女検事・霞夕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女検事・霞夕子
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
原作 夏樹静子
女検事 霞夕子
放送時間 火曜21:02 - 22:54(112分)
放送期間 1985年10月15日 - 1993年8月17日(10回)
プロデューサー 嶋村正敏(NTV)
金田一正根(東海映画社)
石井秀明(東海映画社)
安倍夏彦(ユニオン映画)
出演者 桃井かおり
エンディング 火曜サスペンス劇場」と同じ
外部リンク 火曜サスペンス劇場
新・女検事 霞夕子
放送時間 火曜21:02 - 22:54(112分)
放送期間 1994年5月3日 - 2005年5月31日(25回)
プロデューサー 嶋村正敏
安倍夏彦
佐光千尋
川村庄子
中尾孝道
古賀倫明
高橋直治
元信克則
出演者 鷲尾いさ子
床嶋佳子
エンディング 火曜サスペンス劇場」と同じ
外部リンク 火曜サスペンス劇場
検事 霞夕子
放送時間 火曜21:00 - 22:54(114分)
放送期間 2006年11月7日 - 2007年10月2日(2回)
プロデューサー 佐藤敦
池田健司
荒木功
元信克則
岩崎文
出演者 真矢みき
エンディング 火曜ドラマゴールド」と同じ
外部リンク 火曜ドラマゴールド
テンプレートを表示

女検事・霞夕子』(おんなけんじ・かすみゆうこ)は、日本テレビ系の2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」及び「火曜ドラマゴールド」で放送されたテレビドラマシリーズ。

なお、1999年放送分以降はドラマタイトルを『検事 霞夕子』とした[1](外部リンク参照)。

概要[編集]

火曜サスペンス劇場「女検事 霞夕子」
1985年から桃井かおり主演で10作品放送されたが、スタッフとの衝突により桃井が降板した。
火曜サスペンス劇場「新・女検事 霞夕子」
1994年からキャストを一新して「新・女検事 霞夕子」としてスタート。鷲尾いさ子主演で20作品放送。ドラマタイトルはのちに「女検事 霞夕子」さらに「検事 霞夕子」と改められた(外部リンク参照)。その後鷲尾が産休のため降板し、2003年10月から床嶋佳子主演で5作品放送(なお床嶋は、第14作「早朝の手紙」でのゲスト出演があり、その他のキャストは変わらない)。
火曜ドラマゴールド「検事 霞夕子」
火曜ドラマゴールド」で真矢みき主演で1作品放送し、2007年に特番にて1作品を放送している。(計2作品放送)。なお、同「火曜ドラマゴールド」の最終作であった『監察医・室生亜季子』の完結作には霞夕子が特別出演している。

女検事 霞夕子[編集]

1985年から1993年まで放送されたシリーズ。全10回。主演は桃井かおり

東京地検の新任検事・霞夕子が主人公。第6作以降は横浜地検に転勤になっている。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

  • 霞夕子(検事) - 桃井かおり
  • 桜木事務官
  • 松野事務官
    • 松野芳平(横浜地検事務官) - 佐野史郎(第6作・第7作)
    • 松野浩司(横浜地検事務官) - 光石研(第8作 - 第10作)

霞家[編集]

その他[編集]

  • 笠井(次席検事) - 江角英明(第2作 - 第5作)
  • 臼井(警部) - 鈴木ヤスシ(第2作・第3作)
  • 和島(神奈川県警警部) - 高岡健二(第6作・第7作)

ゲスト[編集]

第1作(1985年) 「予期せぬ殺人」
第2作(1986年) 「白い影」
第3作(1987年) 「非常階段をおりる女」
第4作(1987年) 「美しき容疑者」
第5作(1988年) 「家庭教師の殺人」
第6作(1988年) 「別荘の女」
第7作(1989年) 「自転車に乗る女」
第8作(1991年) 「死なれては困る」
第9作(1993年) 「青い指」
第10作(1993年) 「闇の演出」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率
1 1985年10月15日 予期せぬ殺人 「予期せぬ殺人」 石松愛弘 渡邊祐介
大槻義一
15.9%
2 1986年04月29日 白い影 「白い影」 帯盛迪彦 21.1%
3 1987年01月13日 非常階段をおりる女 「螺旋階段をおりる男」 恩地日出夫 17.7%
4 12月22日 美しき容疑者 21.5%
5 1988年07月19日 家庭教師の殺人 「Wの悲劇」 14.8%
6 11月22日 別荘の女 「断崖からの声」 21.2%
7 1989年04月04日 自転車に乗る女 「夢」
8 1991年09月24日 死なれては困る 「死なれては困る」 大藪郁子 嶋村正敏 17.4%
9 1993年03月30日 青い指 「青い指」 石松愛弘 木下亮 18.5%
10 8月17日 闇の演出 「闇の演出」 恩地日出夫 19.7%

新・女検事 霞夕子[編集]

1994年から2005年まで放送されたシリーズ。全25回。主演は鷲尾いさ子床嶋佳子

ドラマタイトルはのちに「女検事 霞夕子」となり、第14作以降は「検事 霞夕子」となった(外部リンク参照)。

横浜地検の新任検事・霞夕子が主人公。

キャスト[編集]

霞家[編集]

その他[編集]

  • 山野一平(検査事務官・夕子の初代部下) - 平田満(第1作 - 第8作・第18作)
  • 球磨功三郎(検察事務官・夕子の二代目部下) - 斉藤洋介(第8作 - 第25作)

ゲスト[編集]

第1作(1994年)「ペルソナ・ノン・グラータ
第2作(1994年)「罪深き血」
第3作(1994年)「乗り遅れた女」
第4作(1995年)「輸血のゆくえ」
第5作(1995年)「雨に濡れた遺書」
第6作(1995年)「花を捨てる女」
第7作(1996年)「俯く女」
第8作(1996年)「二粒の火」
第9作(1996年)「遺産相続」
第10作(1997年)「執念」
第11作(1997年)「家族写真」
第12作(1997年)「捨てられた女」
第13作(1998年)「幻想家族」
第14作(1999年)「早朝の手紙」
  • 坪内昇子(インテリアデザイナー) - 床嶋佳子
  • 安部聡美(弁護士・みさきの友人) - 沖直未
  • 槙みさき(槙の妻) - あめくみちこ
  • 槙圭一郎(美術評論家・女子大非常勤講師) - 西田健
  • 槙輝一(槙の息子) - 長塚圭史
  • 矢嶋満作(みさきの父) - 織本順吉
  • 大河内毅 - 浜田晃
第15作(2000年)「知らなかった」
第16作(2000年)「予期せぬ花束」
第17作(2001年)「空白のアルバム」
  • 明石三奈(明石啓一郎の妻・元外資系家具メーカー重役) - 手塚理美
  • 明石啓一郎(明石三奈の夫・広告代理店勤務) - 布川敏和
  • 岸本由加(ブランド品メーカー部長) - 美保純
  • 杉本節子 - 高田敏江
  • 明石峰子 - 呉恵美子
  • 山口礼子 - 棟里佳
  • 藤田宗久
第18作(2001年)「心の天使」
  • 山野一平(検査事務官・夕子の元部下) - 平田満
  • 真野玲子(クラブ歌手兼ホステス) - 中島ひろ子
  • 田部井俊彦(アパレル関連会社経営) - 高知東生
  • 富田(刑事) - 高橋克実
  • 高嶋(検事) - 樋浦勉
  • 大崎(「クラブ「ムーンライト」支配人) - 佐渡稔
  • 糸川(警部) - 浜田晃
  • 児島美ゆき江口ナオ
第19作(2002年)「犬を飼う女」
  • 星合則子(星合の未亡人) - 藤真利子
  • 星合勘一(囚人・故人) - 中本賢
  • 村井静江(村井の妻) - 沖直未
  • 村井康弘(商社マン・星合の元会社の同僚) - 菊池隆則
  • 田辺善三(美奈の父) - 山田辰夫
  • 田辺美奈(女子大生・故人) - 米澤もも
  • 星合麗美(星合の娘) - 安慶名ゆかり
  • 安東啓介 - 吉村作治
  • 小比木荘平(刑事) - 古尾谷雅人
  • 立花正義 - 藤田宗久
第20作(2003年)「夏の記憶」
第21作(2003年)「二人の目撃者」
第22作(2004年)「殺意の薔薇」
  • 木邑直子(長谷部総合病院の介護士) - 藤真利子
  • 佐川恵(タクシー運転手) - 石橋蓮司
  • 長谷部史子(長谷部総合病院院長) - 馬淵晴子
  • 長谷部浩一(長谷部総合病院医師・史子の息子) - 松永博史
  • 須藤剛(会社社長) - 田口主将
  • 佐川健一(佐川の息子・8ヶ月前に交通事故死) - 久保山知洋
  • 室谷咲(直子の娘) - 佐藤夏帆
  • 向井(検事) - 山西道広
  • 池内(事務長) - 俵木藤汰
  • 中田(刑事) - 武野功雄
  • 乾(警部) - 菅原大吉
  • 川本夏美(女子大生) - 猪浦里沙
第23作(2004年)「すれ違った愛」
第24作(2004年)「隣の関係」
  • 渡山遥子(政俊の妻) - 仁科亜季子
  • 峰達夫(遥子の家の隣人) - 布施博
  • 渡山和江(圭吾の母) - 岩崎加根子
  • 桜木香織(峰の妻) - 筒井真理子
  • 渡山政俊(圭吾の兄・クリーニング店経営) - 大橋吾郎
  • 渡山圭吾(窃盗と傷害の前科) - 木村靖司
  • 梶本康代(クリーニング店従業員) - 須部浩美
  • 矢部理沙(圭吾の同棲相手) - 中野若葉
  • 峰彩花(峰の娘) - 井上花菜
  • 陣ノ内(警部) - 山田辰夫
  • 野本(刑事) - 谷村好一
第25作(2005年)「愛しき人へ」
  • 辻堂昭生(辻堂総合病院副院長・夕子の学生時代の恋人) - 辰巳琢郎
  • 辻堂瞭子(良造の娘で昭生の妻) - 渡辺梓
  • 戸田律子(柄崎の姉) - 山下容莉枝
  • 柄崎勉(店の経営者) - 湯江健幸
  • 辻堂良造(辻堂総合病院院長) - 石濱朗
  • 辻堂由里香(瞭子の娘・故人) - 須田ひかり
  • 宮坂千夏 - 高木まみ子
  • 杉山伸代 - 橘ユキコ
  • 岩永(刑事) - 中西良太
  • 吉田(刑事) - 内田健介
  • 野本(刑事) - 増田由紀夫

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率
1 1994年5月03日 ペルソナ・ノン・グラータ 「ペルソナ・ノン・グラータ」 石松愛弘 木下亮 19.6%
2 8月16日 罪深き血 「罪深き血」 三村晴彦 19.7%
3 11月29日 乗り遅れた女 「乗り遅れた女」 橋本綾 長谷部安春 19.2%
4 1995年2月07日 輸血のゆくえ 「輸血のゆくえ」 橋塚慎一 下村優 17.4%
5 8月08日 雨に濡れた遺書 「雨に濡れた遺書」 橋本綾 長谷部安春 16.4%
6 11月21日 花を捨てる女 「花を捨てる女」 猪崎宣昭 19.7%
7 1996年4月02日 俯く女 「俯く女」 篠崎好 斎藤光正 18.4%
8 7月09日 二粒の火 「二粒の火」 坂上かつえ 猪崎宣昭 21.5%
9 12月17日 遺産相続 「すれ違った死」 19.2%
10 1997年3月25日 執念 「地検でお茶を」 中岡京平 17.6%
11 7月22日 家族写真 「家族写真」 坂田義和 18.5%
12 9月16日 捨てられた女 「回転扉が動く」 坂上かつえ 16.9%
13 1998年4月07日 幻想家族 「橋の下の凶器」 橋本綾 16.1%
14 1999年8月24日 早朝の手紙 「早朝の手紙」 中岡京平 18.4%
15 2000年2月01日 知らなかった 「知らなかった」 橋本綾 18.8%
16 7月25日 予期せぬ花束 坂上かつえ 吉本潤 18.2%
17 2001年4月10日 空白のアルバム 「DINKS」 橋本綾 17.3%
18 10月30日 心の天使 坂上かつえ 17.8%
19 2002年4月16日 犬を飼う女 坂田義和 猪崎宣昭 20.7%
20 2003年1月14日 夏の記憶 橋本綾 斎藤光正 18.4%
21 10月14日 二人の目撃者 「二人の目撃者」 坂上かつえ 猪崎宣昭 18.0%
22 2004年1月13日 殺意の薔薇 「心のデッドスペース」 16.9%
23 8月10日 すれ違った愛 「訪れ」 佐伯俊道 12.9%
24 12月07日 隣の関係 「札幌は遠すぎる」 李正姫 吉川一義 14.9%
25 2005年5月31日 愛しき人へ 「さい果ての花」 坂上かつえ
真部千晶
松原信吾 13.8%

検事 霞夕子[編集]

2006年から2007年まで放送されたシリーズ。全2回。主演は真矢みき

キャスト[編集]

主要人物[編集]

  • 霞夕子(検察庁・検事) - 真矢みき
  • 桜木みどり(事務官) - 井上和香

その他[編集]

  • 島岡梓(新聞記者) - 清水ミチコ
  • 富永良枝(小料理屋女主人) - 正司歌江
  • 富永典子(小料理屋の娘) - 光浦靖子(第1作のみ)
  • 富永ヤス子(小料理屋の娘) - 虻川美穂子(第2作のみ)
  • 臼井純一郎(主任刑事) - 津田寛治
  • 小山田高志(刑事) - 矢柴俊博
  • 林田明彦(事務官) - 田窪一世
  • 須藤浩一(検察庁・検事) - 佐渡稔
  • 栄山真二郎(検察庁・検事部長) - 平泉成

ゲスト[編集]

第1作(2006年) 「悪徳政治家は許さない」
第2作(2007年) 「豪華客船殺人クルージング」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

  • 第1作は桃井かおり・版『白い影』の焼直し作品。「火曜ドラマゴールド」内で放送。
  • 第2作は1984年に放送された、二谷英明・佐藤友美主演の『密室航路』(夏樹静子原作)の焼直し作品。特別番組枠(21:30 - 21:32・21:42 - 23:34)で放送したが、読売ジャイアンツリーグ優勝決定の特別番組(21:32 - 21:42)挿入のため番組一時中断となり、終了時刻を当初予定より10分遅れとした。
話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率
1 2006年11月7日 悪徳政治家は許さない 「白い影」 前川洋一 赤羽博 12.8%
2 2007年10月2日 豪華客船殺人クルージング 「密室航路」 前川洋一
山村一間
12.8%[2]

映像ソフト[編集]

女検事 霞夕子[編集]

桃井かおり主演作のうち3作がVHSで発売された。

新・女検事 霞夕子[編集]

鷲尾いさ子主演全20作のデジタルリマスター版を収録したDVD-BOXが2012年7月と8月に全2BOXにて発売された。

脚注[編集]

  1. ^ 検事霞夕子(14)早朝の手紙 日本テレビ
  2. ^ 先述の一時中断番組明けの部分。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]