この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

長谷川初範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

はせがわ はつのり
長谷川 初範
長谷川 初範
本名 長谷川 初詔
別名義 長谷川 ショパン
長谷川 憬
生年月日 (1955-06-21) 1955年6月21日(63歳)
出生地 日本の旗 日本北海道紋別市
身長 173 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優声優ナレーター歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1976年 - 現在
活動内容 1978年:デビュー
配偶者 既婚
事務所 ケイダッシュ
主な作品

テレビドラマ
ウルトラマン80
真田太平記
101回目のプロポーズ
春よ、来い
葵 徳川三代
純情きらり
有閑倶楽部


映画
幻の湖
南極物語
ガメラ 大怪獣空中決戦
北京原人 Who are you?
白い船
うん、何?


OV
静かなるドン

長谷川 初範(はせがわ はつのり、1955年6月21日[1][2][3] - )は、日本俳優。本名、長谷川 初詔[2][3]。愛称は「ショパン」。

北海道紋別市出身[3]北海道紋別北高等学校横浜映画放送専門学院(現・日本映画大学)演劇科卒業[3]ケイダッシュ所属。

来歴

二人兄弟の長男[3]。映画好きの両親のもとに生まれ、幼稚園児の時から1人で映画館に出かけては、邦画や洋画を観る早熟な幼稚園児だった。小学生の時に観たアメリカ映画『愛情物語』(THE EDDYDUCHIN STORY1956年、主演タイロン・パワー)でピアニストの主人公が奏でるショパンのノクターンの曲の美しさに、生まれて初めての衝撃を受ける。8歳より剣道を始め、小学4年から北海道代表として全国大会で活躍。

1971年、16歳でロータリークラブ交換留学生として米国オレゴン州ニューポート高校に留学。レスリング選手として活躍し、芸術の分野でもニューポートコースト・アートフェスティバルの創作陶器部門で2位を受賞している。帰国後、北海道紋別北高等学校を卒業。米国南カリフォルニア大学入学の準備中に両親の離婚、実家の倒産などから渡米を断念。

1975年映画監督今村昌平が校長を務める横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学演劇科に入学。在学中より「長谷川 憬」名義でテレビの仕事を経験[4]。演出家・藤田傳に見出され、今村昌平制作舞台『ええじゃないか』俳優座劇場で藤田弓子の相手役として抜擢される。この源次役を躍動感溢れる男として演じ、一躍注目された。この舞台が今村賞を受賞し、二期生として卒業する。

1978年CX飢餓海峡』(監督・浦山桐郎、今村昌平プロデュース)戸波刑事役で本格的にデビュー[3][4]。このロケ中、出演日以外は今村プロのスタッフとしても働き、現場経験を積む。

1980年特撮テレビドラマウルトラマン80』(TBS)に主人公・矢的猛役で初主演[5]。後に長谷川は、『80』までの昭和ウルトラシリーズと世界観が繋がった2007年放送の『ウルトラマンメビウス』(CBC)にも、厳しいスケジュールを縫って同役に客演している。そのオファーに当たり、円谷プロダクションのプロデューサー・渋谷浩康から届いた「矢的先生への同窓会の招待状」としての熱い内容の手紙に、長谷川はいたく感動して出演を快諾したという。

1981年脚本家橋本忍に抜擢され、橋本プロダクション制作、東宝50周年記念映画『幻の湖』で映画デビュー[3]。しかし、映画は1週間で公開を終えてしまうという、厳しい映画デビューとなる。その後もテレビ、映画を中心に活躍していたが、1980年代後半に重度の喘息で体調を崩し、2年間は治療に専念。そのため、この間は俳優業を制限して佐山聡が開いた「タイガージム」に通い、身体を鍛えることで喘息の克服に努めていた。当時の日本では喘息治療にステロイド薬剤の処方が認可されておらず、回復の糸口が見出しにくい状況にあったことが我流での回復法模索の動機になったと語っている[6]

1989年、芸名を「長谷川 ショパン」に改めたが、のちに再び「長谷川 初範」に戻す[7]

1990年、TBSハイビジョン作品『陰影礼賛』に主演。その年のインターナショナル ハイビジョンフェスティバルにてグランプリを受賞する。同年、Vシネマ静かなるドン』で鳴戸竜二役を演じ、10年間に7本に出演。

1991年、『101回目のプロポーズ』に出演。記録的大ヒットとなったフジテレビの月9ドラマで、浅野温子の亡くなった婚約者、武田鉄矢演じる主人公の恋敵の二役で出演し、再び脚光を浴びる[3]。以降、テレビドラマの他、映画、舞台、テレビのバラエティ番組など多彩な活躍を続けている。

2006年、国内では愛知万博でのみ公開された主演作『missing-pages』(制作:CHAGE、監督:Jerome Olivier)が全米各地で開催されている映画祭のショートフィルム部門において大反響を得て、14の映画祭で作品賞など賞に輝いた。また、イギリス、カナダでも受賞している。

舞台では、『双頭の鷲』(2007年ジャン・コクトー作、美輪明宏演出・主演)のフェーン伯爵役に抜擢される。出演に当たっては、美輪が「神様のお導きで長谷川さんに決めた」と、テレビ番組で語っている。[要出典]

人物

  • アメリカ留学時にはROTARY-CLUBのイベント、州大会などのプレゼンターを勤めている。
  • 普段は自ら設計した山中湖にある山荘で薪割りや、庭木の世話をしている。酒は嗜まず、コーヒーを愛飲する。
  • 既婚者であり、1984年生まれの息子がいる。

スポーツ・格闘技歴

剣道
全国大会小学生の部優秀個人賞受賞、全国大会団体3位。
関東大会個人優勝、北海道大会個人優勝他多数。
三段の腕前。
同郷の世界選手権優勝者である栄花直輝とも交流がある。1998年から伝説の剣道家中山博道から教えを受けた七五三掛保夫の主催する神奈川県川崎市の信道館道場に在籍している。
杖道
初段 1999年神奈川県初段の部代表で全国大会出場。
居合道
一級
レスリング
米国ニューポート高校レスリング部136パウンド代表選手として活躍。シーズン中は、全対校試合に出場。
修斗(シューティング)
1986年、元タイガーマスクの佐山聡主宰シューティングタイガージムに一年間ジム生として参加、特別講師のキックボクシング藤原敏男にも教えを請う。
空手
1987年 - 1991年日本空手道常心門少林流に在籍。同門には作家・今野敏がいる。
バスケットボール
1974年に実業団チームに所属して全道大会に選手として出場している。
スキー
一級

他にも2002年にはマウイマラソンに挑戦して完走。同年にはロサンゼルス上空からのスカイダイビングにも挑戦している。

エピソード

『ウルトラマン80』関連

  • 1979年放映のテレビドラマ『熱愛一家・LOVE』で石野真子の相手役で出演していた長谷川を観たプロデューサーによって『80』の主役候補に選ばれた[5]。面接に呼ばれたものの、長谷川自身はどういった作品の面接なのか聞かされておらず、プロデューサーの満田かずほに「これは何のドラマの面接なんでしょう?」と尋ねると「君は知らないで来てるのか? ウルトラマンだよ!」と答えられ、その時点で初めてウルトラマンの主演を選ぶための面接だと知ったという[5][8]
  • 『80』では、初期の教師編が自身のキャラクターに合っていて好きだったといい[9][8]、先生という設定に魅力を感じて仕事を引き受けた部分もあったので、路線変更のあおりで終わってしまったのは残念だったと述べている[9]
  • ウルトラマン80がウルトラ兄弟に入ったかどうかのインタビューで、のちに「ウルトラ兄弟には入っていないと思う。そういうエリート集団に入らない生き方もいいのではないか」という旨のコメントをしている[10](但しインタビュー後のシリーズ展開で80は正式にウルトラ兄弟に加入していると公式に設定されている)。

出演

テレビドラマ

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

WOWOW

映画

オリジナルビデオ

舞台

  • 朝に死す(1976年、事立社)
  • ええじゃないか(1977年、俳優座
  • おもろい女(1979年、芸術座、名古屋中日ホール)
  • 三島由紀夫 近代能楽集 葵上(1988年、三百人劇場)
  • 流転(1989年、三百人劇場)
  • ラヴレターズ(1998年、パルコ劇場
  • 泣いたらあかん(1999年、新歌舞伎座
  • ラヴレターズ(2002年、パルコ劇場)
  • ラストノート(2003年、博品館劇場
  • 双頭の鷲(2007年、パルコ劇場、梅田芸術劇場 他)
  • チャイコフスキー 心の旅(2007年、日生劇場
  • 愛、時を越えて 遙かなる時空の運命(さだめ)(2010年、松竹
  • 銀河英雄伝説(2011年、青山劇場) - フリードリヒ4世
  • テンペスト(2014年) - アントーニオ
  • キューティ・ブロンド(2017年) - キャラハン[11]

劇場アニメ

ゲーム

PV

バラエティ

情報番組

ドキュメンタリー

  • 地中海沿岸紀行 「モロッコ」「スペイン」(2006年、旅チャンネル
  • あなたもアーティスト 仲道郁代のピアノ初心者にも弾けるショパン(2010年8月 - 10月、NHK教育)
  • 欧州鉄道の旅BSフジ) - ナレーション

CM

音楽

シングル
  • 笑って!/想い出はワインを飲みほして(1980年、オレンジハウスレコード)

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 「長谷川憬」名義
  2. ^ 愛知万博にて公開
  3. ^ 「長谷川ショパン」名義
  4. ^ 「ショパン長谷川」名義

出典

  1. ^ a b c 長谷川 初範”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2018年12月29日閲覧。
  2. ^ a b 『日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、296頁。ISBN 978-4990124229
  3. ^ a b c d e f g h 『日本映画人名事典』男優編〈下巻〉、キネマ旬報社1996年、426-427頁。ISBN 978-4873761893
  4. ^ a b タツミムック 2006, p. 34
  5. ^ a b c タツミムック 2006, p. 35
  6. ^ くにまるジャパン 文化放送 2015年12月30日
  7. ^ 『テレビ・タレント人名事典』第5版、日外アソシエーツ2001年、834頁。ISBN 978-4816916779
  8. ^ a b 「STAFF CAST INTERVIEW 長谷川初範」『ウルトラマン大全集II』 監修:円谷プロダクション講談社〈テレビマガジン特別編集〉、1987年、245頁。ISBN 4-06-178405-6
  9. ^ a b タツミムック 2006, p. 36
  10. ^ タツミムック 2006, p. 40.
  11. ^ シアタークリエ ミュージカル『キューティ・ブロンド』”. 東宝 (2016年10月29日). 2016年10月29日閲覧。

参考文献

関連項目

外部リンク