聖の青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖の青春
著者 大崎善生
発行日 2000年2月18日
2002年5月7日講談社文庫
2003年4月15日青い鳥文庫
2015年6月20日角川文庫、電子書籍各社)
2016年10月15日角川つばさ文庫、電子書籍各社)
発行元 講談社
KADOKAWA
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判文庫本電子書籍
ページ数 336(ハードカバー、青い鳥文庫)
424(講談社文庫)
432(角川文庫)
288(角川つばさ文庫)
公式サイト http://satoshi-movie.jp/
コード ISBN 978-4-06-210008-3
ISBN 978-4-06-273424-0(講談社文庫)
ISBN 978-4-06-148614-0(青い鳥文庫)
ISBN 978-4-04-103008-0(角川文庫)
ISBN 978-4-04-631659-2(角川つばさ文庫)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

聖の青春』(さとしのせいしゅん)は、将棋棋士村山聖を題材とした、大崎善生の2000年のノンフィクション小説。及びその映像化作品。また演劇台本ともなり、何度か舞台上演されている。大崎善生のデビュー作であり、第13回新潮学芸賞、第12回将棋ペンクラブ大賞を受賞した。また、講談社文庫版が、2012年に、第二回広島本大賞を受賞。

大崎の友人が育てていたノンフィクション・ライターが病気で急逝し、その物語の書き手にフィットする人が見つからず、その友人が漏らした「大崎さんが書いてくれるとええんやけどなあ」の一言が転機となり[1]、当時日本将棋連盟出版部に勤めていた大崎が執筆を引き受けた。

テレビドラマ[編集]

2001年1月6日、新春スペシャルドラマとしてTBS系列で全国放送された。制作は村山の出身地である広島県中国放送(RCC)と、TBS・テレビマンユニオンの3社が共同で行った。

著者の大崎と親交があったテレビマンユニオンの元会長・萩元晴彦が本作にほれ込み、出版元の講談社と直談判して映像化権を獲得、テレビドラマ化が実現した[2]。本作はテレビプロデューサーであった萩元の遺作となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画[編集]

聖の青春
監督 森義隆
脚本 向井康介
原作 大崎善生
出演者 松山ケンイチ
東出昌大
リリー・フランキー
竹下景子
染谷将太
安田顕
柄本時生
北見敏之
筒井道隆
音楽 半野喜弘
主題歌 秦基博
終わりのない空
撮影 柳島克己
編集 佐藤崇
製作会社 「聖の青春」製作委員会
配給 KADOKAWA
公開 日本の旗 2016年11月19日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億6600万円(見込み)[3]
テンプレートを表示

2016年11月19日公開。第29回東京国際映画祭クロージング作品[4]

村山を演じた松山ケンイチ羽生善治を演じた東出昌大それぞれの役作りなどが話題となった(松山の「増量」[5]、東出[6])。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞(映画)[編集]

主なロケーション場所[編集]

出典[編集]

  1. ^ p.91「転機にならないから結婚する」大崎善生『傘の自由化は可能か』2006年、角川書店
  2. ^ p.75「『親友』が遺した言葉」大崎『傘の自由化は可能か』2006年、角川書店
  3. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.42
  4. ^ “東京国際映画祭クロージング作品「聖の青春」に決定、アニソンのイベントも開催”. 映画ナタリー. (2016年8月23日). http://natalie.mu/eiga/news/199136 2016年8月23日閲覧。 
  5. ^ “松山ケンイチ、役作りで過酷な増量…『聖の青春』で羽生善治と並び称された早世の天才棋士に”. シネマトゥデイ. (2016年2月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0080054 2017年10月7日閲覧。 
  6. ^ “東出昌大、映画『聖の青春』で羽生善治役! 役作りと本物メガネで「瓜二つ」”. マイナビニュース. (2016年6月17日). http://news.mynavi.jp/news/2016/06/17/037/ 2017年10月7日閲覧。 
  7. ^ “秦基博、“西の怪童”と呼ばれた棋士の一生描く「聖の青春」に主題歌提供”. 音楽ナタリー. (2016年9月2日). http://natalie.mu/music/news/200313 2016年9月2日閲覧。 
  8. ^ “毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠”. 映画ナタリー. (2017年1月19日). http://natalie.mu/eiga/news/217340 2017年1月19日閲覧。 

外部リンク[編集]