室井摩耶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
室井 摩耶子
生誕 (1921-04-18) 1921年4月18日(95歳)
出身地 日本の旗 日本
学歴 東京音楽学校
ベルリン音楽大学
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
公式サイト naks.biz/muroi

室井 摩耶子(むろい まやこ、1921年4月18日 - )は、日本ピアニスト。95歳を越えた今でも現役である[1]

略歴[編集]

6歳よりピアノを始め、小学4年生から高折宮次に師事。1941年東京音楽学校(現・東京芸術大学)を首席で卒業、研究科に進み、レオニード・クロイツァー教授に師事、1943年に修了。

1945年1月、日比谷公会堂での日本交響楽協会(現・NHK交響楽団)ソリストとしてデビュー。終戦後、本格的にリサイタル活動を開始。エリック・サティデュカスなど多くの作品を日本初演。

1955年、映画『ここに泉あり』に実名ピアニスト役で出演。

1956年モーツァルト「生誕200年記念祭」に日本代表としてウィーンに派遣される。同年、第1回ドイツ政府給費留学生に推挙され、ベルリン音楽大学に留学。ベルリンを拠点に、ハウザー教授、ヘルムート・ロロフ教授、ヴィルヘルム・ケンプ教授に師事し研鑽を積む。

1960年、世界最高峰ケンプ教授の推薦でベートーヴェンを4曲並べたリサイタルをベルリンで開催。以降、海外13カ国で演奏を重ね、1964年にはドイツで出版の『世界150人のピアニスト』として紹介される。

1980年帰国後も、日本を代表するピアニストとして活躍。80歳を超えピアノコンチェルトも協演。井上道義指揮、2002年東京フィルハーモニー交響楽団東京オペラシティ)、2006年10月神奈川フィルハーモニー管弦楽団神奈川県立音楽堂)。

2006年2011年にCDをリリース、「レコード芸術」《特選・準特選》や「音楽現代」《推薦盤》と推奨される。

2012年7月、永年にわたり音楽文化の発展に貢献した功績により「第22回新日鉄音楽賞《特別賞》」(新日鉄文化財団)を受賞。

ディスコグラフィ[編集]

  • 「室井摩耶子シューベルトを弾く」FANTASY Adam: ACD-0043
  • 室井摩耶子 《月光の曲》ライヴ CD番号ZMM0601
  • 《室井摩耶子/モーツァルト生誕250周年ライヴ》“音楽から立ち昇るモーツァルトの慟哭”CD番号 ZMM0610
  • 室井摩耶子/モーツァルト:魂の《アダージョ》モーツァルトの、魂の叫びの伝道者 CD番号 ZMM0706
  • 《壮大な音の殿堂“バッハの真髄”室井摩耶子》 CD番号 ZMM0811
  • 室井摩耶子《米寿記念コンサートライブ》CD番号 ZMM0909
  • 室井摩耶子 演奏の秘密 CD番号 ZMM1009-10
  • 室井摩耶子 演奏の秘密 II ~円熟の精華! CD番号 ZMM1111
  • 東京フィルハーモニー交響楽団 オペラシティ「午後のコンサート」シリーズ第13回「マエストロと師匠」SOL‐020602S

著書[編集]

  • 『ピアニストへの道』音楽之友社(1971年ISBN 4276213819
  • 『ママ、僕ピアノ嫌い!』芸術現代社(1975年
  • 『ひびきを求めて 〜ピアニストからのメッセージ』音楽之友社(1985年ISBN 4276370450
  • チェルニーってつまらないの? 「チェルニー30番」から何を読みとるか』音楽之友社(2002年ISBN 4276143225
  • 『明日をもっと素敵にする心の持ち方 ハッピーパワー全開!92歳生涯現役ピアニスト』マガジンハウス 2013
  • 『わがままだって、いいじゃない 92歳のピアニスト「今日」を生きる』小学館、2013 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 90歳の現役ピアニスト・室井 摩耶子さん”. はいから. 株式会社アーデント・ウィッシュ (2012年2月3日). 2012年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]