ザ・ローリング・ストーンズ No.2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ローリング・ストーンズ No.2
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1964年6月10日 -
11月8日
ジャンル ロック
時間
レーベル Decca
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 4hvof5.svg link
ローリング・ストーンズ 年表
ザ・ローリング・ストーンズ
(1964年)
----
12×5
(1964年 US)
ザ・ローリング・ストーンズ No.2
(1965年 UK)
ザ・ローリング・ストーンズ・ナウ!
(1965年 US)
----
アウト・オブ・アワ・ヘッズ
(1965年 UK)
テンプレートを表示

『ザ・ローリング・ストーンズ No.2』(The Rolling Stones No. 2 )は、1965年にリリースされたローリング・ストーンズイギリスでは2作目となるオリジナルアルバム

解説[編集]

録音はグループ初のアメリカツアーの合間を縫って、大西洋をまたいで散発的に行われた。まず1964年6月10から11日にかけて、シカゴのチェス・スタジオにて最初の録音が行われ[1]、その後ロンドンに戻り、9月2日から4日、28日から30日にかけてリージェント・サウンド・スタジオにて[2]、さらに11月2日にロサンゼルスのRCAスタジオで、同月8日に再びチェス・スタジオで行った録音でようやく完成となった[3]

アメリカではイギリスに先んじて2作目のオリジナルアルバム『12×5』がリリースされており、本作のジャケットは『12×5』で使用された写真がそのまま流用された。収録内容は『12×5』にも入れられた「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」、「なぎさのボードウォーク」、「スージーQ」以外は新作となっている。本作も前作『ザ・ローリング・ストーンズ』同様、グループのオリジナル曲は3曲に留まり、大部分がカバーを占めている。

本作の裏ジャケットのライナー・ノーツは、前作同様マネージャーでプロデュースも務めたアンドリュー・ルーグ・オールダムが書いたが、その中の「もし君がパンさえ買えないようなら、盲人の頭を叩いて財布を盗んででも買え」という一文が大きな批判を浴び、上院議会で取り上げられるほどまでに問題が発展した。セカンドプレス以降、この一文は削除されている[4]

トラブルに苛まれながらも、本作はイギリスのチャートで計10週にわたり1位となり、37週連続でチャートインした[5]。グループにとっては記念すべき作品となったが反響はまちまちで、ジョン・レノンは本作について「アルバムは素晴しいが、5分もかかる曲は気にくわない」と評している[6]

アブコ・レコードはアメリカ盤のリリースを優先したため、1986年および2002年の旧譜リマスターの際『ザ・ローリング・ストーンズ (アルバム)』と『ザ・ローリング・ストーンズ No.2』を無視した。そのため本作は長い間廃盤状態である。但し、2011年に両作共ハイレゾリューション・デジタル配信で再発された。

曲目[編集]

  • A面
  1. エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ - Everybody Needs Somebody To Love (Solomon Burke/ Jerry Wexler/Bert Russell) 5:03
  2. ダウン・ホーム・ガール - Down Home Girl (Jerry Lieber/Arthur Butler) 4:11
  3. ユー・キャント・キャッチ・ミー - You Can't Catch Me (Chuck Berry) 3:38
  4. タイム・イズ・オン・マイ・サイド - Time Is On My Side (Norman Meade) 2:52[7]
  5. ホワット・ア・シェイム - What A Shame (Mick Jagger/ Keith Richard) 3:03
  6. グロウン・アップ・ロング - Grown Up Wrong (Mick Jagger/Keith Richard) 2:03
  • B面
  1. ダウン・ザ・ロード・アピース - Down The Road Apiece (Don Raye) 2:55
  2. なぎさのボードウォーク - Under The Boardwalk (Arthur Resnick/Kenny Young) 2:46
  3. アイ・キャント・サティスファイド - I Can't Be Satisfied (McKinley Morganfield) 3:26
  4. ペイン・イン・マイ・ハート - Pain In My Heart (Naomi Neville) 2:11
  5. オフ・ザ・フック - Off The Hook (Mick Jagger/Keith Richard) 2:33
  6. スージーQ - Susie Q (Eleanor Broadwater/ Dale Hawkins/Stan Lewis) 1:50

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『ローリングストーンズ/グッド・タイムズ・バッド・タイムズ』 (テリー・ロウリングス/アンドリュー・ネイル/キース・バッドマン著、 筌尾正訳、シンコーミュージック刊、2000年ISBN 978-4401616541)48-49頁。
  2. ^ 『ローリングストーンズ/グッド・タイムズ・バッド・タイムズ』 (テリー・ロウリングス/アンドリュー・ネイル/キース・バッドマン著、 筌尾正訳、シンコーミュージック刊、2000年、ISBN 978-4401616541)63、65頁。
  3. ^ 『ローリングストーンズ/グッド・タイムズ・バッド・タイムズ』 (テリー・ロウリングス/アンドリュー・ネイル/キース・バッドマン著、 筌尾正訳、シンコーミュージック刊、2000年、ISBN 978-4401616541)71頁。
  4. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年ISBN 4-7897-0781-4 )24頁。
  5. ^ ROLLING STONES | full Official Chart History | Official Charts Company:
  6. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4 )10頁。
  7. ^ イントロが『12×5』に収録されたバージョンと異なっている。