コンテンツにスキップ

井上道義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上 道義
生誕 (1946-12-23) 1946年12月23日(77歳)[1]
出身地 日本の旗 日本東京都[1]
学歴 桐朋学園大学[1]
ジャンル クラシック
職業 指揮者
担当楽器 指揮
活動期間 1971年 -
公式サイト 井上道義 オフィシャルサイト

井上 道義(いのうえ みちよし、1946年12月23日[1] - )は、日本指揮者ピアニスト作曲家2007年1月から2018年3月までオーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、2014年4月から2017年3月まで大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者を、それぞれ務めた。2024年に引退予定[2]

略歴

[編集]

東京生まれ[1]。実の父はアメリカ人であり、育ての父が亡くなった数年後の45歳のとき母に問うたところ、アメリカ人であることを知った。父母ともに子供が外国人との間に生まれた子であったことを周囲に隠していたという[3][4]。父はアメリカ合衆国生まれで、祖父は広島県からの移民[5]

成城学園出身[6]。ピアノを室井摩耶子、山岡優子に学ぶ[7][8]。また、バレエを益田隆に学び[要出典]服部智恵子島田廣にも師事した[8]桐朋学園大学で、指揮を齋藤秀雄に学ぶ[1]。レパートリーは幅広く、古典はもちろん、他の指揮者があまり取り上げない類の近現代の音楽も、積極的に演奏会プログラムに入れている[9]

コルンゴルトの歌劇「死の都」をコンサートオペラ形式で日本初演を行った[10][11]。 2007年1月よりオーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、ならびに石川県立音楽堂アーティスティック・アドバイザーに就任。ラ・フォル・ジュルネ金沢を含む多くの実験的企画を敢行した。北陸朝日放送で334週にわたり音楽番組「アン・ディー・ムジーク」の監修、を行って地方へのクラシック音楽の日常化に努めた。2014年より大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者を3年間務めた。その間、バーンスタインのミサ、舞台再演等で数多くの受賞があった。マーラーショスタコーヴィチ交響曲の指揮者として評価を得ている[12]2007年11月から12月にかけて日比谷公会堂にてショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会を行った。新日本フィル時代から数多くのオペラの演出上演も行っているが、近年ではバルトークの「青髭公の城」の名演出が話題となり、マスカーニのオペラ「イリス[13]で、2009年三菱UFJ信託銀行文化財団賞を受賞。近年ではオーケストラ作品の作曲活動も行っている。これまでにシカゴ響や、ミュンヘン・フィルフランス国立管など世界的オーケストラを指揮している。

2014年4月から咽頭がん治療のため、活動休止を告知[14]したが、10月に復帰会見をし、現在多忙な演奏活動を行っている[15]

略歴

[編集]

家族

[編集]

妻はホールMUSICASA主宰[21]黒田珠世[22]。義父はコクヨ創業者一族で同社常勤監査役を務めた黒田敏之助で、同社創業者黒田善太郎の次男。

CM

[編集]

脚注

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f PROFILE 井上道義オフィシャルサイト - Michiyoshi Inoue Official Site 2013年9月
  2. ^ 2024年末に引退します。”. www.asahi.com. www.asahi.com (2023年1月10日). 2023年1月11日閲覧。
  3. ^ 「どれを聴く?」迷ったら→井上道義・ショスタコーヴィチ交響曲 コメント 2007年11月 井上道義オフィシャルサイト
  4. ^ 2001年3月13日、『徹子の部屋』出演時の当人の発言による。
  5. ^ 「30代で『実父は米国人』と知らされた指揮者 井上道義」『私の戦後70年』北海道新聞社、2015年 ISBN 978-4-89453-803-0, 204-209頁。
  6. ^ 成城学園初等学校 学校紹介 OB・OG紹介
  7. ^ (語る 人生の贈りもの)井上道義3「指揮者になる」消去法で決めた」『朝日新聞』2022年11月17日。2024年1月20日閲覧。オリジナルの2022年11月21日時点におけるアーカイブ。
  8. ^ a b 井上道義が語る〜鎌倉、ブルックナーvol.1”. spice (2016年3月9日). 2023年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月20日閲覧。
  9. ^ 指揮者・井上道義インタビュー 「敷居の高さはね、クラシック音楽にはやっぱりあるんですよ。でも入りにくさっていうのは、奥深さにも通じることです」 チケットぴあ
  10. ^ “20世紀の傑作オペラ「死の都」の日本初演 びわ湖ホールと新国立劇場が激突”. 日本経済新聞. (2014年2月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXBZO66343920U4A200C1000000/ 2017年2月5日閲覧。 
  11. ^ 昭和音楽大学オペラ研究所 オペラ情報センター
  12. ^ “ロシア伝統の響き 井上道義が指揮/19日高松”. 四国新聞. (2013年4月18日). オリジナルの2013年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130419115502/https://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/culture/20130418000155 2023年12月12日閲覧。 
  13. ^ a b 昭和音楽大学オペラ研究所 オペラ情報センター
  14. ^ 【大切なお知らせ】指揮者 井上道義の病状について 2014/04/30 KAJIMOTO
  15. ^ “指揮者の井上道義さんが復帰会見 がんを治療、活動再開”. 朝日新聞デジタル. (2014年10月3日). オリジナルの2014年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141103125340/http://www.asahi.com/articles/ASGB252BFGB2UCVL00J.html 2023年12月12日閲覧。 
  16. ^ 平壌の人民劇場で「第9」初演 日朝が共演 2013/03/08 17:56 共同通信
  17. ^ 井上道義×大阪フィル! 熱狂沸きあがる首席指揮者就任披露公演のライヴ録音が登場 CDジャーナル 11月17日(月)16時22分配信
  18. ^ 昭和音楽大学オペラ研究所 オペラ情報センター
  19. ^ 昭和音楽大学オペラ研究所 オペラ情報センター
  20. ^ OEK:音楽監督の井上氏、退任へ 来年3月、後任は未定 /石川毎日新聞
  21. ^ 伊東乾 左手で弾くピアノとTwitter(ツイッター)の出会い――舘野泉の挑戦と、魂を伝えるメディアの新たな可能性 2010年3月2日 日経ビジネスオンライン
  22. ^ 道義より近況報告 *2014年6月7日 井上道義オフィシャルサイト

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]
先代
- ※
大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者
2014–2017
次代
(未定)
大植英次が2003年より音楽監督、2012年からは桂冠指揮者となった。