黒田善太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒田 善太郎(くろだ ぜんたろう、1879年明治12年)2月7日 - 1966年昭和41年)3月27日[1])は、日本実業家コクヨの創業者。

来歴・人物[編集]

富山県富山市出身。20歳の時、故郷を離れて大阪へ。紙店につとめる[1]1905年、27歳で「黒田表紙店」を創業。表紙の質の良さなどで販売を伸ばし、基礎を築く。1917年、「国の誉れとなるように」と「国誉(現在のコクヨ)」と商標を定める(ここで言う「国」とは「越中国」のことであり、「大日本帝国」ではない)。1961年、社名を「コクヨ株式会社」に変更。和式帳簿を主体として出発したが、洋式帳簿を手始めに、現在オフィス全般の製品販売をこなしている。

テレビ東京系列で放送された『オンリーワンの原点』において、黒田の創業ビジョンである「カスの商売」(面倒でやっかいで儲からないが、世のため人のためになる仕事をやり続けようとする考え[1])について採り上げられた。

国立富山大学にある黒田講堂は、黒田善太郎の寄贈によるものである。1966年3月27日死去。享年87。

脚注[編集]

  1. ^ a b 黒田 善太郎とはコトバンク。2020年7月4日閲覧。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]