川上麻衣子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわかみ まいこ
川上 麻衣子
別名義 MAIKO kAWAKAMI
生年月日 1966年2月5日(50歳)
出生地 スウェーデンストックホルム
国籍 日本の旗 日本
身長 162cm
血液型 B型
職業 女優タレント
ジャンル テレビドラマ映画バラエティ
活動期間 1980年 -
配偶者 なし(離婚歴あり)
著名な家族 父:川上信二(インテリアデザイナー)
母:川上玲子(インテリアデザイナー)
公式サイト 公式経歴
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生
青が散る
牡丹と薔薇
麗わしき鬼
天国の恋

映画
うれしはずかし物語
かわかみ まいこ 
川上 麻衣子
プロフィール
生年月日 1966年2月5日
現年齢 50歳
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム市
血液型 B型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 162 cm / 47 kg
BMI 17.9
スリーサイズ 86 - 60 - 88 cm
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 1980年
ジャンル 女優、歌手
モデル内容 一般、ヌード
モデル: テンプレート - カテゴリ

川上 麻衣子(かわかみ まいこ、1966年2月5日 - )は、日本俳優ステージUPスタジオ所属。

来歴・人物[編集]

両親のスウェーデン留学に伴い、スウェーデンで生まれ、その後1歳で帰国。再び9歳で訪れ約1年間をスウェーデンで過ごす。玉川学園小・中学・高等部を経て、NHK学園高等学校を卒業した。その後放送大学にも全科履修生として入学しており、同大の「大学の窓」等でも取り上げられたことがある。

  • デビュー作はNHKドラマ人間模様『絆』。『3年B組金八先生』第1シリーズの最終回の卒業式の場面で在校生代表で「送辞」を読むシーンで出演の予定だったが、リハーサルの後、時間の関係で撮影中止になった。ちなみに、後番組の『1年B組新八先生』のオーディションを受けたが、中学1年生には見えないと言う事で落とされている。[1]3年B組金八先生』第2シリーズで、優等生・迫田八重子を好演した。翌年にはアイドルとして「白夜の世代」で歌手デビュー。1983年には篠山紀信撮影による写真集『暑い国 夢の国 生まれた国』で17歳にして初ヌードを披露。 ヌードでは、寺田農とセックスシーンもあり、1988年の映画『うれしはずかし物語』では濃厚なラブシーンが話題となった。1996年に『でべそ』での演技で日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞を受賞。同年、中学時代の同級生だった鞄デザイナーの清彰久と結婚したが、2000年に離婚した。

1996年には志村けんの深夜バラエティ『志村X』シリーズに出演(2000年まで)し、次番組の『変なおじさんTV』にもレギュラー出演し、コミカルな芝居にも挑戦した。

2007年4月に出演した『ライオンのごきげんよう』で話した「プードルをネット通販で購入したら、子犬ではなく子羊だった」という詐欺事件がイギリスの「ザ・サン」など[2]のタブロイド紙で海外でも話題になった。5月2日の『ザ・ワイド』のインタビューで、この話は友人の被害としてネイルサロンで話したことが一部変化して「ザ・サン」に伝わってしまった、とコメントした。

深夜連続ドラマ『トライアングル・ブルー』では女優の可愛かずみと同居する女子大の同級生役だったが、ドラマ(と言っても若かりしとんねるずが盛り上げるバラエティー性が非常に高い進行であるが)の途中で二人でDJを行うコーナーなどあり、この役の上でも私生活でも可愛かずみとは親交が深かったようで、可愛が投身自殺で亡くなった際には大変悲しんだ。可愛かずみの葬儀の際、インタビューを受けながら泣き崩れている。

山城新伍とも番組共演がきっかけで公私共に親しくしており、山城が晩年老人ホームへ入居し「誰にも会いたくない」と親類及び少数の関係者を除き一切面会を断っていた中、面会出来た数少ないひとりでもある。

2001年から北欧のガラス工芸に魅せられ、自身でデザインするようになり、隔年で個展も催している。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

舞台[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 紀信シアター 三つの国・川上麻衣子(1983年、EPIC/SONY)
  • 危険な童話(EPIC/SONY)
  • 蜃気楼(サザンクロス)
  • セサミストリート 『ビッグバードがやってきた』(1988年、NHK)
  • RAIN 眠らざる街(1996年)
  • 本当にあった怖い話 呪死霊(1999年)
  • ブリード 血を吸う子供(2000年)主演
  • 梁山泊 ファミリー(2003年)

バラエティー・教養番組[編集]

他多数

CD BOOK[編集]

  • サウンド文学館〜視聴覚ライブラリー〜罪と罰(ドストエフスキー著/川上麻衣子朗読)

写真集[編集]

著書[編集]

  • 『ストックホルムからの手紙-My Swedish Style』(2001年、同朋舎
  • 『彼の彼女と私の538日 猫からはじまる幸せのカタチ』竹書房 2015

翻訳[編集]

  • ペニラ・スタールフェルト『愛のほん』小学館 2010
  • ペニラ・スタールフェルト『死のほん』小学館 2010

ディスコグラフィー[編集]

シングル
  • 白夜の世代(1981年11月21日、Radio City)
  • サンデーサイクリング(1982年4月、Radio City)
  • 感傷(1983年、EPICソニー)詞・曲:尾崎亜美
  • 少しずつ さ・よ・な・ら(1983年、EPICソニー)
アルバム
  • 夢みて…(1982年、Radio City)
  • ALSKLING(エルスクリン)(1983年、EPICソニー)
  • KARLEK (シェーレック) (1984年、EPICソニー)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 80年代アイドルたちの美熟化。
  2. ^ THE SUN web版
  3. ^ 旅サラダ公式HP

外部リンク[編集]