冨士眞奈美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ふじ まなみ
冨士 眞奈美
本名 岩崎 真奈美
別名義 衾去(俳号)
生年月日 1月15日
出生地 日本の旗 日本静岡県
国籍 日本の旗 日本
血液型 A型
職業 女優随筆家俳人
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1956年 - 現在
配偶者 林秀彦(1974年 - 1984年)
著名な家族 岩崎リズ
主な作品
テレビドラマ
細うで繁盛記
おくさまは18歳
おひかえあそばせ
パパと呼ばないで

冨士 眞奈美(ふじ まなみ、本名;岩崎 真奈美1月15日 - )は、女優随筆家俳人血液型はA型。アンテーヌ所属。俳号は衾去(きんきょ)。

人物・来歴[編集]

静岡県出身。遠縁に前田美波里(冨士の母方の叔母が前田の母のいとこと結婚)[1]岸惠子(冨士の母方の叔母の夫が岸の母方のいとこの妻の弟)[1]がいる。

少女期は男の子に混じって草野球をするなど活発だった。静岡県立三島北高等学校卒業。俳優座付属養成所を経て、1956年この瞳』の主役に抜擢されデビュー。1957年にはNHKの専属第一号となる。テレビドラマ『輪唱』の三姉妹役で共演した馬渕晴子小林千登勢と共にNHK三人娘と呼ばれ、清純派として人気を博した。また、1960年からは音楽バラエティ番組東は東』の司会を滝田裕介と共に務めるなど、20代の頃からドラマとバラエティ番組レギュラーの両方を器用にこなしていた。

ドラえもんの声で知られる女優の大山のぶ代とは上京後の4年半同じアパートの部屋で一緒に暮らしていた当時からの仲良しである[2]

1970年、『細うで繁盛記』でのヒステリックで意地悪な小姑役でイメージチェンジを遂げ、最大の当たり役となる。

俳優座の後輩で当時一世を風靡していた石立鉄男主演のコメディドラマにも連続して起用され、さらに人気を博す。

1973年に放送された『恐怖劇場アンバランス』第10話「サラリーマンの勲章」に出演した際、下着姿を披露している。

1974年、脚本家林秀彦との結婚を期に一時引退(CM出演やエッセイや小説の執筆、句会出席など活動は細々と続けていた)したものの、1984年の離婚後に本格的に芸能活動を再開させ、女優、エッセイスト、俳人、タレントと多才ぶりを発揮している。

2000年代以降はテレビドラマ『末っ子長男姉三人』での深津絵里との軽妙な掛け合いが話題を呼び、健在振りをアピール。また岸田今日子吉行和子とは古くから親交が厚く[3]、そのユーモラスな交流関係からテレビ番組などで度々トリオで起用されていた。黒柳徹子とはNHK専属時代よりプライベートでもたいへん親交が深く『徹子の部屋』には番組開始から現在までに定期的に出演していて、離婚前の林や娘の岩崎リズと一緒に出演している。

趣味は、野球観戦、イタリアオペラ鑑賞と俳句長嶋茂雄野茂英雄のファンである。数字に関わる自分の持ち物は長嶋の背番号と合わせていると公言しており、野茂については、引退後に発売されたSports Graphic Number PLUSの完全保存版野茂英雄1990-2008にコメントを寄せている。俳句は坪内稔典らから高く評価されており、2008年から「俳壇賞」選考委員をつとめている。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

バラエティ[編集]

歌手活動[編集]

著書[編集]

  • 『富士真奈美素顔対談』 上下 新日本出版社 1973
  • 『もしかしたら幸せ』立風書房 1977
  • 『人のいる風景』集英社 1979
  • 『いびり亭主学 犬のように時には馬のように』ベストセラーズ 1981
  • 『恋よ、恋唄』中央公論社 1985
  • 『もういちどロマンチック』ハーレクイン・エンタープライズ日本支社 1986
  • 『とけて流れて』毎日新聞社 1991
  • 『ろくでなし』近代文芸社 1997 のち文春文庫
  • 『身ひとつの今が倖せ 俳句のある人生』光文社 2005 のち知恵の森文庫
  • 『てのひらに落花 俳句のある人生』本阿弥書店 2008
  • 『瀧の裏 冨士眞奈美句集』深夜叢書社 2008

共編著[編集]

  • 『おんなの自己診断学』飯島ふみ子共編著 講談社 1979
  • 『夫婦喧嘩のすすめ』林秀彦共著 サンマーク出版 1983
  • 『ここはどこ 時に空飛ぶ三人組』岸田今日子、吉行和子共著 文春文庫 2000
  • 『わたしはだれ? 櫻となって踊りけり』岸田今日子、吉行和子共著 集英社 2000
  • 『東京俳句散歩』吉行和子共著 光文社・知恵の森文庫 2004

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『女性自身』1981年5月14日・21日合併号。
  2. ^ いつみても波乱万丈』出演時の本人コメントより。
  3. ^ 岸田とは、1962年のテレビドラマ『鏡子の家』で親友役として出演して以来、親友に。冨士が結婚している間に、岸田と吉行が仲良くなり、離婚後、吉行と俳句の会で仲良くなった。
  4. ^ 輪唱 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  5. ^ 平均年齢65歳 高橋克実主演ドラマに伊東四朗、角野卓造らが出演”. ORICON (2015年6月2日). 2015年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]