月曜ミステリー劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月曜ミステリー劇場
ジャンル 2時間ドラマ
放送時間 月曜日21:00 - 22:54(114分)
放送期間 2001年4月2日 - 2006年3月20日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
テンプレートを表示

月曜ミステリー劇場』(げつようミステリーげきじょう)は、TBS系で2001年4月2日から2006年3月20日まで毎週月曜日21:00 - 22:54 に放送された日本の長時間ドラマ番組。

概要[編集]

歴史[編集]

元々、これ以前にもTBSではサスペンス路線の番組を1982年4月から放送していた。

  • 最初は1982年4月 - 1984年9月まで放送した毎週土曜日21:02 - 22:54の「ザ・サスペンス」。
  • 1984年10月 - 1985年3月まで毎週水曜日21:02 - 22:23放送の「恋はミステリー劇場」。
  • 1985年4月 - 1987年9月まで毎週水曜日21:02 - 22:54放送の「水曜ドラマスペシャル」(1986年3月までは- 22:23までの放送)。
  • 1987年10月の報道枠設置で半年間のインターバルを挟んで1988年4月 - 1989年9月までの「土曜ドラマスペシャル」[1]

そして、この月曜日の枠は以前から「月曜ロードショー」という映画(主として海外洋画)の枠を編成していたが、1987年10月から22:00 - 22:54に報道枠を設けたため、一旦21:00 - 21:54の枠で連続ドラマを放送していた。

その後1989年9月で報道枠が23:00からに移動したのに伴って、「月曜ドラマスペシャル」として2時間枠のドラマをスタートさせた。形式的には「土曜ドラマスペシャル」を事実上系譜した形でのスタートとなり、2001年4月から「月曜ミステリー劇場」に改題し、ミステリー・サスペンスものを重点的に放送するようになった。

2006年4月以降はミステリー・サスペンスに捉われない多ジャンルの2時間ドラマ(結局最終的にはほぼミステリー・サスペンスものに落ち着く)と映画を交互に放送する「月曜ゴールデン」に衣替えし、「月ミス」としては同年3月20日放送分で幕を下ろした。

番組の特徴[編集]

日本で放送されているドラマ番組の中では、唯一提供クレジットの前半・後半パート入れ替えのアナウンスはない(この流れは1999年4月以後の「月曜ドラマスペシャル」からの引継ぎ)[2]代わりにCMとCMの間に入る15秒程度のあらすじの部分のみに入っていて、本編中には一切表示されない。これは後番組の「月曜ゴールデン」でも続いているが、現在はあらすじの部分がないため、前半パート終了時を1回目のローカルCMに入る直前に、後半パートを2回目のローカルCM終了直後にそれぞれ本編作品中に挿入している(番組開始、終了時にはアナウンスがあり、地上波の再放送やBS-TBSの放送では提供クレジット表示なしで前半・後半パート入れ替え時のあらすじ部分がそのまま放送されるがカットされる場合もある。TBSチャンネルでは前半・後半パート入れ替え時のあらすじ部分はCMも含めてカットされている)。但し、年1、2回程度1社単独提供(途中入れ替えなし)のスペシャルドラマが放送されることがある。

オープニングは番組タイトルが水中に沈んでいく映像が使われており、番組タイトルとして終了した現在でも地上波・衛星波の再放送で当時のBGMとともに見ることができる(当初は4:3SD収録だったが、後に16:9HD収録も行なわれた)。そのため再放送も「月曜ミステリー劇場」のタイトルのままで放送される(後番組の「月曜ゴールデン」の再放送も同様)。

各地での放送事情[編集]

  • 宮崎県では宮崎放送(MRT)がこの番組を同時ネット放送している裏で、クロスネット局テレビ宮崎テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」を2日遅れで時差放送する「月曜ワイド劇場」を行っていることから、サスペンス番組で視聴率争いを繰り広げているほどであった。
    後番組の「月曜ゴールデン」では一時期、2006年4月以降はサスペンス枠は月1、2回程度となっていたため、新作のサスペンスドラマ番組同士の競合は少なくなっていたが、その後2012年9月までは再びほぼ毎週のように新作のサスペンス番組同士で競合が続いていた。
    2012年10月からは「月曜ワイド劇場」が原則として新作と再放送を週替わり編成で放送することになったため、新作同士での競合は月2回見られる程度となったが、それでも宮崎県では「月曜ドラマスペシャル」開始時代の1989年10月から現在に至るまでプライムタイム枠による2時間サスペンスドラマ番組同士の競合は続いている。
  • 秋田県ではフジテレビ系列の秋田テレビが、約1ヵ月遅れで「日曜ワイド劇場」として日曜午後1時に放送していたが、2005年4月から『ウチくる!?』が10分延長放送されるようになり、また3時から放送している『スーパー競馬』のリアルタイム放送を考え、1時10分からCMを削る形で時差ネットをしている。

シリーズ作品[編集]

単発作品[編集]

放送局[編集]

  • 新作(地上波)
    • TBSテレビ:21:00 - 22:54(月曜日 系列局もこの時間帯に放送、字幕放送)
  • 時差放送
  • 再放送(地上波)
    • TBSテレビ:14:00 - 16:00(月曜日 - 金曜日 関東ローカルなど)
    • テレビユー山形:13:55 - 15:50(月曜日 - 金曜日)
    • 東北放送:13:55 - 15:50(月曜日 - 金曜日)
    • 静岡放送:13:55 - 15:50(月曜日 - 金曜日)
    • 信越放送:14:00 - 16:00(日曜日)
    • チューリップテレビ:15:00 - 16:53(月曜日 - 金曜日)
    • 北陸放送:13:55 - 15:45(月曜日 - 金曜日)
    • 山陽放送:13:55 - 15:50(月曜日 - 金曜日)「ドラマちっくRSK」として放送
    • 山陰放送:13:55 - 15:45(月曜日 - 金曜日)
    • あいテレビ:14:00 - 15:54(月曜日 - 金曜日)
    • RKB毎日放送:14:00 - 15:54(土曜日 別番組放送時あり)
    • 南日本放送:14:00 - 15:54(土曜日 別番組放送時あり)
    • そのほかの系列局でも不定期で再放送が行われている。
  • BS-TBS(BSデジタル)
再放送:月曜日 - 金曜日 11:00 - 12:54 および月曜日 - 金曜日 14:00 - 15:54 土曜日 19:00 - 20:54 日曜日 15:00 - 20:54(3作品連続放送)(2011年12月現在。字幕放送。放送休止の場合あり)。なおBS-TBSでは別名「ミステリー・セレクション」番組枠で放送されている。ハイビジョン制作以前に制作された番組については4:3標準画質で放送される場合がある(スポンサーはなし)。2011年9月以前まではその他の時間帯でも不定期で夕方や夜間に放送されることもあった。
再放送:放送時間はそのときの編成により変わるため不定(月曜日 - 金曜日 、CMカットのため通常では1時間35分 - 40分、字幕放送)

※なお、予定していた2006年1月23日放送分はJNN報道特別番組(ライブドア社長ら逮捕の関連ニュース)放送のため、2006年3月13日放送分は演出家久世光彦死去に伴う追悼企画『寺内貫太郎一家』傑作選放送のため急遽放送中止となった(後日に放送日時延期 2006年1月23日放送分は2006年5月15日に延期となった)。

脚注[編集]

  1. ^ 「土曜ドラマスペシャル」終了後の土曜日22:00 - 23:54の枠はサスペンスを排除し、「ドラマ23」(報道枠設置に伴い23:00-23:28に放送された帯ドラマシリーズ)を継承した「ドラマチック22」が1989年10月 - 1991年3月の期間に放映されたが、『ブロードキャスター』のスタートにより廃枠となった。
  2. ^ 2006年4月以降はテレビ朝日系列の木曜ミステリーも同様だが、こちらは本編中に入れ替えの提供クレジット出している。但し、一部地域の時差ネットや再放送の場合は除く。

外部リンク[編集]

TBS 月曜21・22時台枠
前番組 番組名 次番組
月曜ドラマスペシャル
(1989.10.2 - 2001.3.19)
月曜ミステリー劇場
(2001.4.2 - 2006.3.20)
月曜ゴールデン
(2006.4.3 - )