サティスファクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サティスファクション
ローリング・ストーンズシングル
収録アルバム アウト・オブ・アワ・ヘッズ
B面 ウェストコーストの宣伝屋 (US)
クモとハエ (UK)
リリース
規格 シングル
録音 1965年5月12日
ジャンル ロック
時間
レーベル ロンドン (US)
デッカ (UK)
作詞・作曲 ジャガー/リチャーズ
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
チャート最高順位
  • #1 (UK,US)
  • 1965年度年間3位(ビルボード
  • 10位(日本、ミュージック・マンスリー洋楽チャート、1965年当時[1]
ローリング・ストーンズ シングル 年表
ラスト・タイム
(1965年)
サティスファクション
(1965年)
一人ぼっちの世界
(1966年)
ミュージックビデオ
「(I Can't Get No) Satisfaction」 - YouTube
テンプレートを表示

サティスファクション」((I Can't Get No) Satisfaction) は、1965年に発表されたローリング・ストーンズの楽曲。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ。グループの代表曲の一つである。

概要[編集]

ストーンズが世界的な人気を獲得する契機の一つとなった曲で、ジャガー自身も「この曲が俺達を一介のロック・バンドから巨大な怪物バンドに変えたんだ」と自負している[2]。全米のシングルチャートで4週連続1位となり[3]ビルボード誌の1965年年間ランキングでは3位につけ[4]、アメリカだけでも150万枚を売り上げた[5]イギリスにおいても2週のみだが1位を獲得した[6]。全世界での売り上げは500万枚。この曲を収録したアルバム 『アウト・オブ・アワ・ヘッズ』(USバージョン)もそれに乗じてストーンズのアメリカにおける最初のNo.1アルバムになり[7]、プラチナ・アルバムを獲得した。人気の面だけではなく、ジャガーとリチャーズが、ソングライターとしてのオリジナリティを初めて明確に打ち出したものとして、彼らの活動のターニング・ポイントとなった作品である。ジャガーは「この曲が本当の意味でストーンズというバンドを形作った」と語っている[2]

特徴的なエレキギターのリフはギブソン製のマエストロのファズ・ボックスを使用したもので、このエレキギターはリチャーズが担当している。バッキングのアコースティックギターは、リチャーズかブライアン・ジョーンズによるものかは判然としていない。タンブリンピアノジャック・ニッチェが担当した[8]。歌詞は、それまでのロックソングが外面的に描いてきた若者の欲求不満と疎外感を、内面の叫びとしてストレートに表現している。ジャガーは「1960年代の時代精神であった"疎外感"をしっかり捉えている」と語っている[9]

2004年の「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では2位となった[10]。また、2005年にイギリスの音楽雑誌「アンカット」が企画した「世界を変えた」曲、映画、テレビドラマを選ぶ特集では4位となった。

経緯[編集]

曲は1965年5月、アメリカツアー中に訪れたフロリダ州クリアウォーターホテルで書かれた[11]。ギターリフと出だしの部分をリチャーズが書き、他の部分をジャガーが書いた。ジャガーによれば、出だしのフレーズはチャック・ベリーの「Thirty Days」という曲の中にもあり、リチャーズはこれを持って来たんじゃないかと語っている[9]。リチャーズは当初、フォークソングにするつもりだったという[11]

最初の録音は5月10日、シカゴのチェス・スタジオで行われたが、この時のバージョンは出来がよくなかったとビル・ワイマンは回想している[11]。この初期バージョンには、ジョーンズによるハーモニカも入れられていたという。その後12日にハリウッドのRCAスタジオにて再び録音されたが、ここで初めてファズ・ボックスが使用され、さらにテンポを上げたら急にいけるということになったという[12]

ジャガーは1995年のインタビューで「キースはシングルにするのを嫌がったんだ」と打ち明けているが[2]、ワイマンによれば当初ジャガーもシングル化に反対していたという。曲の完成後、シングルリリースすべきかの評議で、ジャガーとリチャーズだけが反対し、他のメンバーとアンドリュー・ルーグ・オールダムイアン・スチュワート、さらにはレコーディングエンジニア等スタッフ一同が賛成に回ったため、多数決によりシングル化が決まった。その後数年たってから、ジャガーは「シングル化に反対していたのはキースだけ」と語るようになったという[12]

リチャーズはリリースされてからもなおこの曲のアレンジを気に入らず、後のオーティス・レディングによるカバーのようなアレンジを望んでいた。その後、すぐに始まったツアーから1週間後以上たったある日、ネブラスカ州にいた際にラジオから現在のバージョンが流れ、アンドリュー・オールダムがリチャーズに「これで良いよな」と言ったというエピソードが残っている[13]

アメリカでは1965年6月5日にリリースされたが、イギリスではそれより2ヶ月以上も遅い8月20日にリリースされたため[14]、イギリスではシングルリリースの前にラジオで頻繁に流され、相対的にシングルの価値が低くなってしまった[5][15]。シングルのB面はイギリス版は「クモとハエ」、アメリカ版は「ウエスト・コーストの宣伝屋」となっているが、当初は英国でも「ウエスト・コーストの宣伝屋」をB面とすることで決まっていた。だがイギリス人の耳には馴染まないだろうとの理由で急遽「クモとハエ」に差し替えられている[5]

ステレオ・バージョン[編集]

「サティスファクション」はモノラルのみでリリースされており、その後コンピレーション・アルバムに収録される場合にもみなモノラルで収録されていたが、例外的に、1980年代にリリースされた『ホット・ロックス』のリイシューCDで、日本およびドイツ版においてのみ、ステレオ・バージョンが収録された。このステレオ・バージョンでは、モノラルでは聴き取りづらかったピアノがはっきり聴き取れるようになっている。その後のリマスター版では再びモノラル・バージョンに戻されたため、この曲のステレオ・バージョンはレア・トラックとなっている。

コンサートパフォーマンス[編集]

バンドの代表曲と言うこともあり、リリース時の1965年から直近の2016年のツアーまで、ほぼ一貫してコンサートで披露され続けている。ストーンズのコンサートでは、ラストまたはアンコールに披露されることが多いが、発表された1965年の時点ですでにコンサートのラストに演奏されていた[16]。ストーンズの公式ライブアルバムでは、1966年の『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!』、1982年の『スティル・ライフ』、1991年の『フラッシュポイント』、2004年の『ライヴ・リックス』、2008年の『シャイン・ア・ライト』に収録されている。

カバー[編集]

オーティス・レディングのカバー[編集]

オーティス・レディングは1965年のアルバム『オーティス・ブルー』でこの曲をカバーし、翌年にはシングルリリースしている。レディングは1967年モントレー・ポップ・フェスティバルでもこの曲を披露、このライブ音源と映像は1987年映画Shake! Otis at Monterey』に収められ、後にDVD化されている。その後、ストーンズはレディングの「I've Been Loving You Too Long」(愛しすぎて)[17]をカバーしている。リチャーズはボブ・ディランと初めて会った際に、ディランから「僕には"サティスファクション"を書けただろうけど、君には"廃墟の街"(1965年のアルバム『追憶のハイウェイ 61』収録)は書けないだろう」と言われ、これに対し「それじゃなぜ先に"サティスファクション"を書かなかった?それにオーティス・レディングは"サティスファクション"はカバーしたけど"廃墟の街"はやってないぜ」と、レディングを引き合いに出して反論したというエピソードを語っている[18]

その他[編集]

他多数

脚注[編集]

  1. ^ 『日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年』日経BP社、2015年、32頁。ISBN 978-4-8222-7834-2
  2. ^ a b c SIGHT VOL.14 特集「ロックの正義!!ストーンズ全100ページ」(株式会社ロッキング・オン2003年)p45
  3. ^ The Rolling Stones - Chart history | Billboard:
  4. ^ Number One Song of the Year: 1946-2015:” (英語). 2016年8月21日閲覧。
  5. ^ a b c 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4 )p67
  6. ^ (i+can%27t+get+no)+satisfaction | full Official Chart History | Official Charts Company:
  7. ^ The Rolling Stones - Chart history | Billboard:
  8. ^ Satisfaction:” (英語). 2016年8月21日閲覧。
  9. ^ a b SIGHT VOL.14 特集「ロックの正義!!ストーンズ全100ページ」(株式会社ロッキング・オン2003年)p48
  10. ^ ローリングストーン誌の選ぶオールタイムグレイテストソング500” (日本語). 2016年8月21日閲覧。
  11. ^ a b c 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4) p46
  12. ^ a b 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4 )p47
  13. ^ 雑誌「rockin'on」2013年6月号内のロング・インタビューより
  14. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4 )p380
  15. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4 )p68
  16. ^ 『ローリングストーンズ/グッド・タイムズ・バッド・タイムズ』 (テリー・ロウリングス/アンドリュー・ネイル/キース・バッドマン著、 筌尾正訳、シンコーミュージック刊、2000年ISBN 978-4401616541 p104
  17. ^ ストーンズのカバー・バージョンの邦題は「恋をしすぎた」
  18. ^ アーカイヴシリーズvol.5「ザ・ローリング・ストーンズ['74-'03]」(シンコー・ミュージック刊、2003年ISBN 4-401-61801-7) p70
  19. ^ Aretha Franklin | full Official Chart History | Official Charts Company:
  20. ^ DEVO | full Official Chart History | Official Charts Company:

外部リンク[編集]

先代:
バーズ
「ミスター・タンブリンマン」
Billboard Hot 100 1位獲得シングル
1965年7月10日
次代:
ハーマンズ・ハーミッツ
「ヘンリー8世君」