田島令子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たじま れいこ
田島 令子
生年月日 (1949-02-17) 1949年2月17日(68歳)
出生地 日本の旗日本神奈川県横須賀市
民族 日本人
血液型 B
ジャンル 女優声優ナレーター
活動期間 1970年 - 現在
活動内容 映画、テレビドラマ
主な作品
映画
『喜劇・頑張らなくっちゃ!』(1971年)
テレビドラマ
『分校日記』(1978年)
アニメ
ベルサイユのばら』(オスカル) 役
洋画吹替え
地上最強の美女バイオニック・ジェミー』(ジェミー・ソマーズ) 役
備考
身長:164cm、体重:44kg
趣味:書道、特技:水泳

田島 令子(たじま れいこ、1949年2月17日 - )は、日本神奈川県横須賀市出身[1]女優声優ナレーター。身長164cm、体重74kg。所属事務所アルファーエージェンシー

来歴・人物[編集]

日本大学藝術学部演劇学科卒業[1][2]。大学在学中に劇団雲の研究生として、俳優活動をスタート。劇団欅劇団昴を経て、現事務所に所属[1]

1971年松竹映画『喜劇・頑張らなくっちゃ!』でデビュー[1]

1977年から放送のアメリカ合衆国製作のSFドラマ『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』の主役を吹き替え以来、声優としても活動し、アニメ『ベルサイユのばら』のオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェや松本零士作品のエメラルダスなど、強い女性のキャラクターが代表作である。なお、2009年NHK金曜ドラマ派遣のオスカル〜少女漫画に愛をこめて』においても、劇中でオスカルの声を担当している。

タケちゃんの思わず笑ってしまいました』、『踊る!さんま御殿!!』など、バラエティ番組への出演も多い。『世界一受けたい授業』では、天海祐希とのコンビで『魔王』の劇を演じた(かつて『ベルサイユのばら』において田島がアニメ版でオスカル、舞台版では天海がアンドレを演じていた)。

『バイオニック・ジェミー』が当時好評だったこともあって、『バイオニック・ジェミー』の日本版エンディング・テーマとして使用された『ジェミーの愛』という歌を吹きこんでおり、シングルレコードも発売された。

1986年の映画『人間の約束』でただ一度のヌードシーンを演じている。

出演作品(女優)[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • エーザイ 「クワタイム」(1990年、声の出演)
  • カネボウ 「絹石鹸」(1991年- 1992年)
  • イオン 「新入学 学習机編」(2006年)

出演作品(声優)[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

女優[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

ナレーション[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d テアトロ 1983年3月号 pp.80~81「われながら不可解 (芝居に足を踏み入れたころ) 」
  2. ^ 価格.com 「田島令子」に関連する情報
  3. ^ “仲間由紀恵さん主演・ドラマ10「美女と 男子」制作スタート!”. (2015年2月3日). http://www9.nhk.or.jp/dramatopics-blog/ 2015年2月5日閲覧。 
  4. ^ “廣瀬智紀&青木玄徳出演のバディムービー「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」が17年初春公開”. シアターガイド. (2016年8月8日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2016/08/08_02.php 2016年8月10日閲覧。 
  5. ^ ベルサイユのばら”. メディア芸術データベース. 2016年10月9日閲覧。
  6. ^ わが青春のアルカディア”. メディア芸術データベース. 2016年10月3日閲覧。
  7. ^ スペース アドベンチャー コブラ”. トムス・エンタテイメント. 2016年5月22日閲覧。
  8. ^ 宇宙戦艦ヤマト 完結編”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  9. ^ パタリロ! スターダスト計画”. メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]