査委員会優秀番組賞
  • 1978年 テレビ大賞審査委員会優秀番組賞、映画テレビプロデューサー協会特別賞
  • 1980年 ギャラクシー選奨
  • 1983年 ギャラクシー賞制定20周年記念特別賞

著書[編集]

共著[編集]

  • 萩元晴彦、村木良彦、今野勉『お前はただの現在にすぎない テレビにはなにが可能か』田畑書店、1969年。
    • 萩元晴彦、村木良彦、今野勉『お前はただの現在にすぎない テレビにはなにが可能か』朝日文庫、2008年10月。ISBN 978-4022615978 

プロデュース[編集]

  • 小澤征爾、広中平祐、プロデュース萩元晴彦『やわらかな心をもつ〜小澤征爾・広中平祐』創世記 1977年。
    • 小澤征爾、広中平祐、プロデュース萩元晴彦『やわらかな心をもつ〜小澤征爾・広中平祐』新潮文庫、1984年10月。ISBN 978-4101228044

脚注[編集]

  1. ^ a b 志賀 2003, p. 175.
  2. ^ a b 志賀 2003, p. 176.
  3. ^ a b c d 萩元 晴彦 ハギモト ハルヒコ”. コトバンク. 2023年10月28日閲覧。
  4. ^ 志賀 2003, p. 174.
  5. ^ a b c 志賀 2003, p. 177.

参考文献[編集]

関連項目[編集]