プードル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プードル
Silver Miniature Poodle stacked.jpg
愛称
プー
原産国
フランスまたはドイツ
主要畜犬団体による分類と標準
FCI: Group 9 Section 2 #172 標準
AKC: (スタンダード) Non-Sporting 標準
(ミニチュア)
(トイ) Toy
JKC: 第9グループ 標準
KC: (スタンダード) Utility 標準
(ミニチュア) 標準
(トイ) 標準

プードル(Poodle)は、愛玩犬に分類される犬種のひとつであり、古くからヨーロッパで広くみられたものの、特にフランスでの人気が高かったことから、「フレンチ・プードル」と呼称されることもある[1]

毛色はホワイト、ブラック、グレー、レッドをはじめとして様々なものがあり、また国際畜犬連盟(FCI)の定めによれば、大きさによって「トイ」、「ミニチュア」、「ミディアム」、「スタンダード」の4種類に分類される。一般に利口であり、賢さにおいては全ての犬種のなかでもボーダー・コリーに次ぐ第2位であるとも言われる[2]

概要[編集]

歴史[編集]

起源については不明な部分が多い。非常に古くからヨーロッパ各地にみられ、原産地を特定することは困難であるが、フランスで人気を博したことから、フランス原産とするのが一般的である[1]。一方、「プードル」の語源はドイツ語のPudel(プデル:水中でバチャバチャと音を立てる)であり、ドイツから移入された水辺の猟を得意とする犬が先祖犬であるとされる[1]。また、南欧のウォーター・ドッグ(水中作業犬)との混血説もある[1]

フランス語ではプードルを、「Caniche(カニッシュ)」という。フランスでは16世紀ごろから上流階級の婦人のあいだでプードル(カニッシュ)の人気が高まり、ミニチュア・サイズのプードルが作出され、さらに、18世紀後半のルイ16世の時代には、トイ・プードルも作出された[1]

プードルは泳ぎが得意で、もともとは猟の回収犬として用いられていた。その後は、フランスやイギリスなどで小型化が行われ、次第に美的な要素も加味されて、今日の愛玩犬となった。また、第二次世界大戦では、救助犬としても活躍した。

特性[編集]

性格は利口で活発、活動的である[1]。最も知能の高い犬種のひとつであり、躾は入りやすいが、甘えん坊で神経質な一面もある。また気の強さは毛色の順に、レッド(アプリコット)、黒(グレー)、白とする説がある。見た目のかわいらしさ、ゴージャスさや訓練性能の高さから、サーカスなどにも出演する。平均寿命は12~13歳。その他には犬特有の体臭もほとんど無いことから家庭犬として非常に人気であるが日本では爆発的な人気とともに価格が上昇し人気カラーのレッドやアプリコットは一時30万円~60万円で取引されていた。人気が落ち着いた現在でも比較的高値で取引されており、トリミングが多く必要なことから金銭的な余裕がないと飼うには難しい犬種でもある。 近年ではプードルブームがあったため、知識や経験のないブリーダーが金銭目当てで作出した、犬種標準から逸脱した犬(オーバーサイズ・気性が荒い・ミスカラーなど)が急増しているがこちらもかなりの高値で取引されている。

日本におけるプードル[編集]

1949年昭和24年)、アメリカから黒のミニチュア・プードル等の3頭が輸入されたのが始まりである。

ジャパンケネルクラブの犬籍簿登録数(2008年度)は86,913頭であり、全ての犬種のなかで国内第1位である。内訳は、「トイ」 85,641、「ミニチュア」 90、「ミディアム」 9、「スタンダード」 1,173 であり、最も小型のトイ・プードルが大多数を占める。登録犬種の第2位はチワワ、第3位はダックスフンドであり、これら3犬種のトップ3は、2004年以降変わっていない。

分類[編集]

公認のサイズ分類[編集]

国際畜犬連盟(FCI)が定め、ジャパンケネルクラブが紹介するプードルのサイズ分類は、以下の4種のみである[1]

  1. スタンダード・プードル (Standard)
  2. ミディアム・プードル (Medium)
  3. ミニチュア・プードル (Miniature)
  4. トイ・プードル (Toy)

スタンダード[編集]

オリジナルサイズのプードル。もともとリトリーバーとして主人が撃ち落とした鳥を回収するのに使われていた。 現在は介助犬としても活躍している。体高45~60cm。体重15~19kgの中型犬。

ミディアム[編集]

ドッグショーにおけるサイズの過密を解消するために近年指定されたサイズのプードルである。 JKC等では認定されているが、ミディアムサイズを指定していない国も多いため、混乱も発生している。 日本でも指定したばかりであるため知名度はまだ低く、掲載していない犬種図鑑もある。体高は35~45cm、体重8kg〜15kg。中型犬

ミニチュア[編集]

サーカスや家庭で芸を仕込むために、飼いやすいようスタンダードサイズのものを小型化したもの。 日本ではあまりなじみは無いが、アメリカなどでは人気が高い。体高28~35cm、体重5kg〜8kgの小型犬。

トイ[編集]

ミニチュア・プードルを純粋に愛玩犬として飼育するために更に小型化したもの。はじめは奇形がよく現れたが、改良の結果犬質が安定した。体高26~28cm、体重3kg前後の小型犬。

その他のサイズ分類[編集]

  • ティーカップ・プードル(非公認犬種)

公認の犬種ではないが、成犬時に体高(前足の肩口から地面までの高さ)が23㎝以下の小さなプードルがティーカップ・プードル(Teacup Poodle)と呼ばれている。アメリカの雑誌で生後1ヶ月程度の仔犬が「Teacup(ティーカップ)」に入った写真が紹介され、それが話題となり、世界的に認知されるようになった。ジャパン・ケネル・クラブ(JKC)、アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)のどちらでも公認はされていない。トイ・プードルの血統書が「T Poodle」と表記されており、それを「Teacup Poodle」と読ませようとしている例もある。

一部のブリーダー達が【ティーカッププードル】の別団体を設立している。最近では遺伝子操作を利用してさらに極小化のものを輩出しようとしているが、様々な問題も生じている。また健康な両親犬から輩出された仔犬は通常の仔犬と何ら変わらず、健康な飼育状態を維持できるが、小型化するために食事制限をしたり、長期にわたって低カロリーの食事を与え続けることで、ティーカップサイズに見せかけて販売しようとするブリーダーやショップ関係者も存在する。これらによるものは健康管理が難しく、また逆に、成長すると普通のトイ・プードルのサイズになってしまう場合がある。これは犬種の小型化とは異なり、故意に生育不良や低栄養状況にして成長させる悪しき例といえる。

  • ナノ・プードル(非公認犬種)

ティーカッププードル同様、公認の犬種ではないが、成犬時の体高が20㎝以下のティーカップサイズよりも小さい極小プードルがナノ・プードル(Nano Poodle)と呼ばれている。大阪のブリーダーが販売目的で名付けた呼称だが、他業者が同様の目的で利用して浸透し始めている。

非公認の変種[編集]

ドイツで改良された変り種のプードル。作業のためにスタンダードサイズのものを改良し、コードのようなひも状の長いコートを持つものだが、後にスタンダードサイズに統括された。現在では変種として扱われていて、まれに海外のドッグショーなどで見ることができる。

[編集]

毛色[編集]

ジャパンケネルクラブ(JKC)で認可される毛色はホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパン。 基本となる三原色はホワイト、ブラック、ブラウン。これら三色を元にその他の中間色が生まれた。中間色は生後1ヶ月前後から退色が始まり、徐々にまたは急速に毛色が変化していく。ひとつの毛色の中でも、たとえばホワイトのプードルでも純白からクリームがかったビスケット色まで個体差が激しい。

JKCでは、単色の毛色(ソリッド・カラー)以外は失格としている。ただし、胸の白斑やシルバーの成長過程の濃淡は許容範囲とされる。ブラックタンなど二色の色の独特の模様を持つプードルはファントムプードルと呼ばれ、計画的に繁殖しないと色が安定しない。スタンダードファントムプードルは非常にまれである。日本国外ではファントムプードルも人気があり、アメリカンケネルクラブ(AKC)では、二色以上の毛色の犬を「パーティ・カラー」としている。

手入れ[編集]

巻き毛のシングルコートで毛は抜けにくい。非常に毛が絡みやすく、毛玉ができやすいため毎日のブラッシング、定期的なトリミングが欠かせない。

様々なクリップ[編集]

トリミングのあらゆる基礎技術はプードルが基準になっている。もともとは冷たい水温から心臓と関節を保護する目的で胸部と足首の毛を残し、他の部位は水の抵抗を受けにくいよう刈り込むという、泳ぐ為の便宜からきたスタイルであった。それが次第にファッション化されてトリミング技術の基礎となっていった。

ドッグショーでは今でもよく見られるカットだが、現在の一般家庭では、全体的に均一の長さにカットするテディベアを模したカットが愛らしいとして人気がある。しかし、かつては「トイ・プードルの間で現在流行しているテディベア・カットはプードルをはじめカットされた犬を生き物ではなくおもちゃとして勘違いさせ、飽きたらすぐに棄てたりなどする粗悪な扱いを受ける原因となるのでやめるべきである」というアメリカの愛護団体から批判が出たこともあった。しかし日本にそれは伝わらず、アメリカでもいつしか忘れられていった。このカットが直接プードルの玩具化とは関わっていないとは言い切れないが、あくまでカットの方法や飼育環境は人それぞれであるため、全てがそうであるとは言いがたい。

豊富な被毛からトリミングの技術が生まれ、本犬種においても数多くのトリミングスタイル(クリップ)が開発されている。ドッグショーにおいてのショークリップ(「パピー・クリップ」「スポーティング・クリップ」「イングリッシュ・サドル・クリップ」「コンチネンタル・クリップ」[3])は古くからある。

また、トリマーやトリミングサロンのオリジナル、個々の犬の体型や毛量、毛質に合わせたクリップ、シュナウザーテリアビション・フリーゼなどの他犬種に似せたカットなどその数は計り知れない。人間の髪型と同様、流行がある。カラーリング(毛染め)を施す場合もある[4]

病気[編集]

プードルがかかることのある病気

  • 膝蓋骨脱臼
  • 進行性網膜萎縮症(PRA)
  • 流涙症
  • レッグ・ペルテス・パーセス症
  • 外耳炎
  • てんかん

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 愛玩犬 プードル ジャパンケネルクラブ、2010年7月16日閲覧
  2. ^ Intelligent breeds, from”. Stanley Coren. 2010年7月16日閲覧。
  3. ^ 「犬の事典―AKC公認全犬種標準書」アメリカンケンネルクラブ、p.564-567
  4. ^ トリマーワールド・プードルクリップ32選

関連項目[編集]

外部リンク[編集]