金久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金 久美子(김구미자 / キム クミジャ(きん くみこ)、日本名:金村 久美子(かねむら くみこ)、1958年10月11日 - 2004年10月1日)は、日本の女優長野県佐久市出身の在日韓国人3世。

人物・来歴[編集]

東京経済大学短期大学部卒業。1978年から、佐藤信が主宰する劇団「68/71黒色テント」で活動した後、1987年に金守珍の主宰する劇団「新宿梁山泊」に参加。中心的な俳優として『千年の孤独』などの作品に主演した。1995年に新宿梁山泊を退団した後も様々な舞台やテレビドラマ、映画に出演する。韓国映画『愛乱』、『狂った愛の詩』では主演を務め、後者ではアジア太平洋映画祭の主演女優賞を受賞した。『愛乱』への出演を機に、それまで話せなかった韓国語を勉強し始め、一年ほどで通訳を必要としなくなった。

2003年に癌が見つかり、胃を摘出する。翌年3月、金の復活を願う演劇人たちが企画し、黒色テント時代からの仲間だった鄭義信が書き下ろした『アジアン・スイーツ』で舞台に立つが、これが最後の舞台となった。2004年10月1日に胃癌のため死去[1]

鄭義信は在日コリアン一家を描いた自作の舞台『焼肉ドラゴン』のソウル公演が2008年に行われた際、金の遺影を携えて渡韓した[2]

出演[編集]

舞台[編集]

68/71黒色テント[編集]

※特に記載のないものはすべて佐藤信の演出。

  • ブランキ殺し上海の春(1979年、作:佐藤信)
  • 与太浜パラダイス(1979年、作:山元清多
  • 西遊記(1980年、作:佐藤信)
  • 夜と夜の夜(1981年、作:佐藤信)
  • 比野置ジャンバラヤ(1982年、作:山元清多 演出:加藤直
  • 灰とダイヤモンド(1983年、作:佐藤信)
  • アメリカ(1983年、作:加藤直)
  • ヴォイツェック(1984年、作:ゲオルク・ビューヒナー

新宿梁山泊[編集]

※すべて金盾進の演出。

その他[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

ゲーム[編集]

  • ALIVE(1998年) - オンダ・ヨウコ 役

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ 朝日新聞2004年11月8日掲載の追悼記事。
  2. ^ 内田洋一「『焼肉ドラゴン』のドラマトゥルギー」(新国立劇場『焼肉ドラゴン』2011年再演時の公演パンフレット所収)

参考リンク[編集]