美人殺しシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美人殺しシリーズ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日21:00 - 22:51(111分)
放送期間 1981年10月31日 - 1997年11月22日(19回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 齋藤武市
松島稔
山本迪夫
原作 ロイ・ウィンザー(第1作 - 第3作)
脚本 新藤兼人
石倉保志
出演者 愛川欽也
黒沢年雄
川島なお美
エンディング 土曜ワイド劇場」と同じ
外部リンク 土曜ワイド劇場
テンプレートを表示

美人殺しシリーズ』(びじょごろしシリーズ)は、テレビ朝日系の2時間ドラマ土曜ワイド劇場」(毎週土曜日21:00 - 22:51)で1981年から1997年まで放送されたテレビドラマシリーズ。全19回。主演は愛川欽也黒沢年雄

概要[編集]

考古学者シリーズ」または「相田博士シリーズ」とも呼ばれるが、正式なシリーズ名は名づけられていない。この項目では、『美人○○殺し』とのタイトルが多いため、便宜上、上記の通りとする。

愛川欽也扮する考古学者・相田古志郎博士と黒沢年雄扮する神奈川県警・須田熊五郎警部補の活躍を描く。また相田博士の助手として、主に川島なお美扮する若葉かおりが登場する。

ちなみに第1作 - 第3作はアメリカの作家ロイ・ウィンザーによる「私立探偵アイラ・コフ」シリーズを原作としており、相田博士の名前は、主人公の“アイラ・コフ”を捩ったものと思われる。

第1作 - 第11作、第17作はフィルム製作で、第12作 - 第16作、第18作 - 第19作はビデオ製作。

ストーリー[編集]

ストーリーは概ねどの作品も以下のような展開となっている。

相田博士の元教え子(主に女性)の主催するパーティ(出席者の殆どが神奈川県在住である)の会場で殺人事件が発生する。招待を受けてそこに居合わせた相田博士は、かつての教え子の頼みもあり事件に首を突っ込むことに。間もなく所轄署の刑事たち(必ず署長が同行して来る)が到着し、少し遅れて藤沢北署(現在は横浜港署)の須田警部補も到着して、関係者への事情聴取が始まる(相田博士はこの様子をこっそり盗み聞きしている)。その後も次々に殺人事件が発生し、事件は混迷を深める。そんな中、相田博士は発掘した古代人の道具からヒントを得て犯行に使われたトリックを解明してゆく。関係者の出生の秘密が事件の鍵となっており、物語中盤の聞き込みシーンで相田博士(または須田も)は必ず産婦人科医院を訪れる。

解決編では、相田博士が関係者全員を集めて真相を語る。この際、「第1(2、3)の殺人は…こうなります(こうなる)」という相田博士の台詞のあとに犯行シーンが入るのが恒例となっている。

また、殆どの場合犯人は女性であり、連行される前に自殺してしまうことが多い。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

相田 古志郎
演 - 愛川欽也
考古学者で名探偵。サングラスに口髭がトレードマーク。
須田 熊五郎
演 - 黒沢年男(現・黒沢年雄)(第1作 - 第13作・第15作・第18作 - 第19作)、原田大二郎(第16作)
神奈川県警横浜港署に勤務する警部補。声がでかい。

その他[編集]

戸田(警部補)
演 - 松崎しげる(第14作・第17作)
須田の同僚。相田博士に「歩く日焼けサロン」と呼ばれていた。第14作、第17作で、見合い中の須田に代わって登場。
若葉 かおり
演 - 川島なお美(第7作 - 第10作・第12作・第14作 - 第17作)、白島靖代(第13作)、濱田万葉(第18作)
相田博士の助手。出土品を見た彼女の一言がトリック解明のヒントになる。
ゆかり
松岡知重(第11作)、相田博士の2番弟子、かおりが論文制作で全国歩いてるため代役で11作だけの登場
澤田 百合
演 - 鳥越まり(第19作)
相田博士の助手。

ゲスト[編集]

第1作(1981年) 「息子殺し」
第2作(1982年) 「女主人殺し」
第3作(1983年) 「女優殺し」
第4作(1984年) 「若妻殺し」
第5作(1986年) 「未亡人殺し」
第6作(1987年) 「花嫁殺し」
第7作(1988年) 「婚約者殺し」
第8作(1989年) 「人妻殺し」
第9作(1990年) 「美人秘書殺し」
第10作(1990年) 「美人コンパニオン殺し」
第11作(1991年) 「新妻殺し」
第12作(1991年) 「美人外科医殺し」
第13作(1992年) 「美人お嬢さま殺し」
第14作(1993年) 「美人真珠王殺し」
第15作(1993年) 「美人デザイナー殺し」
第16作(1994年) 「人恋橋・幽霊殺し」
第17作(1994年) 「美人OL殺し」
第18作(1995年) 「女教師殺し」
第19作(1997年) 「美人エステティシャン殺し」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
1 1981年10月31日 息子殺し 新藤兼人 齋藤武市 22.2%
2 1982年05月15日 女主人殺し 15.9%
3 1983年11月26日 女優殺し 16.2%
4 1985年07月13日 若妻殺し 22.1%
5 1986年10月25日 未亡人殺し
6 1987年05月02日 花嫁殺し 新藤兼人
石倉保志
松島稔 22.9%
7 1988年06月04日 婚約者殺し 24.0%
8 1989年05月13日 人妻殺し
9 1990年03月31日 美人秘書殺し 21.8%
10 8月25日 美人コンパニオン殺し 20.0%
11 1991年03月23日 新妻殺し 21.4%
12 8月31日 美人外科医殺し 19.3%
13 1992年08月01日 美人お嬢さま殺し 15.1%
14 1993年03月27日 美人真珠王殺し 13.8%
15 6月26日 美人デザイナー殺し 山本迪夫 16.1%
16 1994年04月30日 人恋橋・幽霊殺し 松島稔 14.1%
17 9月03日 美人OL殺し 20.6%
18 1995年04月29日 女教師殺し
19 1997年11月22日 美人エステティシャン殺し 石倉保志 15.6%

※視聴率はビデオリサーチ社調べによる関東地区のもの